2008年03月04日

スバルの誕生日

 今日、3月3日はスバルブランドの50周年になるそうだ。
http://response.jp/issue/2008/0303/article106454_1.html
 この記事にある写真のこの部分、これが何かというと、フリクションダンパーというショックアブソーバだ。


Photo_9  

 今は普通ショックアブソーバというと筒型の細長い形をしている、これは竹の水鉄砲のような構造で、液化ガスの抵抗によって衝撃を和らげているのだ。
 一方フリクションダンパーは、グリスに浸かったドラムブレーキのようなものだ、シューとドラムの抵抗によって衝撃を和らげている。

 この方式を使っていたのは初期のスバル360だけだが、外国ではいくつかの例があるらしい。

 私が乗っていた360もこの方式で、時々グリスアップをしてやらないと、あのふわふわてんとう虫がぎこちなくなり、ついにはぎしぎしと歯ぎしりのような音を出す。

 むかしのクルマは故障じゃなくても手間がかかったのである。 

posted by 健太朗 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スバルの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック