2008年06月30日

Kal-El4世・CPU

 CPUはKal-El2世 で使っていたPentinm4 530Jが余っているので、とりあえずこれを使って、近い将来Core2に換装する計画とする。 


Cimg1453

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この530JはPrescottコア初期の04Aというステッピングのもので、非常に熱いCPUなのだ。(そのはずだった)
 事実2世のASUSマザーでは夏場70℃位まで上がり、対策に苦労させられた。その経験から今回もある程度覚悟していたのだが・・・。

 GIGAのGA-G33M-DS2Rマザーとビッグタイフーンというクーラーの組み合わせで組んだところ。
Cimg1454

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 CPUクーラーファンが回らない?
 一瞬慌てたが、BIOSで確認すると、デフォルトでCPUが40℃になるまでCPUファンが回らない、40℃を超えると900rpm前後でゆるゆると廻るので非常に静かなのだ。

 で、40℃でファンが回るとどんどんCPU温度が下がってゆく、室温27℃でも35℃になるまで数分、またファンが止まってしまう。
 ケースに組み付けて蓋をするとさすがにファンが止まるということはないが、40℃を切ったところでアイドリングとなる。試しにスーパーπを1時間連続してかけてみたが46℃を超えることがなかった。

 2世のASUSマザーではぶんぶんファンが回っていてもどんどん温度が上がっていったのが嘘のようだ。
 CPUとクーラーは何も変わっていないのだからよほどマザーの冷却がよいのか、それとも単に温度表示が低めなのか、よくわからない。

 ともかく、CPUファンが900rpm前後、背面排気ファンも同程度、前面吸気ファンだけが1200rpm前後で廻っている状態では、Kal-El3世の12cmファンより静かなのだ。

 ちなみにスーパーπの成績は、104万桁で44秒だった、2世が3.0GHzで50秒、3.3GHz41秒だったので、マザーの性能がよくわかる。ちなみに3世のC2D E6300 は1.86GHZで41秒、デュアルコアの差は大きい。

 これならWindows Vistaをインストールしてもけっこういけるかもしれない。

posted by 健太朗 at 22:23| Comment(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください