2008年07月27日

ベンツの配線

 古くからのお客様からエンジンの調子が悪いとの連絡で引き取ってきたベンツ、平成6年式のE320、走行距離は5万キロあまりのどこから見てもきれいなクルマだ。

 

 どうも6気筒の内いくつかが爆発してないようだ。早速トラブルシューティングを始めるのだが、ここではそのプロセスは省略する。

 

 エンジンルーム内の配線の内、特にエンジン上部を這っている、イグニッションとセンサーの系統がぼろぼろになっている。
 といっても想像も付かないだろうが、電気の線というのは何本かの細い銅線を束ねてビニールでコーティングしているものだ、そのビニールの部分がちょっと触ると粉になってぼろぼろと朽ちてゆくのだ。絶縁のためのビニールがなくなった配線は裸になってショートする。そのためにイグニッションコイルに正しく配電されなくなって6気筒のうち1番と6番が死んでしまっていたのだ。

 

 私は経験豊富などとは言わないが、40年あまり自動車屋をやっていて初めて経験することだ。まず国産車ではあり得ない。

 もしもこのショートした部分から発火していたら今頃は・・・・。

 想像するだに恐ろしい。

 

 ベンツのディーラーに問い合わせてみると、あっけらかんとした返事だ。
「この型は古くなるとエンジンルームの配線をすべて取り替えなあきません、部品の値段は11万、工賃はこれこれです」

 

 あきれて口がふさがらないままお客様にはこの通り伝えた。

 お客様は即、国産車に乗り換えを決定、しかし次のクルマが納車されるまで応急処置は出来ないかとのこと、なんとかしましょう、と言ってしまって大いに後悔することとなった。

 

 まずイグニッションコイルの配線をすべて裸にしてそのほかの配線はそぉっと元通りビニールテープで束ねる、なにしろもう代替えの決まっているクルマ、原価のかかる材料は使えない、だから配線を交換する代わりに一本一本ビニールテープで絶縁してゆくのだ、ほとんど一日かかってしまった。


 しかし結果はNG。


 既にECU(コンピュータ)内部に何らかの支障があるようだ。

 ちょっと焼けこげたくらいなら基盤のハンダを触ることで復活するかもしれないとECUを外してみるが、これを分解するための道具がない。

 

 ここが弱小自動車屋のつらいところ、外国車も時々触ることがあるのでいくらかの外国車用工具もそろえてはいるが、まずまず必要に応じて一つずつ増えるもの、ここで特殊工具一本でも原価はかけられない。

 ここであきらめると言うことはこの古くて美しいベンツはこのままスクラップになるということだ。


 これはドラマでも小説でもない、現実はお客様と相談の結果、そうなった。

 

 何年か前に国産の軽自動車のフラッシャスイッチの周りにほこりがたまって発火するおそれがあるからと大規模なリコール騒ぎがあった。

 今回の配線も国産車ならとっくにリコールになっていたことだろう。

 私はこのblogに悪口を書くつもりはない。
 しかしこのベンツの配線は粗悪品というほかない。


 14年前、7百数10万で売った車の最後の姿だった。
 消費者はかしこい商品選びをしなければならないと思った次第だ。  

posted by 健太朗 at 19:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 外車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
健太朗です。
 今日、平成7年式のE320を整備する機会がありましたので、IGコイルの一次線をチェックしてみました。
 ヘッドライトも全体のデザインもまるくなったタイプです。
 配線は改良されてハーネスの形も取り回しも変更されていました。
 あの粗悪な配線は6年式の一時的なものだったのかもしれませんね。
Posted by 健太朗 at 2008年10月31日 22:49
それにしても、たまたまそのモデルだけかもしれませんが、10年弱で配線がボロボロとは、怖くてとてもじゃないですが乗られませんよね。我が家の新車で買ったダイハツ・アトレーワゴンなど、もうすぐ満9年・ターボ車で207000kmの走行ですが、車検時に費用がかかるものの、なんのトラブルもなく21万近く走ることができました。トルコンのオイルも車検時に幾度も交換しているものの、最近はさすがに馬力は落ちてきましたが、さすがに配線までは全く劣化していないようです。

 1年半前に中古で買ったCD250Uという、ホンダの空冷2気筒233ccロードバイクも所有しておりますが、こちらは製造後満20年選手ですが、保護チューブに守られているけれど、ワイヤーハーネスはいたって元気で、車体丸出しにもかかわらず、全く問題ないですよ。配線の劣化は、素人には分かりにくいだけに本当に怖いです。

 ダイハツも、次期モデルからは外国製部品を大幅に採用する、との報道発表がありましたが、こんなトラブルだけは絶対に起こらないように、経年劣化の耐久性だけはしっかりチェックしてほしいものです。まあ、我が家のアトレーはエアコンが劣化してきたので、暑くなる前に現行のタイプのミラカスタムに乗り換えるつもりです。
 そういえばインドのタタとかいう超格安の車、ワイヤーハーネスなど耐久性のあるものを使っているのかな? いくら安くても命に関わるだけに、5~10年程度で配線がボロボロになったりしたら、私ならとても怖くて乗れないです。


 車ではないですが、パソコンの格安電源もよく故障する…とか聞きますね。パソコン内部のほこりを時々エアーブローで飛ばさないのも大きな原因でしょうが、電源内部の特に外国製のコンデンサーを使用したものが、劣化で故障といった事例も多いようです。こちらも一つ間違えば、最悪火を吹くこともあるようですので、私は信頼性の高いオウルテックのM12(700W)という2万円もするような電源を自作PCに使っています。万が一暴走すれば電気の供給を遮断するようですので。電源が暴走して、マザーボードもハードディスクも昇天なんて事態だけは絶対避けたいです。
Posted by 42のおじさん at 2009年12月25日 02:36
健太朗です。
42のおじさん、コメントありがとうございます。

 まずまず日本の自動車の品質のレベルは世界一だと思います、特に合成樹脂、プラスチックやビニールなどの強さは最高です、風雨にさらされるボディ外側のパネルなど、一度じっくりと見て外国車と比べてみてください、誰にでもわかります。

 トヨタと同じ基準で作られているダイハツ車は軽自動車の中でも特に高品質です、それにしてもいつも私が話題にする時代のくるまに比べれば20万キロ以上も余裕で走れるなんて、凄いことですね。
 バイクだってそうですよ、でも40年代のベンリーでも配線がぼろぼろになったなんて話は聞いたことありませんよね。

 確かに外国製のパーツを使う場合にはよくよく気をつけていただきたいものです、でも日本の検査基準は厳しい、はず、ですから・・・、

 私が使っている外国製品と言えば、ブラウンのひげそり、これはよく切れますが音と振動が凄いんです、壊れるときはスイッチなどのプラスチックの部分が振動で割れてしまいます。
 iPod、今のところ壊れませんが、充電するときは必ずそばにいることにしています、燃えたりしたらかないませんから、でもね、パソコンのパーツはほとんど外国製なんですよね、だから日本製のコンデンサを使っているマザーボードや電源ユニットは上等で少しお高いんです。
 でもメーカー製のパソコンの中身はどうなんでしょうね。

 しばらくblogの更新が出来ていませんが、昔のバイクのことや軽トラの話、それにCPUが壊れたパソコンの話なども書くつもりですのでまたよってくださいね。

 ところで、42のおじさんの、42,はお歳のことですか、いやですね、私は60です、60はおじいさんですよね、今日も年金のことで社会保険事務所へ行ってきました、同じ年頃の人がたくさん来ていましたね、あまりに混んでいたので明日またいきます。
Posted by 健太朗 at 2009年12月25日 23:34
連コメですみませんが、あ、『42のおじさん』はバイクサイトのコテハン名で、今現在は満42才です。誕生日を過ぎるごとにコテハンの年を追加しています。でも最近の60才はそんなにお年とは思えないですよ。後期高齢者の保険証が来るようになれば、本当に年だと思いますが、パソコンを使いこなして、ブログまでされているのですから、まだまだお若いのではないでしょうか。

 話は変わりますが以前聞いた話ですと、富士通製?だったのでしょうか、2001年か02年頃だったと思いますが、マザーボードとかにあちら製の電解コンデンサーを使ったらしく、故障が相次ぎ保障期間修理が殺到して、それにより決算が赤字になったと聞いた記憶があります。

 私のパソコンも5年前は初心者で製作スキルがなかった頃、詳しい人にアドバイスをもらいながら、当時最新鋭のLGA775・925EXマザー使用のディスクトップ、デルDimension8400をBTOで購入しました。が、使っているうちにそのPCのマザーの電解コンデンサーの1個の頭がふくれあがりました。  

 液漏れまではいっていなかったので、膨らんだ頭の部分を手で押し込めましたが、その後4年以上問題なく使っております。マザーボード自体がデル専用品で、専用CPUファンの予備も、故障しないと売ってくれないので嫌気がさし、いずれ故障することを予期し、つい2ヶ月ほど前に最新の構成によるPCを自作しました。もちろん大きな筐体のディスクトップ型です。マザーは日本製固体型コンデンサーをすべてに使っている、ギガバイトのEP45-UD3Rをチョィスしました。

 メーカー製PCみたいにスリム型ばかりだと放熱が悪く、電源・ハードディスクの破損も含め、故障は結構多いのではないかと思います。
Posted by 42のおじさん at 2009年12月26日 23:01
健太朗です。
42のおじさん、いろいろおもしろいお話をありがとうございます。

 私も以前、 「私のパソコン その9 Kal-El4世計画 」でコンデンサが液漏れした話を書きましたが、これはもう組んでから6年もたっていましたのであきらめました。
 必ずしも外国製だからだめと言うことはないと思いますが、日本の工業技術はたいしたものです。

 最近小さなキューブ型の筐体を使ってWindows7用のパソコンを作りたい、なんて考えているのですが、Atomでは気に入らないのでやっぱり放熱の問題が解決出来ないと無理がありますね。
 じっくり煮詰めてからにしましょうか。

 またよろしくお願いします。
Posted by 健太朗 at 2009年12月27日 22:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック