2009年02月21日

Windows7 その1

    Windows7ベータ版を試してみた。


 第一印象は、非常に美しいと言うこと、それに軽いと言うこと。
   それに、いまからWindowsVistaに乗り換えようと思っている人があったら、「ちょっとまちな!」と言ってあげたいなと言うことだ。

 

 順に話そう。Hp 

 

 まずダウンロード、WindowsのサイトからWindows Live IDでサインイン、プロダクトキーの画面を印刷して、次にダウンローダーをインストール。


 すると自動的にWindows7ベータ版のISOファイルがダウンロードされる。

 PC雑誌には1,2時間程度と書いてあったが案外速く、30分ほどで終わった。 


 これをISOファイル対応のソフトを使ってDVDに焼く、私の場合はNeroの「イメージをDVDに書き込む」を使った。

  このファイルの容量は約2.5GB、インストール後の容量が約8.05GBだ。


 WindowsVistaではそれぞれ約2.45GBと約7GBだったからWindows7の方が少し大きい。

 

Win702

 

 インストールはWindowsXPやWindowsVistaと同じ要領だ、画面の指示通りにやればよい。

 WindowsVistaは1時間ほどもかかるが、Windows7は40分程度だ。

 

   だが、残念ながら2月21日現在、Windows7ベータ版のダウンロードは終了と表示されている。

posted by 健太朗 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows7の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック