2010年04月26日

自動車重量税が安くなった??

 自動車に関するニュースはいろいろなメディアから毎日チェックしているつもりではあるが、やはり現場を離れるとついつい見逃してしまうこともある。

 自動車重量税のニュースがそうだ。

 民主党のマニフェストでは重量税、自動車取得税、ガソリン税などの暫定税率が撤廃されることになっていたが、いつの間にかそれは見送られることになったらしい、しかし重量税だけはこの4月からすこし安くなっている。

  新しい税率は、自家用乗用車の場合、車両重量0.5tにつき年間5000円、これまでの暫定税率では6350円だったので21%軽減されたことになる、例えば、重量が1tから1.5tの小型乗用車の場合、車検の時に2年分で3万円支払うことになる。いままでは3万7800円だったので、7800円安くなった。


 しかし本来、重量税は0.5tにつき年間2500円なのだ、本則税率という。つまり後の2500円は公約違反の暫定税率だ、まだ2倍の負担を強いられているということになる。

 自動車のオーナーはこのような、政治とカネの問題?、にも充分気をつけて貴重な一票を投じなければならない。


 ちなみに、軽自動車は年間4400円から3800円となった。

 
 そしてハイブリッド車やクリーンディーゼル車などの「次世代車」と言われるクルマの場合は暫定税率が撤廃されたかたちとなって、例えばプリウスの場合、2年分の税額は1万5000円となる。

 どこかで「エコ」という言葉が空耳のように聞こえくる。

 ついでにエコカー減税の話。
 エコカー減税で重量1.5t以下の自家用乗用車の重量税(3年分)は「75%減税」のエコカーだと1万4175円だったのが1万1200円となるが、その差は2975円とほんのちょっぴりだ。
 公約違反を誤魔化されているようでなんだか「いらいら」しませんか。

 もう一言。
 重量税はもともと、道路特定財源として創設された税なのだ、それが2009年度から一般財源となっている。

 それならと民主党の公約である暫定税率撤廃に期待したのだが・・・。



posted by 健太朗 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | くるまの雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック