2009年07月13日

親爺さんのグロリヤ その3

     S40d 

 

やがて私も普通自動車運転免許をクラウンRS40でとるのだが親爺さんのグロリヤに乗るようになって驚いたのはこのクルマの乗り心地と乗り安さだった。

人間工学、等という宣伝文句もあったが、シートの高さと位置、背もたれの角度、ハンドルとペダルの位置などが実にうまく作ってあった。

        S40d_2

例えば、アクセルペダルとブレーキペダルの高低差なんて考えてみたことがあるだろうか、アクセルからブレーキ、ブレーキからアクセルとペダルを踏み換える時に、最適な高低差というものがあるものなのだ。

 

         S40d02 


 ともあれリクライニングシートやチルトハンドルが出来る前のクルマとしてはこれが一番よかったと私は思っている。

ただし、スーパー6やグランドグロリヤではおそらくシートの厚みなどが違っていたのだろう、少し違ったように思う。

 

扱いやすさや乗り心地の良さというものは、エンジン性能や静かさにも影響されるが、サスペンションやステアリングの構造や工作精度、微妙な設定などに寄るところが大きい、設定は現在のようなコンピュータ制御の時代とは違って、パワーステアリングさえないのだから、低速ではかるくてとりまわしをよく、高速では直進性などを考慮した最適なものにする為には高い技術力が必要だ。

           S40d_3

 

その点プリンスは、そして中でもこのグロリヤの、前はダブルウイッシュボーン後ドデオンアクスルというサスペションは当時のこのクラスでは特に優れていたものと思う。

当時鈴鹿で行われたグランプリレースで、グロリヤがクラウンに勝てなかったことと、セダンとしての乗り心地がグロリヤの方が良かったこととは別の問題だ。

             S40d_4
 

他のページにも書いたが、後のドデオンアクスルは当時も話題になったが、デファレンシャルを車体側に取り付けてバネ下荷重を極力軽くしたもので、これによりリーフスプリングをたった二枚にしてしまった。
 今のように独立懸架が当たり前の時代にはリーフスプリングが二枚、といっても理解されないかもしれないが、実はこの時代までの乗用車はリーフスプリングが少なくなるごとに乗り心地が良くなっていったのである。

 

しかしまだ今ほど鉄などの原料や加工技術が良くなかった時代のこと、たった二枚のリーフの耐久性などは余りよくいうことは出来ない。

今なら想像も出来ないだろうが、このリーフを外してきて、大ハンマーでふらふらになるまで叩いてその、へたり、を修正するのは私たち新米メカニックの役目だった。

          S40d_5
 


 何度も書くが車検ごとにサスペンションを分解するなど当たり前なのだから、こんなことがあっても不思議ではなかったのだ。

 

それにしてもこの美しく魅力的なプリンスのグロリヤに、当時つまりリアルタイムで乗る事が出来たことは実に幸せなことだった、と思っている。

posted by 健太朗 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | プリンスの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック