2008年04月29日

社長さんのグロリヤ

                              

Photo_4 3代目グロリヤ 

  A30型

 

 同業者から聞いた話、ちょっと年配でもう50年もマニュアルトランスミッション車に乗ってる人から電話があって、あるデーラーへクルマを見に行ったら明日中に契約するように言われたがどうだろう、というのだ。
 このデーラーの販売車にはMT車の乗用車がなく、どうやらライトバンを奨められた様子。
 聞けばどうしてもオートマチックには乗りたくないとおっしゃる、とりあえずちょっと待ってくださいと探してみれば別のメーカーのセダンにはMT車があった。
 と言うのだ。

 このデーラーの姿勢には問題ありだが、それほどクラッチの付いたクルマが少なくなったと言うことなのだ。

 そういえば以前はクラッチの修理は頻繁にやったが、近頃すっかりなくなってしまった。
 クラッチで思い出す話は沢山あるが、これもちょっとご年配の顧客でプラスチックの会社の社長さんの話だ。

 3代目グロリヤが発売された昭和42年、早速新型車をこの社長さんに納車した。
 グロリヤは、ロイヤルルックと呼ばれ、縦4灯のヘッドライトが特徴だ。

 プリンスという自動車メーカーは昭和43年、日産に吸収合併させられた。
 させられた、というのは時の政府の思惑で、日本の自動車メーカーを2つか3つに整理統合しようとしていたのだ。

 その第1弾としてプリンスに白羽の矢が立ったと言うことだった。
 そのプリンスの最後の作品がこのA30グロリヤだ。いや、最後の市販車だ。

 今上天皇陛下は皇太子時代、プリンスの愛好家だった。葉山や軽井沢ではご自分で運転されたらしい。
 皇室のロールスロイスやグロッサーメルセデスに替わる公式御料車になる国産リムジンが、プリンスロイヤルだ。

 だがこの国産初の本格リムジンが、宮内庁に納入されたのはプリンスが日産と合併した後だったから、これがおそらくプリンス自動車最後の作品だろう。
 このロイヤルのデザイン基調はグロリヤA30型のものにそろえられているのだ。つまり天皇陛下のロイヤルと社長さんのグロリヤは兄弟のようなものだ。

 まぁ、それがどうしたといえばそれまでの話しだ。


 ところがロイヤルには、市販されることのなかったプリンス製のATが搭載されているのだが、グロリヤはクラッチの付いたMTなのだ。

 社長さんにグロリヤが納入されてちょうど一週間目、クラッチが壊れたからすぐ来てくれ、との電話がかかった。

 急いでいって見るとグロリヤのクラッチは完全に滑っていた。

 つまりギヤを入れてクラッチを放しても、エンストしない動かない、の状態だ。そしてなんだか焦げ臭い匂いが漂っている。


 当時まだまだ新米の私にも事の次第は読めた。
 社長さんは約50mの距離を半クラッチのまま急いでバックしたというのだ。
 社長さんは急いでと言われたが、ぶぅんぶんとエンジン音を轟かせながらよたよたとバックする姿が容易に想像できた。

 もちろんこれは新車保証もきかず、私の手で真新しいミッションをおろしてクラッチ板を交換することになったのだ。

 果たしてこのクラッチ板は熱のため七色に変色し、ライニングは粉々に割れていた。

 クラッチとはこのように弱いものだ。

 

 と思っていたらその後、このクルマに社長さんが4年3万キロ、下取りして次のオーナーが4年5万キロ、一回もクラッチの故障はなかったのだから、クラッチとはこのように強いもの。

 とも云えるのである

posted by 健太朗 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | プリンスの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック