2020年07月11日

時代を駆け抜けたダイハツbee

無題09.bmp

 今回紹介するのは国産車では数少ない三輪乗用車で、一番有名であろうという、ダイハツのbeeというクルマです。

Bee_02.jpg 私がまだ赤ちゃんの頃にたった1年だけ、しかも80台しか作られなかった超レア車であって、もちろん私も見たことも乗ったこともない、そして一度は乗ってみたいと思うクルマです。


 世界最初のガソリンエンジン自動車といえば、ベンツ・パテント・モトールヴァーゲンという三輪車でした。

 その後、欧州ではバブルカーと呼ばれた超小型車に三輪乗用車が多くありました、モーガンスリーホイラーやBMWイセッタがそうで、他にもメッサーシュミット、ボンド、リライアントなど、多く出現しました。

 日本では戦後から1950年代、国産自動車の黎明期には三輪トラックは日本の国民車的な発展を遂げましたが、三輪乗用車は成功した例がありません。

 そして初期の軽自動車には、ポピュラーN4 ライトポニーCM DSKキャビンサイドカー ハンビーサリー フジキャビンなどの三輪乗用車がありましたがいずれも商業的に成功したとは言いがたいようです。

ポピュラーN4-02.jpg

 ポピュラーN4、名初自動車がS31年に発表した三輪乗用車です、先進的な丸っこいデザインで後輪はダブルタイヤになっています、エンジンは2サイクル2気筒360cc前輪駆動、しかし残念ながら少数の試作に終わりました。


Bee-09.jpg

 そんな中でダイハツbeeは小型4座セダンであり、関西地方(おそらく大阪や京都)でタクシーとして使われたというますから、台数は少ないが立派に量産されたクルマなのです。

Bee-013.jpg

 台数は一説には400台作られたとも言われるなど諸説ありますが、製造したダイハツにも正確にはわからないのでしょうか。

Bee_04.jpg 床から生えたブレーキとクラッチペダル、長ーいチェンジレバー、細いハンドル、床にあるディマースイッチ、それに滑りそうなビニールシート、どれも懐かしいかぎりです。

 また、1年で撤退したわけとは、前サスペンションや駆動装置の耐久性に問題があったからだと言いますから、まだ製造技術や材質が充分ではなかった時代を駆け抜けたクルマだとも言えるのではないでしょうか。

 しかし、これら時代を駆け抜けたクルマたちも商業的には成功しなかったとしても、その発想や技術は現代のクルマたちの基礎的な部分として生きているのではないかと思います。

Bee_03.jpg

 ダブルウイッシュボーンの独立懸架をRRで駆動するのは、空冷水平対向2気筒804cc頭上弁式エンジンで、ツインキャブは恐らくミクニ製、金属製の弁当箱みたいのはエアクリーナー、その裏のオイルポンプからオイルホースが見えます、エンジン上のパイプはプッシュロッドのようです。

 発電機は6Vの(オルタネーターではなく)ジェネレーターです、ワイヤーで動かすセルモーターも見えます。

Bee-07.jpg こちらの写真は現存車唯一の実動車のものです、ドライサンプ潤滑方式のオイルタンクとオイルポンプが見える、その上のジェネレーターはベルト駆動ではなくギヤかチェーンでしょうか、エアクリーナーも原始的なものですね、悪路で砂やほこりを巻き上げられたらきついですね。

バッテリーは12Vにも見えます、クランクハンドルも使えるようです。

Bee_05.jpg

Bee-08.jpg

 フロントはリーディングアームの先端が可動する構造のようです、リヤは独立懸架だから乗り心地は良いでしょうが、前輪の切れ角が大きくとれないでしょうから三輪トラックのように小回りは利かないだろうと思います。

Bee-012.jpg

Bee-010.jpg
 このスタイルはユニークで美しいですね、こんなクルマが高度成長期を目前にしたあの時代の寵児となれなかったのは実に惜しいと私は思うのであります。



デイヴィス・ディバン03.jpg

 ちょうど同じような時代にbeeと同じような発想のクルマがあったそうです、デイヴィス・ディバンという三輪車です、これも非常に美しいコンバーチブルでこちらは4気筒FRでbeeよりかなり大きなクルマです、ベンチシートに大のアメリカン女性が4人並んで座って少し窮屈かな、という大きさです。

デイヴィス・ディバン02.jpg

 このクルマも販売のためにディーラーまで整備して結局、製造技術の問題で量産にまで漕ぎ着けられなかったクルマです。

















posted by 健太朗 at 14:37| 京都 ☁| Comment(0) | ダイハツの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする