2009年03月16日

Windows7 その6

 Photshopが起動しない。

 

Er01

 

 私に自作パソコンを教えてくれたOさんからアドバイスのメールが届いた。
 「仮装メモリーは、HDDに余裕が有れば、1つのパーテェーションに4069MBまで増やせると思いますので、試されたらいかがですか?。通常よりもPCの速度は速くなりました。」
 で、早速やってみた。

 

 しかしここでトラブル発生だ、パフォーマンスオプションで仮想メモリーのサイズを変更するたびにハングアップ、応答なしとなる。タスクマネージャでも終了できないし、システムの再起動もだめ、リセットボタンで再起動してやっと変更できるという状態だ。
これはWindows7のバグなのかもしれない。

 

 それはそれとして、これは確かに正解だ。

 

 確かにPhotshopの立ち上がりも動作も幾分速くなった気がする。

 しかし、クルマのエンジンをチューンナップする際、究極は排気量を大きくすることだ。といわれている。
 たとえば2000ccのエンジンにターボチャージャーをつけるより、3000ccのエンジンの方が同じ馬力でも性能が良いというのである。

 この理をパソコンのメモリーに当てはめると、つまり物理メモリーを多くするのが一番善いと言うことになる。

 

 パソコン用メモリーは今非常に安くなっているので私としてはこちらを選ぶことにしたい、今ちょうどジョーシンでセールをやっているのでKingBoxのDDR2-800.2GBが2枚セットで3000円ほどで買えた。

 

 で、これを装着してみると、仮想メモリーは自動で3306MBとなった、だがおかしな事にPhotshopはやっぱり立ち上がらない、仮想メモリーの推奨は4509MBとなっている。

 

 ちなみにWindowsVistaでは物理メモリー2GB、仮想メモリーは2336MB、推奨は3054MBとなっている、WindowsXPは今Windows7に母屋を乗っ取られているので判らないが、仮想メモリーのサイズを変えなくてもPhotshopが立ち上がらないなんて言うことは今までになかったことだ。

 結果、仮想メモリーを推奨の4509MBにしたらPhotshopが正常に立ち上がったことは言うまでもない。

 

14

 

 従って私の考えよりOさんのアドバイスが正しかったと言うことになる、だが、私としてはちょっと納得できないおもいだ。


 当然このことは「フィードバックの送信」でマイクロソフトに報告した。

posted by 健太朗 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows7の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック