2010年11月15日

SSDを試してみたかった

 自作パソコン雑誌をみればこのところ毎号SSDは速いという記事が載っている、最新のSSDならHDDの倍くらい速いという、そして音がしない、電力消費が少ないときた、ここはひとつ我が愛機Kal-El4世でSSDを試してみたく思っても不思議ではない。
 問題はSSDの最大の欠点である、値段が高いということ、でもこれはがんばって小遣いをはたくしかない。

 

 考えてみれば、Loisと名付けたASUSのネットブックEeePC S101がうちにある、これの記録装置はHDDではなくSSDだ、容量が少ないのでデータ保存はできない、ふだんはSDカードを挿して青空文庫の端末になっている。
 たった16GBのSSDと1.6GhzのAtomCPUは動作は鈍いが起動は速い、POSTが表示されないからAC接続時なら30秒あまりでWindowsXPが立ち上がる、ただその後IEを起動するのに50秒ほどもかかってしまう。

 

 Kal-El4世はPentium Dual-Core E5200と日立のシングルプラッタ500GBでWindows 7 Home Premium 32bitをだいたい45秒で立ち上げる、このうち25秒はPOST画面だからOSは20秒で立ち上がることになる。
 もしこれにSSDを組み込んだら10秒から15秒と予想した。

 

  さてそれではどのSSDを選ぶかだ、SSDはまだ歴史の浅いアイテムなので私としては信頼性を重視したい、なので定番中の定番といわれるintelを選ぶことにした。
 intel X25-M Mainstream sata SSDの80GB、これは発売されて2年になるので最新型ほど速くはないそうだが、信頼性は高く、トータルでの性能は高いとされている。

 

          Ssd1

                    3.5インチマウンタが付属していた

 

 今回の再インストールはHDD側のOSを残したまま、SSDにWindows7をインストールする、これでデータのバックアップは不要だ、HDD時代のDドライブはSSDのOSではEドライブとなってそのまま使えるからだ。


 また、必要があればBIOSで切り替えることによって元のCドライブにアクセスできる、ただこれはアクティベーション違反なので一時的なこととしてお許し願う。
 いずれ、HDD側のパーティションを削除して500GBのDドライブを作ることにする、SSDのCドライブは極力書き換えをしないようにシステム専用とする方がよいそうだ。

 

 で、Windows7のインストールはなんと、30分を切った。自動でインストールしてしまう54個もの更新プログラムを入れた時点で、12.8GB、ワード、エクセル、フォトショップなど、いくつかのアプリケーションをインストールして、現在22GBを使用している。80GBもあれば充分といえる。


 これでスタートアップは40秒、予想通りOSは15秒で立ち上がる、もちろんこの後IEを立ち上げてもその他のアプリを立ち上げても瞬時に立ち上がる。

 それでも体感的にはほんのわずか速くなったかな、という程度だ、SSDは使っているうちに性能が落ちるという、HDDとどちらがよいかはしばらく使ってみなければわからない。
 まずまず先のことは心配しないでこれでしばらく使っていくことにする。

posted by 健太朗 at 22:14| Comment(6) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当方でもSSDはたいへん興味がありますが、フリーズしたときの強制終了した時などに起こりそうな、電気的ショックとかでデータが壊れないのかが不安で、未だ導入には踏み切れていません。HDDなら動作音がするので、強制終了時はHDDが動作していない時に、電源ボタンを長押しすればよいのでですが、SSDは音がしないのでタイミングが難しそうです。車でいえば、駐車場に入るときの超低速走行時のプリウスみたいな感じですね。

 昨年の今頃新型PCを自作した時、我がPCは2.5インチの新型(もう新型とはいえないかなぁ)のウエスタンディジタルのラプター300GBをOS用に選択しました。OS用なので100GBだけフォーマットし、あとは波形編集ソフトのSound itなどの作業領域に100GBのみ使用しています。

 中身のディスクとかが見える、スケルトンの入った旧型の3.5インチ版ラプターは、スピードの追求のためシーク音とその振動がとても激しかったが、垂直記録になった2.5インチの新型は、振動も音もわずかで、PCケースに入れても響かず調子もいいので、3.5インチの大きさに合わせたヒートシンクもついていて発熱も少なく、今のところ満足しています。
 本当は、ラプターは業務用に使用するディスクのように信頼性も追求している、ということから、高かったけれども導入しました。ハードディスク破損によるOSからの入れ直しは、ドライバーやソフトも含めると半日仕事となってしまいます。それを避けるためライブポートのImage Backup7という、ドライブ全体を丸ごとイメージでバックアップするソフトを使って、OS全体をバックアップし別ドライブに保存しています。
 インテル製のSSDなら問題はないと思いますが、長期使用のレポートをお願いします。何年か先に作るであろうPCには時代に合わせ、OS用にSSDを使用することになりそうです。


 ところでそのSSD、PCよりもカーナビで多く使われていますね。わがカロッチェリアのメモリー方式の楽ナビAVIC-MRZ90Gも恐らく4GBのSSD使用だと思われますが、とにかく更新は早いですよ。PCからSDカードにいったんダウンロードした大きなデータ更新でも、カーナビにSDカードをセットしてから15分程度で完了です。
 振動も熱ももろに受けるカーナビのほうで(持ち出しするノートPCもですが)非常に恩恵を受けているようです。
Posted by 43のおじさん at 2010年11月16日 22:51
健太朗です。
43のおじさん毎度ありがとうございます。

強制終了したときの電気ショックというのは知りませんでした、バックアップは大切ですね。
Windows7に標準のシステムイメージバックアップと自動のバックアップはフルに活用しています。
ただ、Vista以降フリーズで強制終了したという経験をしていませんね、忘れていました。

ですが、先月のことですが、IE9ベータをインストールしてみたら、どういうわけか「新しいウインドウで開く」リンクが開かなくなり、IE8に戻していろいろやってみたのですが直らず、復元機能を使ったのですが、このとき、適当な復元ポイントがなくイメージバックアップから復元しました。

余談ですが、IE9は動作が速くて快適です、しかしシンプルすぎて使いにくいと思うこともあります。前述のトラブルもあって、もう一度インストールしようという気にはなりません、製品版が出てからにします。

さてカーナビですが、私のラウムには富士通製のトヨタ純正がついていることなど、どこかに書きましたが、データ更新は実に時間がかかります、いくら何でもHDDが遅くて何時間もかかるということはないと思うので、これはソフト側の問題でしょうね。
でもカーナビもこれからはメモリータイプが普及して行くのでしょう、HDDにどっさり音楽が入れられるのも魅力ですけどね。
Posted by 健太朗 at 2010年11月17日 22:39
健太郎さま、またまたの長文となりますが、

 当方、このカーナビのHDDに音楽を一から録音するのが邪魔くさくて、結局楽ナビもメモリータイプ(製品寿命が短いので、単にHDDタイプより安いという理由が主ですが)を選びました。
 まだ試していませんが、フォーマットがFAT32もいけるので、32GBまでのSDカードが使えるはずです。32GBもあれば、WAVファイルでも相当量の音楽が入るはずで、PCからSDカードへのコピーは、結構すばやくできますのでストレスレスです。

 というより、以前にも触れられていましたが、カーナビが故障し修理すると、音楽は再度HDDに取り込みとなるし、カーナビのHDDは熱と振動対策のため、スピードはかなり犠牲になっているので、私個人的にはSDカード差込式のほうがいいように思えます。元データをPC内のどこかにフォルダーを作って保存しておけば、たとえSDカードが破損しても、別のカードに再度コピーすれば済むので事は簡単です。タイトルをつけるのもキーボードでいけるので簡単ですし(仕方ないことですが、カーナビの場所登録に使うアイウエオ入力は時間がかかりすぎます)。


 いずれ将来購入するであろう2代目のカーナビにも、同じようにSDカード再生機能があれば、いとも簡単に音楽ファイル(規格が合えば映像もいけますが)の移行ができて手間がかからないとの、分からない将来のことまでも考慮しカロのメモリー楽ナビをチョイスしました。あと単にカロのナビは音楽再生の音質が良いとの評判も考慮しました。
 その選択結果が吉と出るか凶と出るかは7~8年後ぐらいになりそうです。ただ例のプリギャップ連続再生できる改良機種が出れば、アンテナ線とかはそのまま流用できるため単なる本体の差し替えだけで済みますので、我慢できず即ナビ本体を買い換えてしまうかもしれません。

 このカーナビをミュージックボックスとして活用し始めた頃に気づいたのですが、ダイハツの純正スピーカー(当方はオーディオレス仕様としたため、自動的に6スピーカー仕様になった)のコーン紙は、カー用品店に比較用に展示してあるような本当に安っぽい普通の紙でできていて、お世辞にも音質はいいとはいえないので(メーカーも分かっているのでオプションに交換用スピーカーのカタログがある)、アルパインのSTE-162Cというほどほどな物に自力交換して、ナビのイコライザーで音質調整したところ、それだけで音が見違えるほど良くなりびっくりしました。
 メーカー純正品が社外品に決定的に劣るのは、こんなとこぐらいかなぁ。

 所詮、自宅にある今はなきソニー製のアルミハニカムを使用した大型平面スピーカーのAPM-66ESとは違い、車という鉄板の中で聞くのでかなりの限界はありますが、いずれリヤーも同じものに交換予定です。
Posted by 43のおじさん at 2010年11月18日 00:07
健太朗です。

 43のおじさん、カーナビ(オーディオ)選びもなかなか難しいですね。
 私はそれほど深く考えずに全部ありのモデルを選んでしまいましたが、それでもそれなりに迷って選んだつもりです。
 私や43のおじさんのようなマニアックで凝り性の人は、まずまずどれを選んでもそれなりに使いこなしてしまいますが、機械に疎い人たちは宝の持ち腐れになったりするんでしょうね。
 メーカーにはもっともっと使いやすくわかりやすい製品開発を望むばかりです。

 私はもう今ではほとんど演歌、歌謡曲、懐メロを聴いています、それでも時にはロックンロールやジャズ、シャンソン、クラシック、それに童謡なども聴きます。
 ロックは主にビートルズ、クラシックはドボルザークとショパンが好きです。
 それからどこかに書いたことがあるシパ・バルド・クローンもよく聴きます。
 で、これらいろいろをHDDやMP3ディスクそれにSDカードと使い分けています、iPodをつなぐこともありますが、こちらの音質はあまり好きになれません

 音質と言えばスピーカーですが、だいたい高価なスピーカーに換えると機械はそのままでも音質がよくなるのは確かですね、私もカセットの時代にはコンポデッキに片方数万円もするスピーカーを使っていたこともありましたが、それはそれはいい音がしたものです、

 でもその頃と比べれば今の車種標準のスピーカーはずいぶんよくなっていると思うのです、それに今はデジタル時代ですから音質を追求したいと思わなくなりましたね。
 たとえば、アナログ時代の話、バイオリニストの名前はもう忘れましたが、チゴイネルワイゼンという曲の途中にものすごい高音の部分が一瞬あって、当時私たちが自宅で使えるようなオーディオシステムではその部分は聞こえなかったのですが、オーディオショップでボーズか何かのぶさいくなデザインのスピーカーからは確かに聞こえたのです。
 それがデジタル時代になるとiPodに圧縮したデータからでさえ普通のヘッドホンで聴き取れるというのですから、ある意味、音質のものさしも変わってきています。

 でもこんな事は屁理屈というもので、何よりも曖昧な人間の耳が一番確かで、自分の耳で聞いて「好い」と思う音質が一番善いのでしょうね。
Posted by 健太朗 at 2010年11月19日 22:30
今日、少し前に全更新の連絡通知が来ていたので、カロッエリアのメモリー楽ナビ(AVIC-MRZ90G)の、半年に1度行われる全更新とやらを、初めておこないました。

 先方のサーバーの関係からか、当方の光環境でも全データ(2~3GBぐらいなのか?)のPCダウンロードに小1時間ほどかかりましたが、新データを入れたSDカードをナビにセットしてから、20数分(30分以内)で全更新を終了しました。[E:happy01]
 念のため、更新中はエンジンはかけっぱなしでいきましたよ。


   PS
 以前お尋ねした冬用タイヤの件ですが、
結局、1世代前のムーブの14インチアルミホイールの中古4本を15000円で手に入れ、165/55R15→155/65R14へのインチダウン(外径は5mm程度しか変わらない)することにしました。インチダウンによりタイヤ代が安くなった分、ブリジストン ブリザックレボGZを入れることにしました。

 当方の地方では降雪はほとんどといってもいいほどなくて、出先での急な降雪に対する保険としてスタッドレスを履くので(以前わずか10分ほどで、雪なし状態から15cmも積もった経験があったです)、できうる限り乾燥路・降雨路での走行を重視した結果、前評判だけですがレボGZをチョィスしました。でもこればかりは実際に最低でも1000kmほど走ってみてから判断するしかなさそうです。今月の中旬ごろにカクシカ君に装着し、タイヤもドライバーも馴らしておくつもりです。どちらにしても夏タイヤのようにはいかないので、安全運転でいきたいと思います。[E:annoy]

 あ、それから真冬になるまでに、急坂対策とシーベット雪状の緊急脱出用に使う、金属の亀甲チェーンも買っておくつもりです。全く使わないかもしれませんが。[E:typhoon]
Posted by 43のおじさん at 2010年12月02日 21:58
健太朗です。

そういえば私のラウムも来年2月末で丸3年、無料で地図データ更新できる期限もやってきます。
この際行きそうな所の更新をやっておかなくてはなりませんが、これが途方もなく時間がかかるので、いささかうんざりです。
カロッツェリアは全更新を20数分で完了ですか、いったい何がどう違うんでしょうね。

昨日のニュースでは、インクリメントという地図ソフトメーカーが、短時間で必要なエリアだけ更新できる「即時差分更新」というものを発表したそうです、データが小さく短い時間でできるので頻繁に更新しても苦にならないと言うことだそうです。
私のも携帯電話で今いる地域だけ更新することができるようですが、私の携帯はバケ放題になっていませんのでやったことありません。

まぁ、私のはマップオンデマンドに関してはパイオニア的存在なので、仕方がないんでしょう、何しろ買った時点では3年後に交換する地図ソフトの値段さえ決まっていなかったのですから。
カーナビも日進月歩なんですね。


冬用タイヤですが、備えあれば憂いなしですね。
私もこの冬、日本海方面を少し走る予定をしているのですが、こちらはゴム製チェーンしか持っていません、憂いがありますね、何とかしなっちゃと思ってはいます、はい。
Posted by 健太朗 at 2010年12月03日 13:14
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック