2008年01月28日

追突のK360

K360_0002

 ちょっと恥ずかしいことを告白する。
 「部品工場のミゼット」のページに同僚が事故を起こしたとと書いたが、実は私もやってしまったのだ。
 初めて軽自動車免許を取って三日目に追突事故を起こしてしまった。マツダK360に荷物を満載にして十条通りを走っているときのことである。
 前を走るタクシーが信号で止まったので、私も普通にブレーキを踏んだ。つもりである。だが、この軽三輪車の後ろブレーキは見事にロックして、つーと滑ってどすん。


  別に雨が降っていたわけでもなく、路面が凍っていたわけでもない。ましてやよそ見をしてブレーキが遅れたわけでもなく、普通に止まろうとしたのだ。只、K3のブレーキが後ろ二輪にしかなく、非常に非力であると云うことを私が知らなかっただけなのだ。
 まぁスピードが出ていたわけではないので双方ともクルマに傷もなく、またこの時代、むち打ち症などと言う言葉すらなく、ごめんなさいで事なきを得た。

 ミゼットがむかしの軽三輪車の代名詞のようになっているが、実は軽三輪は数え切れないほど沢山あったのだ。三菱レオ、ヂャイアントコニー、日野ハンビー、それにホープスターもあった。
 そしてミゼットと人気を二分していたのがマツダK360だ、600ccのT600もあった。キャビンの後ろに、つまりミッドシップに4サイクルVツイン11馬力を積んで最高速度65Km/h、性能は、特に秀でたものではなかったが、低い重心で抜群に安定性のある車体とそのデザインでケーサンと呼ばれて人気を呼んだ。
 ちなみに軽四輪ボンネットトラックのB360はビーヨンと呼ばれた。

K360 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



古い雑誌にこんなイラストが載っていた。

バックは一文菓子屋の店先だろうか、荷物を積んだK3が荒っぽくカーブしているが、運転手の頭がヘルメットにも見える。ほんとにこんな感じでわがもの顔で走っていたK3の姿がよく現れている。

 

 V型2気筒エンジンは、R360クーペにも載っていたがオート三輪ではよく使われていたそうだ。だがおそらくこのマツダのVツインが二輪を除けば世界で最後のVツインだろう、世界の乗用車ではモーガン・スリーホイラーが有名だがもっとむかしの話だ。

 三輪車の運転免許は16歳で取ることが出来た、つまり三輪車そのものはオートバイから発展してきたものだ。

 だからバーハンドルの三輪車はオートバイのようにエンジンをまたいで運転するのだ。
 これが丸ハンドルに進化してもまだエンジンの位置は同じ場所にあったから小型三輪はともかく軽のミゼットなどの足下はずいぶん窮屈だった。
 k360はその点ゆったりとしていた、なにしろキャビンと荷台のわずかな隙間にシリンダを立て、潤滑をドライサンプにすることによって、ほとんどキャビンの空間を犠牲にしていないのである。

 

K36002blog 

 

 

 

 

 

(後期型の運転席とチェンジレバーそれに助手席下のオイルタンク)

 エンジンオイルのタンクは助手席のシート下にあった、そしてオイルフィルターは今のようなカートリッジでもなく濾紙式でもなく、分解して洗浄するタイプだ。数枚の円盤にスラッジが吸着してこてこてになっているものを洗い油につけて洗った記憶がある。

 ミッションは3速、チェンジレバーは助手席下のオイルタンク横から生えていてぐにゃっと曲がった形の、長いレバーだ。
 ローはほとんど助手の膝上辺りまで引き上げて後ろにこつん、セカンドとトップは運転手の膝裏でこつこつとやる、シンクロメッシュというものが全くないのでダブルクラッチは自然に上達する。

 そのペダルは床から生えていたが、後期型は吊り下げ式に変わった。
 それと同時に窓がスライド式から引き上げ式に、これは透明のアクリル板を持ち上げて上のクリップに引っかけるものだ。
 フラッシャレバーはダッシュボード上のダイヤルだったものがコラムから生えるレバー式に変わった。当然オートリターンはまだ無い。またホーンスイッチはコラムから生えたヘッドライトスイッチを横から押す、ルノーのようなタイプだったものが普通のハンドルのセンターを押すタイプに変わり、ヘッドライトスイッチもレバーになった。
 私が以前勤めていた自動車屋に付属した部品工場では前期方と後期型があったのでよく覚えている。
 K360を知らない人には私のこの文章ではおわかりいただけないと思うが想像力を働かしてみていただきたい。

 ある夏の暑い日のこと、甲子園球場近くにあったダイハツの工場へ納品に行った帰り道、実はこの日大量の返品を食らって、前期型のK360の荷台は300Kgの積載量オーバーで走っていた。
 箕面の辺りであったろうか、長いだらだらとした上り坂、171号線は当時片側一車線だった。11馬力のK3にとってはつらい道のりだった。アクセルをいっぱい踏みつけても30キロくらいでばたばたよたよたと登っていた。
 突然、後ろから押されるような衝撃がどすんと来た。
 ルームミラーはない、右側のヘッドライトの上にスクーターのようなバックミラーがひとつあるだけだ、そのバックミラーいっぱいにトラックのフロントグリルが映っていた。
 追突されたのだ。

 その場にクルマを停めて降りてゆくと、ふそうの大きなボンネット型トラックだ、

「もっとはよ走らんかえ」
「これ以上出えへんにゃさかい、しゃあないやんけ」
「ほな、よけたらんけぇ、辛気くさい」
「ぶつからんでもええやろ」
「すまん」

 その後も決して道を譲ることもなく、かといって無理に追い越されることもなく、小さなK3と大きなトラックは道路が広くなるまでのんびりと走っていった。
 大きなトラックと言ったってせいぜい60馬力に2.5トンもの荷物を積んでいるのだから・・・。  

posted by 健太朗 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽トラの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック