2008年03月24日

ラウムのカーナビ マップオンデマンド

                Photo_7          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カーナビを永く使っていると、地図データが古くなって山の中や田んぼの真ん中を走ってゆくという珍現象が、たびたび起こるようになる。
 地図のCDを時々交換すればよいのだが、けっこう高価なので、前のラウムでは途中、地方版を一回交換しただけだった。

 そこで今度のラウムはマップオンデマンドというシステムが使えるものを選んだ。
 マップオンデマンドは、トヨタのサイトからダウンロードした地図データをCD-Rに焼いて差分更新するものだ。

 最近、新名神や京都高速が開通しているので早速やってみた。

 G-BOOKのサイトではGAZOOのPWでログイン、京都府、滋賀県、三重県を選んでダウンロード、西武ドームの名称変更や道央自動車道の変更などもセットで付いてくる。

 これをCDに焼くとたった3メガほどだ、そしてCDをカーナビに入れて読み込ませるのは数十秒だ。
 しかしナビがインストールするにはなんと4時間もかかった。

 説明書きには初回は数時間かかると書いてあったが、これがPCならローエンドのエントリーPCでも1分以内だろう、ナビというコンピューターの性能はこんなものだ。

 この最新の地図データを手に入れるのはこれから3年間は無料だ、ちょっとした手間とCDメディア1枚用意すればよい。
 そしてその後、例えば1年ほど我慢して最新版の地図データを購入すればまたそれから2年間無料で更新できる。

 それをもう一回繰り返せばおよそ10年、最新の地図でドライブできる、というのである。

 但し、それまでこの機種の地図データが更新できるかどうか保証がないし、HDDは決して強いものではないそうだ。
 でもこれは非常に便利なシステムだと思う。 

 だが、どうだろう、PCのアプリケーションソフトでは無料アップデートは当たり前、カーナビもせっかくHDDを使うようになったのだから、そしてこんなに高価なのだから、アップデートはずっと無料にしてほしいものだ。

 ところで、ラウムはオーディオレスが標準である、しかしアンテナとスピーカーは付いてくる。
 何らかのオーディオを選んで追加料金を払って付けなければならない。


 このシステムがよいか悪いかは人による、音楽など滅多に聴かないという人にとっては車両代プラスオーディオ代だから不満が残るかもしれない。


 で、私はHDDナビと地デジチューナーを選んだ。取り付け工賃を含めておよそ30万、初めて買ったPCが10年前で30万、これにはプリンターもスキャナーもラックまで付いてのお値段だ。
 今なら半分くらいで買えるだろう、自作ならもっと安く出来る方法もある。

 カーナビもこれだけ普及しているのだから、もう少しお安くしていただいても良いのではないでしょうか、と思った次第である。

posted by 健太朗 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カーナビの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック