2009年10月02日

カタログコレクションから ・ コニーワイド

 こちらはマイナーチェンジしたコニー360とコニーワイドだ。

1p1


1p2

 コニーワイドは昭和40年3月に発売されたキャブオーバー軽トラック。

 シートの下にエンジンを置いたキャブオーバートラックのさきがけには、ホープスターOVがあるが、市民権を得たのはこのコニーワイドが最初だ

1p3

 コニーの特徴はなんといっても水平対向エンジンにある、ヂャイアントコニー三輪トラックで開発されたエンジンで、これはスバルよりもトヨタパプリカよりも先んじている。

 この頃になると20馬力までパワーアップしてずいぶん力強くなった。

1p4

 コニー360のエンジンをワイドに積み替えたことがあるが、補記類がほとんど違っていたのでかなり仕事がしにくかった記憶がある。

 40年11月にマイナーチェンジを施されたコニー360だ、当時はもちろん新しくなった印象だったが、いま見ると旧型の方がかっこいいと思うのだが、どうだろう。

1p5

1p6

 コニーワイドは45年10月まで生産されたが、最後の方でフロントパネルをマイナーチェンジしている。
 

posted by 健太朗 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カタログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック