2010年02月24日

ノートパソコンのダイエット

CPUが壊れた、妹のパソコンの話を書いたが、もう一台、「起動に30分もかかる」というのんびりしたパソコンがあった。

NEC LaVie LL550という2004年製のAMD Duron 1.0GHzが載ったノートパソコンで、家内と妹が当時2台買うと安くなったというので同時に買ったものだ、それでも10万円あまりだったと記憶している。

 

Laviel

 

妹は最近同じNEC LaVieの新しいのを買って、こののんびりしたノートは既にご隠居になっていたものだ。

 

起動に30分もかかるというのは、ディスクトップにアイコンがぎっしり詰まっているのが一つの原因、バックアップをとったらここだけで2GBあった。

 

たった20GBのCドライブは90%使用になっている。

 

姪っ子が使っていたのだろうかゲームソフトや韓流スターの写真や動画がいっぱい残っていてむべなるかなの状態だった。

 

電話で確かめながらバックアップを取り直すと必要なものはDVD一枚に収まってしまった。

 

そしてこれらをことごとく削除、アンインストールするとたった2分で起動するようになった。

 

しかしメーカー製ノートは私たちが使う自作ディスクトップPCと違って、POST画面が極端に短いので、Duron 1.0と言えども2分は長すぎる。私のKalEl3世というC2DXPパソコンはおよそPOST20(RAODの為に5秒ほど長くかかる)XP35秒でほぼ1分で起動する。軽いソフトばっかりだがわんさか入っている状態でだ。

 

だいたい最近のWindowsXP2004年当時よりウイルス対策やその他のセキュリティー対策でSP2以降OS自体がメタボになっていて、Duronには荷が重い。

 

しかもたった256MBしかメモリーが載っていないのにアイドリングで300MGくらい使っている、立ち上がっただけでメモリーがあふれているのだ。

なおかつその状態でCPU100%フル稼働だ、何かのソフトが動いているに違いない。

 

そこで、この古いNEC LaVieは起動1分を目指して更にダイエットしなければならない。

 

まず、WordExcelそして筆王以外のアプリケーションは大胆にアンインストール、おっと失敗した、何かのソフトにNX PADというのが含まれていたらしくタッチパッドの反応が無くなった、これはリカバリーからやり直しだ。

 

ちなみにこのパソコン、リカバリーCDの作成にことごとく失敗する。ということはHDDからのリカバリーしかできないので、HDDが壊れたらおしまいと言うことだ、何らかの対策が必要だ。

 

気を取り直して再度リカバリー、出来るだけいらないソフトを削除して、ディスクトップはクラシックなブルー画面に、アイコンはゴミ箱だけ、アニメーション効果などのパフォーマンスを無効にする、常駐プログラムは最小限に、などのダイエットに努め。

 

NECロゴだけのPOST3秒を含めて初回起動が63秒、2回目は52秒となった。

 

そんな折、弟の所からQosmioという東芝の、壊れたノートパソコンがやってきた、次回はこの話を。

posted by 健太朗 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック