2008年06月19日

Kal-El4世・マザーボード

 私のパソコン・その1から9までで今まで使った、そして自作したPCの事共をはしょりながら書いてきたが、ここからは現在、リアルタイムである。
 Kal-El3世をメインに、初代Kal-Elをサブに使っているが、先日初代のマザーに異常を発見、この機会にこれをリニューアルして4世とすることにした。


          Gag33mds2r

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずマザーボード選びで先日から悩んでいたのだが、GIGABYTEのGA-G33M-DS2Rを使うことに決めた。初代と同じマイクロATXマザーだ。
 Vistaをインストールする最低の条件としてG33チップセットは必要だ、そしてICH9R、旧式のマイクロケースでもRAIDが組める辺りを実証してみたい。
 intel最新の45nmプロセスのWolfdaleCPUやクワッドコアも使えるが、とりあえずKal-El3世で使っていたPrescottコアのPentinm4 530Jを使うことにする。そしてその他のパーツも今あるものでまかなうことにする。

 非常にアンバランスだが、追々完成させてゆくのが自作の醍醐味というものだ。

  (本当はふところが忙しいだけ(笑))

posted by 健太朗 at 22:27| Comment(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください