2009年03月25日

ネットブック・Lois

Cimg1935 

 

 前からほしかったので衝動買いだとは思いたくないが、 ジョーシンで少し安かったのでつい買ってしまった 。

 

Lois 

  ASUSのネットブック、EeePC S101だ。      
  Loisと名付けた。

 

   本当は懐が寂しいのでEeePCでも安価なS901にしようと思ったが、お店で見ているとEeePC S101は、数あるネットブックの中でも最も薄くて美しく、私の目に魅力的に映ってしまった。 

 

 

でもやっぱりこの小さくてまっ黒なキーボードは万年初心者にはちとつらい。 

 

Lois_2 

     キーボードは白がよい。 
    
   画面の小さいのは覚悟の上だが、これはまあ弱い老眼鏡をかければどうということはない、しかしモニターはやっぱり大きいに越したことはないようだ。
    
まあ、不満は私の勝手でASUSのせいではないし、901よりずっと良かったと思っている。元々これは持ち運び用と割り切って作られているものなのだ。

 

Loisbag 

 

 ちょっとしゃれたバッグとマウス用の袋も

着いているので持ち運びには便利だ。

      

 

 

 

 

  EeePCはHDDではなくSSDをつかっているので、立ち上がりが早いのがうれしい。      
      
  だがたった16GBの容量しかないのでデータの保存に工夫が必要だ。      
新品を下ろして最初のセットアップ直後のCドライブの使用領域は3.68GB、Windows Updateを実行して4.53GBになる。      
      
Loisc 

 

  特にアプリケーションソフトを追加しなくてもWindowsは使用領域を増やしてゆく、だから追加ソフトは最小限にしなければならない。 だが、Star SuiteやWindows Liveなどフリーか又は安いソフトが結構沢山インストールされているので、これらをうまく使っていけば何とかやっていけると思う。 

 

  そしてデータの保存は一時的なもの以外はSDカードかUSBのデバイスを使う必要がある。

 

 もうひとつの方法にEee StorageがあEeeる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはASUSのサービスでWeb上のストレージを60GB分使えるのだ、しかも他のパソコンからもこの領域にアクセスできるというから一見便利なようだが、これが非常に使いにくくわかりにくい、マニュアルにもWebにも十分な説明がなく、不必要なホルダーが沢山あってどこにデータを保存したらよいのか、これがなかなかわかりにくいのである。    
      
    試しにS101でEee Storageにデジカメ画像を数枚保存して他のパソコンで開けようとしたら、丁度フリーソフトをダウンロードするのと同じような要領でブラウザからダウンロードすることになる。

 

05_2 

 

 これなら外付けのHDDを使うほうがよほど便利だ。 

  付属のマウスは非常に使いやすい、だがせっかくBluetoothが着いているのだからもう少しおごってほしかった。

 

Lois_3 

 

 まぁ使い勝手はぼちぼち慣れるだろう、今のところこの小さくて美しいパソコン「Lois」は、私の新しい恋人としていつも手元でやさしく微笑んでいる。

posted by 健太朗 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットブックの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック