2008年06月05日

私のパソコン その9 Kal-El4世計画

                                                                                       

Cimg1472

 

 

コンデンサーが大変

 

 

 

 

  KalEl3世が非常に安定していてトラブルフリーなのはよいが、そろそろ自作魂というのが退屈してきている。PC雑誌を読みふけっては次回作品の計画を立て、ため息をついている今日この頃だ。

 時々しか使わないが、サブ機となっている初代Kal-El、845Gチップセットとセレロンはノースウッドの2.6GHz、Core2Duoの3世に比べるとさすがに遅い。これでもすごいと目を輝かせた時代があったのだ。

 これが最近、妙なエラーメッセージがほんの一瞬現れては消える、という現象に悩まされている。一瞬だから読めないしPauseすることも出来ない。動作そのものには差し支えないがちょっと気になっていた。

 で、この前の日曜日、ファンの掃除でもと思って久しぶりに箱の中をのぞいてみた。そこで見つけたのがコンデンサーのふくらみと液漏れ。
 犯人はこいつだ。直感的にそう思った。

 

誰でもわかるがな!?(笑)


CPUのすぐ横にある少し大きめのコンデンサー、おそらくVRMの一部だろう。

いよいよKalEl4世計画を実行するときが来たようだ。
 しかし考えてみればいま小遣いに余裕はない。まずは手持ちのパーツを極力使って、でも今ならWindows Vistaを目指すべきだろう。Vistaを目指すならそこそこのスペックが必要だ。
 さあどうする。

posted by 健太朗 at 23:09| Comment(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください