2010年06月09日

マップオンデマンド ・ 大失敗

 日曜日に岡山まで走るので、久しぶりにマップオンデマンドによる地図更新を行った、先週の金曜日の話である。

 ところがこれが大失敗。

 

 いつも地図更新には4時間近くかかるので、エンジンをかけずに1時間くらいガレージに放っておいて、30分ほどエンジンをかけるか、ちょっとドライブして充電するようにしているのだが、その1時間をうっかり2時間近く放っておいてしまった。

 

 なんと、画面は真っ暗、メーター内の赤いランプは薄暗く、セルモーターは「ぐいぃっ」と一声発して終わりだった、バッテリー上がりだ。
 これは一時的に電圧が下がったものと、しばらくおいてみたが回復のきざしなし、仕方なく隣のおじさんに頭を下げて一件落着と相成った。

 

 それにしても、約2年前の新車の頃には、2時間ドラマを車でみても何ともなかったのだが、やはりバッテリーは確実に老化しているのだ。

 今後、地図更新の際には注意が必要だ。

 

 それにしても、今回大阪、兵庫、岡山の三府県を更新したのだが、合計6時間もかかってしまった、途中トラブルがあったとはいえ、これは時間がかかりすぎる。
 原因はわからないが強いて考えられるのは、セットでダウンロードされる全国配信情報というのが21項目もあった、これは初めて更新するときよりも多いに違いない。

 

 今回の更新ではこんなことがあった、岡山県内の一般道路で、ちょっとした渋滞があって10分近くのろのろと走っていると急に再探索が始まって渋滞を避けるコースを案内してくれたのだ。
 もっとも今回の場合はそのときすでに渋滞は解消されつつあったのでそちらのコースは無視したのだが、ありがたい機能だと思う。

 高速道路では決まって立ち寄るサービスエリヤを音声案内してくれることもあるのだが、ちょっとお節介に思っていた。


 だがうちの嫁ナビはうるさいほど次のサービスエリヤまでの距離と時間を案内してくれるので、賢いカーナビとうるさい嫁ナビがあって、僕はしあわせであります。

posted by 健太朗 at 14:05| Comment(4) | TrackBack(0) | カーナビの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カーナビの更新失敗?大変でしたですね。
 しかしたった3県の更新に6時間もかかるとは、はっきりいって使いにくそうですね。軽自動車の小さいバッテリーなら、すぐあがってしまいそうですね。

 密閉式も充電できる、IC制御回路が組み込まれた、バイク用と兼用のユアサのGZC-850BXという、高性能?な充電器も持っていますが、バイクのバッテリーは高価なのに、充電回路の構造上充電不足になりやすいので、帰宅後と、しばらく乗らないときは必ず補充電して、サルフェーションの発生を防いでおります。
 どちらにしても、一度完全にあげてしまったバッテリーは、よく遠乗りする私の場合は怖くて使えないです。車は押しがけという裏技は使えないし、ブースタケーブルがあっても、車も来ないような田舎ならJAFを呼ぶしかなさそうです。


 当方の注文し、まだ納車されていないムーブコンテカスタムRS・2WD(寒冷地仕様)車は、通常の軽用バッテリーの26B17Lではなく、寒冷地用の大きめの44B20Lが付くそうですが、カーナビとエアコン、そしてライト上向き(ハロゲン)時にも、下向きのHIDはそのまま点灯状態ということから、バッテリーも発電機も大きめのほうが、確かに安心感があります。
 本来の目的は、リヤーヒーターダクトがあれば、後ろの席の人の足元が暖かくできるのが魅力で寒冷地仕様にしました。
 それと、いろいろと問題が多いらしい?ダイハツのキーフリーシステム車も、バッテリーあがりを防ぐためなのか、サービスマニュアルを丹念に読むと、寒冷地仕様と同じ容量のバッテリーをつけているようです。


 納車がまだなので、同時に注文したカロッチェリアのメモリー式のカーナビAVIC-MRZ90G、まだ使うことができないので、詳しくレポートできないのですが、PCからナビデータをダウンロードして、いったんSDカードに保存して、それをナビに差し込んで全更新しても、更新時間1時間以内と聞きました。

 カーナビの製品寿命が短いので、今回は割合安価な市販のメモリーナビにしましたが、90Gではメモリーの容量が4GBなので、正直少し物足りませんけど、あと5年もすれば今のHDDタイプよりも高性能になっていることでしょうね、きっと。
 90Gは、地図更新が3年間は無料なので、5~7年ぐらいしたら、製品寿命で結局買い替える?だろうから、そのころにはメモリーカーナビも、いろいろな面で申し分ないほど高性能になっていることでしょう。乞うご期待です。
Posted by 42のおじさん at 2010年06月09日 21:29
健太朗です。

42のおじさん、毎度どうも。

そうですね、パソコンのHDDの代わりにSSDを使うようになってきたように、カーナビはむしろ振動や電力消費量などを考えると、SDやSSDなどのメモリーを使うのが理想ではないでしょうか。
 地図データそのものはそんなに大容量は必要なく、1GB以下でしょうし、いろいろなサービスや画像を含めても4GBもあれば充分だと思うのです。

 雑誌などのうわさによるとこのような不揮発性メモリーの耐久性を心配する声があるそうですが、カーナビの社会的寿命はあまり長くないようなので心配の必要はないでしょうね。

 でも5~7年と言わず、車そのものの寿命より長持ちして欲しいと思いませんか、そのためにも地図データの更新は出来れば無料、または格安で提供してくれるように、私たちはユーザーとして小さな声を上げようではありませんか。


 それから。
 私がバッテリーを上げてしまったのはあくまで私の失敗であって、最近の車はそうは簡単にバッテリー上がりを起こすようなことはありませんので、一言付け加えておきます。
Posted by 健太朗 at 2010年06月10日 13:39
バッテリーの件ほか、ご指摘ありがとうございます。まあ、少々燃費が悪くなっても、発電機容量とバッテリー容量は大きめのほうが、典型的な大は小を兼ねるで、性能が落ちる冬場のことも考えると安心できて気分的にいいです。


 そうですねカーナビの不具合は、可能な限りソフトで改修し、本当に廃車まで一つの機種でいけたら申し分ないですよね。少々製品単価自体が高くても、地図更新が10年ぐらい無料か格安でしてくれるなら、その機種を選ぶでしょうが、ほんとのところ、タッチパネルの液晶表示部分が持たないとも聞きました。しかも新品交換料金はけっこう高いようです。

 さらに、フルセグのチューナーも2DIN内に内蔵となると、回路の発熱の点と車の車内環境の点から、10年持たせるのはなかなか難しいかも。ディスクトップのPCでも、なかなか10年は使えないこのご時勢ですので。
 しかも、カーナビのスペースを割いているB-CASカードとその挿入機器も、いい加減カード自体を廃止せよと、国民の皆様もあの団体に抗議する必要があると思うのだけど、無料放送だけを見るのに、わけのわからない天下り団体?のカードを挿して、コストもスペースも無駄に割いていて本当に困ったものです。

 さて、話は変わりますが、製品寿命が短いカーナビとは違って、私はあえてWindows XP Pro を、サポートが切れるまで頑張るつもりです。しかし、ウイルス対策ソフトが対応しなくなった時点で、新OSに乗り換えとなるのでしょうね、きっと。
Posted by 42のおじさん at 2010年06月10日 19:47
健太朗です。

 あのわけのわからない天下り団体のカード、おっしゃるとおり、実に実に困ったものです。
 この団体が事業仕分けの対象になったと云う話は聞いた事がないのですが、そういうものじゃないのでしょうかね。

 Windows XPは必要です。XPはVistaや7のベースになっているからです、にもかかわらずVistaや7では使えないソフトやハードがあるのです、不合理だとは思われませんか。
 これは企業のエゴであり、顧客に対するサービス精神の欠如から発生している事態なのです。

 そういう企業の態度にわずかでも抵抗する為にもWindows XPは使い続けなくてはなりません。
 私もサブ機としてKal-El3世を音楽や動画など時間がかかる作業に使っていますし、ネットブックもXPです、今も出先でこの小さいキーボードを使ってこれを書いています。
Posted by 健太朗 at 2010年06月11日 14:20
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック