2009年09月30日

カタログコレクションから ・ コニー

 今回はコニーの総合カタログ。

 昭和38年発行のもの。

 

Photo_3

 

 コニーの愛知機械工業は、、22年頃からジャイアントという三輪トラックの生産を行っているが、昭和24年、愛知時計製造株式会社から分離設立された

  

P1

P2

P3

P4

 

 ライトバンのホワイトタイヤとレースのカーテンは当時の流行。
 すごーくデラックスだ。

 

P5

 

 グッピー以外は何とも安易な名前の付け方だ、でもスペシャルは本当はコニーコーチVスペシャルだ。

 グッピーもコニースペシャルもリヤエンジンだ、昭和36年第8回全日本自動車ショー(東京モーターショー)にこのコニースペシャルの原型となる、ノッ チバックのコニーコーチという乗用車が出品されたが、トラックメーカーの愛知機械にとって乗用車を売り出すのは冒険で、その前にこのコニーコーチVを発 売した、しかし前年に発売したグッピーとともに売れ行きはよろしくなく、ついに乗用車版の発売には至らなかった。
 スペシャルはコニーコーチVの超デラックス版で、40年9月には生産中止する。

 その後コニーワイドなど、45年までコニーブランドの車を作り続けたが、ついに断念、以後は日産自動車の一生産部門となったが、現在はトランスミッションの専門メーカーである。

P6

Photo_4

 

京都の代理店(デーラー)は、東山通二条の川端警察のあたりと、河原町通りの寺町と万寿寺の交差点あたりにあった。

posted by 健太朗 at 14:53| Comment(2) | TrackBack(0) | カタログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日産のセレナも愛知機械工業製ではなかったでしょうか?

車の事に関してはあまり解りませんので、間違っているかも???
Posted by at 2009年10月02日 22:24
健太朗です。

愛知機械はかつてのバネット、セレナ、ラルゴ、サニートラック、それにチェリーキャブやパオなど、様々な日産の車を組み立てました。
そして2000年頃から車体をやめてエンジンやミッションの専門になりました。
軽自動車のCVTは愛知機械の技術ですし、GT-Rのデュアルクラッチミッションもそうです、三菱のランエボ、マツダや現代のも作っています。

コメントありがとうございました。
Posted by 健太朗 at 2009年10月03日 16:09
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック