2009年08月07日

ラウムのカーナビ トラブルの巻

 私のラウムに付いているカーナビは富士通テンの製品だ、つまりエクリプスなのだがトヨタ純正なのでどのメーカー製でも純正ナビという。
 
 これは値段も高いが、実に使いやすくて性能も良いし盛りだくさんの機能を誇っているこれらは以前、紹介したとおりだ。

 それが最近、実に賢いことをやらかしてくれた。
 私は年に3-4回も静岡県富士宮市と云うところに出かけるのだが、途中休憩するサービスエリヤはだいたいいつも、刈谷、浜名湖、それに富士川と言ったところだ。
 知らない道ではないが、出かける前に目的地を設定しておくと、到着予想時刻を表示してくれるので非常に便利だし、降りるICが近づいたら案内してくれる。でもまさかSAまではセットしない。
 ところがこれが最近、浜名湖SAの2キロ手前に近づくと案内してくれるようになった。

 こいつはかしこいやっちゃ!。
 と、でも考えてみれば刈谷や富士川にも停まるのだから、これは何かの偶然か良い方のトラブルだろう、と複雑な思いをしていた。

 ところが本当のトラブルが発生したのだ。
 フリーズ、というとパソコンの、それもWindows98の専売特許だと思っていたら、XPでもVistaでも、おっとWindows7に至ってもフリーズはあるのだ。
 パソコンは困ったら再起動、これが鉄則だ。

 だがカーナビゲーションがフリーズすると、それが高速道路だったりすると、ちょっと気軽に再起動というわけにはいかない。


Cimg2222

今回フリーズしたのはこの辺り

 

 

 

 

 

 



 しようがないのでそのまま走っていたら、3-40分たって勝手に回復する。
 もちろん次のPAで停まって一度エンジンを止めれば再起動だが、結構めんどくさい。

 私などいつもカーナビに甘やかされて運転しているので、東海環状路を初めて通った時など、フリーズして少しく心細い思いをしたものだ。

 そこでこれはデーラーに報告してクレーム扱いで修理してもらわなければと思って、だが私としては症状が街中では再現できないので遠慮がちに電話をしたところ、二つ返事で交換してくれることになった。

 さすがにネッツトヨタ京都!とさっそく交換してもらったのだが、これまためんどくさいことがあることに気づいた。
 音楽の録音(CDからのリッピング)だ。

 既にCD、50数枚分、1000曲近く内蔵HDDに収録済みだ。
 パソコンのHDDと違ってカーナビのHDDは振動を考慮してあるので遅い、歌謡曲1曲1分以上、ちょっと長い曲なら3-4分もかかってしまう。
 これを復元する為、ただいま奮闘中だ。

 地図の更新もしなければならない。
 前に紹介したとおり3府県ずつ更新するのだが、最初はこの更新に4時間もかかってしまうし、その後もさして時間短縮は出来ない、少なくとも京都を中心として12府県くらいやらなければならないと思うと気が重くなる。

 でも、もしも現物修理で2-3週間もオーディオやナビゲーションが無くなれば…、
 それは、我慢できないかもしれない。

posted by 健太朗 at 14:42| Comment(4) | TrackBack(0) | カーナビの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カーナビ故障すると結構めんどうですね。

 当方、以前から言っていました21万キロ弱走った廃車にするアトレーワゴンの代わりになる、ダイハツ ムーブコンテカスタムRS・2WDを発注してきました。
 ターボ付きは確かに邪道ですが、日本の自動車税制では、コンパクトカーより軽四のほうが圧倒的に税金が安いので(自賠責と任意保険も差がありますが)、10~13年ほど乗るとすれば、1300ccのフィットなどとの維持費の差が大きく、車体価格が少々高くても、やはり軽四ターボ車にしてしまいました。まあ、四角型ボディーなので、流線型のフィットと比べても居住性は良いようですし、HIDライト仕様でフォグもあるので良しとしました。


 ところで、この新車につけるカーナビ、純正品から一般市販品にいたるまであまりにも種類が多く、しかもはじめての装着なので、どの機種を選ぶか当初大いに難儀しました。

で、結局最低条件を搾り出すことにして検討した結果
   ①画面はVGA規格であること
   ②道案内表示はあまりこだわらず、現在位置の判明で十分なこと
      (800円のライトマップル使用の紙地図派です)
   ③PCで扱えるWAVファイルの再生が可能なこと
   ④HDDに音楽や画像を入れた場合、故障した時にはデータが消えてしまうので
      SDカードでの再生がいけること

 この条件を検討した結果、カロナビのAVIC-MRZ90Gという今年5月末に出る、マイナーチェンジの新型機を装着することにしました。新車注文と同時の発注で、お世話になっている街の車屋さんに装着をお願いしました。自動後退や黄色帽子で装着作業を頼むのはちと??ですので。
 地図更新もPCにSDの4GB(以上)を挿して、差分更新し、それをナビに装着してデータ更新するそうなので、時間も早く結構やりやすそうです。まあ、前機種では自車位置表示がわずかに遅れる欠点があるそうですが。

 これに音楽再生用に32GBのSDカードを別に用意し、PC電源のところでも書きましたが、HDDから生WAVファイルをコピーすれば良いようなので、HDDに圧縮して録音するより手軽でいけます。破損を心配するなら同じものを2つ作っておきます。

 しかも長いオペラなどでも、自由自在にインデックスがつけられるよう、手持ちのソニーのICデコーダーPCM-M10用に、1つの大きなWAVファイル(例:オペラ1幕分とか)を元WAVファイル別に専用ファイルを作って分割保存しているので、これが活用できそうです。M10はマイクロSD16GB使用。でもこれでオペラなどを入れると演奏時間が長く、やはり容量が足らないので、早く32GB品が市場に出回って欲しいです。

 サウンドイット5.0という波形編集ソフトを使えば、1ファイル2GBまでの制限付きながら、PC上で自由自在にファイルの分割結合できますので、CDなら2枚分割となっている曲も結合して連続再生でき、カセットやCD-R時代と比べれば格段の進歩です。
 またPC用の3.5インチHDDの容量が非常に大きくなったので、生WAVファイルぐらいなら、たくさんいれても容量不足の心配がなくなり非常にありがたいです。

 唯一の欠点は、モデルチェンジ前のナビ機種(型番末尾のGがない)が、プリギャプ(CDなどのインデックス符号の付近)のところで無音が入るとのことで、この問題が新機種で解決しているのか未だわかりませんが、ソニーのPCM-M10では1ファイルの中に、どんなにWAVファイル分割してPCから転送しても、WAVファイルを保存した順番に、一瞬の切れ目もなしに正確に連続再生してくれます。頭だしもファイル先頭から正確に入ります。
Posted by 42のおじさん at 2010年05月22日 23:13
健太朗です。

 42のおじさん、いつもありがとうございます。

 カーナビをカーナビとして使うなら一番重要なことは、地図の正確さ、だと思うのです。地図が古くなっては正確とはいえませんので随時更新できること、もちろん無料でまたは格安で出来ることですよね。
 いくら正確でも見にくい地図はいけません、一瞬のチラ見で読み取れる読みやすさが必要です。

 カーナビをオーディオとして使うなら音質やソースの扱いやすさにある種、こだわりが必要でしょう。
 オーディオがデジタル化される前はアンプやスピーカーにこだわるほど、それまで出なかった音が出たりもちろん音質がよくなったりと実におもしろかったのですが、考えてみれば自動車の車内という空間は音楽を楽しむのにふさわしい場所ではないと言うことに気がついてから、私は車でクラシックやジャズを聴くことをやめたような気がします。(40歳を過ぎてからはロックンロールもあまり聴かなくなり、今は演歌です。)

 エンジンやタイヤの雑音の中で、デジタルオーディオの音は充分以上です、一言余計なことを言ってしまえば、WAVにこだわらなくてもMP3かAACでコストを下げた方が得策だと思います。
Posted by 健太朗 at 2010年05月23日 21:24
ご指摘ありがとうございます。

 確かに自宅には自作アンプと今は無きソニーの大型平面スピーカーのAPM-66ESがあり、これでフルオーケストラの圧縮音声を聞けば差が分かると思いますが、車の中では、WMA最高音質(192kbps)で録音した場合、恐らく拍手の音以外は差が聞き分けられない可能性大ですね。特に演歌やロックなら全く分からないと思います。
 
 カロナビのAVIC-MRZ90(G)の仕様では、カーナビのなかでは一番コーディクの対応が多いようです。もちろんMP3やWMAさらにはAACも対応していて、その上WAVにも対応しているということで、音声だけなら32GBのSDだけ用意する必要がありますが、これを使えばわざわざ圧縮しなくても、単なるドラッグ&コピーでいける手軽さを取りたいと単純に思っただけでして。

 最初お手軽だからと携帯電話のミュージックプレーヤ(ドコモP-01A)を使用していました。ヘッドホンで聴く限り、WMAの音質は拍手の音以外は不自然さはなかったのですが、当然といえば当然ですが、歌謡曲などの短い曲を想定した設計なので、歌謡曲のライブ版でも同じですが、いくつかのメモリープレーヤーも含め、楽曲の途中にインデックスを打つことができず、不便なのでICレコーダーに乗り換えました。これを使ってナビのAUX端子に挿す手もあります。

 そしてそのソニーのICレコーダ用に作成した曲名フォルダーの中に、分割したWAVのファイルがすでにPCに作成済みなので、32GBのSDカードだけは出費しなければならないですが、そのままドラッグ&コピーだけで流用できるのではないかと。
 もちろん圧縮音源にすれば格安な4GBのSDでも使用できそうですが、フォルダー内に細かく分割した、元は長大なWAVファイル(オペラ1曲3~4時間)を再度圧縮保存するのは、結構じゃまくさそで途中で根を上げそうです。1つのリッピングしたWAVファイルを、インデックスごとに再度分割保存するだけでも結構じゃまくさかったので。

 また私はバイクに乗りますので、今までは一応800円の県別ライトマップルと高速道路のインフォメーションセンターで販売している300円の全国高速道路地図と、無料でいただける高速道路全国給油マップ(ネクスコ西日本のみ発行だそうです)を常備して、いつも出かけています。

 元来方向音痴ではないのですが、でも時々、特に夜間は案内標識が見えにくいし、看板を注視すると事故を起こしそうで、結局道に迷うことがしばしばで、先日も夜に大阪で道に迷いましたが、都市部で迷うと小回りのきかない車では、路肩に停車するのもUターンもままならないし、また逆に真っ暗な田舎では、どこを走っているのか分からない時もあり(特に雨の夜間)、このたび新車になるので音楽管理機能も含め、初めてですがナビをつけてみようと思ってみました。

 メモリーナビの4GBは少し容量不足の気もしますが、10mまでの詳細地図も一応表示されますし、3年間の地図無料更新付き、PCを使ってネット経由でいったんSDに地図更新データを入れて、それをナビに入れて差分更新、年に2回あるすべての情報も含めた全更新時でも更新時間1時間以下と聞いて、あの押しにくいボタン以外は使いやすそうなのと、HDDナビほど高くない、という理由でチョイスしました。地図と使い勝手もカー用品店で一通りチェックはしたつもりです。
 安いポータブル、たとえばゴリラなどは結構いいと聞きましたが、別にオーディオを用意しなければならないので、結局バランスがとれているであろうと独善で予測した??、カロの2DINメモリーナビにしました。
 
 購入前に前機種もいろいろ調べたつもりですが、初めて使用することもあり、この選択が本当に自分に合っているか、安い買い物ではないのですが、また報告したいと思います。正直本当のところ、こればかりは使ってみないと分からないですね。
Posted by 42のおじさん at 2010年05月23日 23:44
そうですね、本当のところ使ってみないとわかりませんね。

 私はカーナビ2台目ですが、その間に10年たっています。
 ナビはCDとHDDの違いがありました、たとえば自宅に帰る場合、前のナビは近くの大通りまでで「目的地周辺です、音声案内を終了します」なんです、でも今のナビは自宅の前で「お疲れ様でした」って言ってくれるんです。

 オーディオのカセットテープとHDDやSDカードとの違いも大きなものでした、どこかに書いたと思うのですが、HDDにはCDそのままコピーで30GB、CD-R一枚にMP3で演歌約200曲、SDカードはAACですから4GBのカード一枚ならiPod一台と同じと言うことになります、もちろん普通のCDやCD-Rも使えます。

 膨大な数の楽曲を持ち運べるわけですが、42のおじさんがおっしゃるようにWAVファイルの長ぁい曲を扱うのは難しそうですね。
Posted by 健太朗 at 2010年05月24日 21:50
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック