2009年09月01日

保険屋さんのフェロー

 少し秋の気配が漂ってきたが、それにしてもちょっと気の早い背景の写真を掲載する


PhotoPhoto_2

 

 昭和43年型ダイハツフェロー、45年頃、京都国際会議場の前で撮影している。


Photo_4Photo_5

 イザナギ景気と言われた好景気のまっただ中で、経済成長率11,6%といううらやましいくらいの時代だった。


 何もかも右肩上がりのこの時代、私の自動車屋に生命保険のセールスレディ、つまり保険屋のおばちゃんのお客様があった。
 昔のセールスマンは1軒1軒歩いて訪問する「飛び込み」と言われる方法が圧倒的に多かったのだが、この頃から成績の良い人は自転車や車を使う人もあった。

 なんでも会社から頂く給料ではかえって損になるので個人経営にしている人がいるとの噂もあった。
 そんな保険屋のおばちゃんに発売間もないダイハツフェローをお買い上げ頂いた。

 フェローはダイハツ初の軽乗用車で、プリズムカットと言われた美しいデザインと、びっくりするほど堅牢な車台を持ったくるまであった。
 近年これによく似たデザインのレトロなクルマがヒットしたが、ねらいは逆で、プリズムカットはモダンなデザインだった。
 サスペンションはフロントダブルウイッシュボーン、リヤはダイヤゴナルリンクのスイングアクスルであったが、ハイゼットのような無骨でごついパーツを使っていたので、驚くほど丈夫だった、なので乗り心地は上等で、軽自動車とは思えぬほど、大げさに言うと重厚な乗り味だった。

 ところがこのくるまが保険のお客様に評判がよろしくないと云うのだ、どうしてかってとにかく煙がひどくて狭い道路の住宅街などじゃ煙が滞って近所迷惑だとおっしゃるのだ。

 この時代の軽自動車は、2サイクルエンジンが主流、スバル360,ミニカ、フロンテ、サンバー、ハイゼット、キャリー、それにミゼットもみな2サイクルエンジンだった。
 2サイクルエンジンとはどんなエンジンだったかと言うと、バルブ機構が存在しない、つまりクランク室で圧縮した混合ガスをシリンダ内に送り込んで、それで燃焼済みのガスを掃気する、だからピストンなどの摺動部にオイルを送ったり、そのオイルを回収したりと言うことが出来ないわけで、しようがないから燃料の中にオイルを混ぜてしまったわけだ。
 だからエンジンオイルの燃えカスはマフラーを通って白煙となってテールパイプから出る。
 軽自動車は煙を吐いて当たり前なのだ。

 だがスバル360と違ってフロントにエンジンを載せたフェローの場合、長いエキゾーストパイプの途中に大きなサイレンサー(マフラー)を二つもおごったものだからテールパイプから出る排気ガスはすっかり冷えてしまって白煙が多くなってしまうのだ。
 つまり排気温度が高いまま外に出した方が人間の目には見えにくいと云うことだ。
 で、これは発売一年後に改良されてサイレンサーは一つになった。

 それはともかく、保険屋のおばちゃんはこの白い煙がお客様に評判よろしくないのだから、その矛先は自動車屋に来る、かと言ってこればかりはどうしようもない、しばらく辛抱して小型車に乗り換えてもらったが、なんだか成り行きで、この下取り車を私が引き受けることになった。

 私はこのクルマを郊外に持ち出してエンジンをぶん廻しにすることから始めた、マフラーを焼いて煙を出してカーボン掃除をする為だ、これで煙は少なくなるのだが、また暫く街乗りをしていると元の木阿弥だ。
 マフラーを焼くなんてことをするのは排ガス対策だの公害や温暖化という言葉さえ知らなかった時代のことである。

 また、23馬力の非力で小さなエンジンを前に縦置きにして長いプロペラシャフトで500㎏近いボディを走らせるのだから、どうしても力不足は否めなかった、特に峠道などではひぃひぃ悲鳴をあげて走らせなければならなかった、もちろん後ろに煙幕を張って、だ。
 これがホンダN360の発売に端を発した馬力競争に巻き込まれて初期の23馬力のエンジンはついに32馬力まで絞り出すのだが、どうしても軽快な走りにはならなかった。

 保険屋のおばちゃんは約2年、辛抱して乗られたが、私は1年で音を上げてしまった。だがモダンなコラムシフトや広い室内とトランクルーム、それから写真でも判るが、冬のオーバークール対策でラジエター前に段ボールを2枚差し込んで調整したことなど、なんだか懐かしいくるまの一台である。

posted by 健太朗 at 17:29| Comment(4) | TrackBack(0) | ダイハツの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この時代の車は2stで白煙モクモクですか。この現代でも古いダンプやトラックなどが登り坂などで、不完全燃焼なる白煙モクモクを排出し、公害を撒き散らしながら走っているのをたまに見かけますね。後ろを走っていると臭くて嫌になりますが。
 そういう私も駅の駐輪場が消化用スプリンクラーのない建物内の駐輪場の関係で、消防法の規定により原付二種以上は止められないので、がまんして50ccのバイクを通勤に使っております。

 その原付(一種)は、1993年頃の発売のホンダ2stのDio(ディオ)スクータで、60kg弱の自重で6.8馬力もあるのでよく走るのですが、特にこの寒い時期少しでも暖気すると、純正マフラーに純正オイルが詰まり、運転し始めの100mくらいは、白煙を盛大に撒き散らしながら走っています。
 以前親が乗っていたときは、わけの分からないホームセンターのオイルを使っていたのでマフラーが詰まり、私が乗るようになってからは、仕方なく純正の新品マフラーを取り寄せて自分で交換したところ、加速が驚くほど良くなりびっくりしました。よって現在は2st純正オイルしか使っていません。
 それで気を良くして、さらにウエイトローラーと駆動ベルトも交換したところ(ベルトかすがたまっていて、すごかった)、さらに良くなり最高速度も15km/h位向上して、上り坂はダメですが、平坦地ではカブ90並みの走行性能です。現在、総走行距離1万キロといったところです。


 ところで上の文章の 『近年これによく似たデザインのくるまがヒットしたが~ 』とは、ムーブコンテかラパンかミラココア、なのでしょうか?
 結局21万キロ近く走ったが燃費の悪い4WDのアトレーワゴンに代わる車を、ひたすら走りと燃費重視でミラカスタムにする予定だったのですが、少し室内高さが低いのと、あるサイトで後部座席のヘッドレストがリヤーガラスとスレスレ状態で、追突されたとき非常に危険、との指摘を見て、考えなおしてムーブコンテカスタムに変更することにしました。

 室内高さが高くなり、室内容積も広くなるので、ミラカスタムよりはエアコンが効きにくくなると思えますが、荷物室がある分、多少ですがヘッドレストとリヤーガラスとの間隔があり、まあ買い物かご程度なら十分積めそうなので、試乗して問題なければ、ムーブコンテカスタム(よく遠乗りするのでターボ車)にしようと思います。予算があればもっといい車に乗るのだけれども。

 普通のムーブカスタムのターボ車でもよいのですが、私はどうもあのセンターメーター車が大嫌いなので、どうも乗る気がしないです。一つ前のムーブならこちらを選んだのですが。
Posted by 42のおじさん at 2010年01月24日 11:39
42のおじさん、こんばんは。

 どうも私の文章は長すぎると言われるのではしょって書いたりしていますが、ラパンを念頭に置いて書きました。
ラパンはクラシックなイメージをねらっているようですが、フェローはモダンなデザインに見えました。

 2サイクルに限りませんが、当時のエンジンはまだ今ほど効率よくはなかったので、煙も多く燃費も悪く、それにオイルもよくなかった、従って性能もよくなかった、と言うことのようです。もちろん今と比べて、と言うことです。

 ディオのゴッグドベルトを交換されたのはよかったですね、あれは消耗品ですから時々は点検や交換をしてやってほしいものです、ケースを外して掃除をするだけでも少しよくなります、どうも原付に乗ってる人たちはバイクを家電製品と同じように考えている節があって、とにかく壊れるまで手入れをしないという人が多いようです。

 ところでターボチャージャーなのですが、端的に言って、ターボはエンジンが吸い込む以上の燃料を押し込んでやって性能を上げる道具なのです。だからターボが働くと燃費は悪くなります。今のように燃費向上や地球温暖化が叫ばれる時代にあっては百害あって云々というものだと私は思うのです。
 とはいえ、軽自動車のようにエンジンの大きさに制限がある場合には有効な道具といえるかもしれません、ということは私もわかっているのですが、やっぱり技術的には姑息な手段だと思えてならないのです。
 余計なことを書いてすみません。

 それからセンターメーターですが、ラウムの話のどこかに書いたと思うのですが、ラウムの場合はとても見やすくていいですよ、Miniのように下の方に付いていて見にくいのは困りますが、見やすいものならいいと思うのですが、まぁこれも好みの問題でしょうかね。
Posted by 健太朗 at 2010年01月24日 22:53
ご指摘ありがとうございます。今のアトレーワゴンの前の車、10年ほど前はコロナSF1800ccのハッチバック車に乗っていて、これも新車で買って26万キロほど乗った時点でエアコンが効かなくなり、エンジンはどうもなかったけれど、泣く泣く廃車にしました。
 最近の車はエアコンフィルターが付いているのが多いので、フィンの目詰まりが軽減されているのでしょうが、どうしてもエアコンが原因で夏場が耐えられず車を買い替えてしまいますね。

 私もターボ車など車両価格も高くなるし燃費も悪くなるので、本当は乗りたくはないのだけど、1500や1800ccならターボは不要ですが、車両購入価格より、税金・保険等の維持費の点で、現在は軽四に乗らざろうえないで、ターボ付きも仕方ないかなぁ、と思っています。まあ、我がアトレーみたいに廃車までターボ機構も含め、エンジン系統が故障しなければオンの字なのですが。

 バイク(250cc)も車も、両方ともETCを使ってけっこう遠乗りもする(1000km以上/日のときもあり)し、軽の場合NAではエアコンが効きにくいと聞いたのと、アトレーよりコンテは200kgほど軽いとはいえ、NAの660ccでの遠乗りでは不安を感じるので、ターボ付きを選択するしかないかなぁ…と思っています。

 バイクのほうは、両方ともCDI点火式のキャブ車ですが、総電子化になる前の機種なので、まめにメンテして補修部品がなくなって乗れなくなるまで頑張るつもりです。維持するための重要な補修部品はある程度手元にストックしてあります。
Posted by 42のおじさん at 2010年01月25日 00:42
42のおじさんは4輪も2輪も結構なマニアのようですね、それに自作パソコンですから私と同じにおいがしますね、きっと、おたく、なんて言われてるんでしょうね。
 それにしてもオートバイで1000Km以上というのはしんどいですね、私も10代にCL72なんか乗り回した経験がありますが、ほとんどクッションのないサスで、つまり振動で体を悪くしました。
 CLやCBのことはそのうち書きますから、またお立ち寄りください。[E:happy01]
Posted by 健太朗 at 2010年01月25日 14:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック