2009年05月27日

憧れのホンダスポーツ・02

   当時まだ中学生だった私はアメリカから輸入のテレビドラマ、ルート66(C1コルベット)やサンセット77(サンダーバード)、国産ドラマでは月曜日の男(MG TDミジェット)、バックナンバー333(コンパーノ・スパイダー)などで活躍するスポーツカーは手の届かない夢とあこが れのものだったが、ホンダの、当時としては珍しい新聞広告のこの価格を見て、なぜか、これなら買える、と思った。

    

  C163

 

        Mgtd_2

 

 

 

 

 

 

 

  なにしろこの頃のトヨペットコロナ(利休色のコロナ )が72万円、クラウン(駐車場のクラウン )が105万円、パブリカ38万9千円、それにまだ開発中だったトヨタS800は59万2千円の予想だったのだ、そして軽自動車のスバル360でさえ37年に値下げされたとはいえデラックスで39万円もした。

      
 だから、スポーツ50045万9千円は割安と感じて当然だったのだが、しかし明くる年、ガソリンスタンドでのアルバイトが時間あたり60円だったのだからこれは無謀な想念だった。      
      
   その後、自動車屋になった私は何台ものホンダスポーツにかかわった、スポーツ600,800,それにS2000にも少しずつでも関われたことは幸せなことだったと思う。      
 しかしあの時、これなら買える、と思ったのに40年以上たった今でも憧れのホンダスポーツのオーナーになったことはない。

      
S600       
       
 S800


 自動車屋になって間がない頃、勤め先の親爺さんが私たち新米のメカニックを鈴鹿サーキットに連れて行ってくれた。       
 その頃の鈴鹿はまだ遊園地の施設はなく、ただっぴろい所にサーキットだけが横たわっていた。クルマはどこにでも停め放題、どこででもミニレースが出来るくらいの広いところだった。

 

19660409  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ二輪のレースが多かったパドックに入るのも比較的自由で、大きなレースがない限りパドック内に駐車することも出来たくらいだ。       
      
 そのパドックにS800が十数台も置かれていた。これは試乗車で、実は誰でも鈴鹿のコースでS800に乗ることが出来たのだ、だが悔しいことに私はまだ軽自動車の免許しか持っていなかった。

1966s800      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   余談だが、早生まれというのは人より早く生まれたということかと思えばそうではなく、友達の中で免許を取れるのが一番遅くなるのが早生まれなのだ。      
   それでも助手席でのサーキット、そして憧れのクルマ初体験は今でも強烈な印象として残っている。

 

1966      
      
当時のパドックではこんな光景も見られた。ホンダ最初のF1、RA270をテストするロバート・バックナムとリッチ・ギンサーだ。
      
      
      
      
 

 

 

 なんといってもそのエンジン音だ。オールアルミ製の真っ白なエンジンの組み立て式クランクシャフトはなんとニードルローラーベアリングを使っていた、これはそれまでのホンダ二輪車と同じで、その頃乗っていたCL77とある意味共通の雑音を発していたのだが、自動車のエンジンでは世界初ではなかったろうか、そのベアリングが奏でるホンダスポーツサウンドは自動車大好き少年の心を魅了するにあまりあるミラクルサウンドだった。

      
  しかしこのエンジンの大きな欠点もこのベアリングにあったようだ。

posted by 健太朗 at 15:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ホンダの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
RA270は金色で1台しかありませんでした。
なのでRA271・・・かと言うと・・・リアバルクへッドの形状(ボディシェルも含め)を見ると、RA272のようです。

遅コメ 申し訳ありません(汗)!!
Posted by motomotobeneli at 2010年02月04日 09:04
motomotobeneliさん、ご指摘ありがとうございます。

 確かにこの写真はRA272ですね、それにロバート・バックナムと書いていますが、これはロニー・バックナムの間違いです。なにしろ古い記憶ですから、笑って許して ! ください。

 それにしても最初のRA270が金色だったなんて知りませんでした。

http://blogs.yahoo.co.jp/cycle_tony/55535742.html
 
 こちらのbiogにCGで再現したRA270の画像があります、キャブレターがバルクヘッドから飛び出したくるまをどこかで見たような気がするのですが・・・。
Posted by 健太朗 at 2010年02月04日 17:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック