コンソルソ・デレガンツァ京都2018 その拾弐

 我ながら夢中になってコンソルソ・デレガンツァ京都2018のことを話していたら、もう12回目になってしまいました。

 いいかげん、イタリアから日本に戻ってきてこの展示会にたった2台だけ展示されていた国産車の話をして最終回にしたいと思います。

 その2台とは外国でもその名が通っているダットサンです。

datsun-poster-2.jpg
 ダットサンのルーツ、快進社自動車工場は1911年(明治44)九州の崎戸炭鉱所長だった橋本増治郎によって吉田茂の所有地だった東京広尾で創業されます。
改新社脱兎号1916.jpg

 そしてその3年後の大正3年、東京大正博覧会に脱兎号が出品されます、V型2気筒10馬力3人乗りというクルマで、我が国初の純国産自動車として表彰を受けます。
 脱兎とは快進社の支援者であった田健治郎、青山禄郎、竹内明太郎の頭文字D、A、Tを採ったもので、非常に速いことの例えで「脱兎のごとく」にかけて名付けられました。

ダットソン広告.jpg

 快進社はダット自動車製造を創立します、さらに昭和5年、脱兎号の車名をダットソンとします、しかしダットソンの生産・販売には多くの資金が必要なため、ダット自動車製造では耐えきれず、親会社である改新社は手放すことを決意。昭和6年、鮎川義介の戸畑鋳物が買収というかたちで合併、戸畑鋳物は東京での販売拠点として昭和7年、銀座にダット自動車商会を開きます、ところがその開店準備中に店舗が洪水に見舞われます、そのとき、ちまたでは「ダットソンのソンは損に通じる」といううわさが立ち、日の出の勢いを意味して太陽の サンに変え、ここにダットサンの名前が生まれたという逸話があります。

 そしてこの時から社名を日産自動車へ変更、ダットサンは主にニッサンの小型車のブランド名となりました。

 ダットサンはこうして誕生しましたが、現在、動態で保存されているものはニッサン・ヘリテージにあるダットサン14型フェートンだと公式には言われています、でもネットにはもっと古い11型の、更には脱兎号1号車の写真も見られます。

DC3-01.jpg

 今回コンソルソ・デレガンツァ京都2018で展示されていたダットサン・スポーツ DC-3ですが、スポーツカーと位置づけされたダットサンの最初の作品だと思われます、つまりこれがフェアレディのルーツです。

DC3-02.jpg

 DC-3は昭和27年から29年まで50台程度生産され、はしご形フレームに太田祐一デザインのボディを載せ、バルクヘッドより後はセダンにもトラックにもなる構造です、そこに水冷直列4気筒サイドバルブ860ccエンジンを搭載して4人乗りスポーツカーに仕立てたクルマです、馬力などは判りませんが全長3510mmですから今の軽自動車くらいで、750kgの車体を80km/hで走らせる性能を持っていました。

DC3-04.jpg

 展示車のクリームとグリーンというボディの洒落た色使いは大方の古いクルマに対するイメージを好転させるものではないでしょうか、こんなクルマが自分のガレージの隅っこにあったらいいな、なんて夢のようなことを考えてしまいました。

DC3-03.jpg

フェアレディ01.jpg

 さてDC-3 の後継車はS210型ダットサン・スポーツ1000で昭和32年に発表された4人乗りのオープンカーです、シャシはダットサンセダン211型から流用したラダーフレームで4輪リーフリジットに4輪ドラムブレーキ、エンジンはトラックやセダンと同じC型OHV988 cc にツーバレルキャブレターを装着、34馬力を発生して最高速度は115 km/hと発表されています。

フェアレディ03.jpg

 実はこれはDC-3の隣に展示してあったダットサンフェアレデー1200SPL212とは同じクルマなのです、そしてこれこそが初代フェアレディなのです。ただし当時の表記はフェアレデーでした。

フェアレディ04.jpg

 S211はボディにFRPを使っていましたがSPL212はスチールに換わっています、シャシは同じですが、前輪はダブルウィッシュボンの独立懸架、エンジンはE型OHV1,189cc換装され、48馬力最高速度は132km/hとなっています。

フェアレディ05.jpg

 SPLのLが示すとおりこのクルマは輸出用ですべて左ハンドルでしたが数台はそのまま国内でも販売されたようです。

フェアレディ06.jpg

 恐らくMGなどの欧州製スポーツカーがモデルになったのでしょうが、それほど洗練されたものではなかったのでしょう、昭和35年37年までの生産台数は500台ほどに留まりました。

フェアレディ02.jpg

 ちなみにフェアレディの名はミュージカル映画「マイ・フェア・レディ」から、当時の川又克二社長が命名したものといわれています。

フェアレディ07.jpg

 このような国産クラシックカーは貴重な文化財、工業製品技術遺産ですから、国を挙げて末永く守っていってほしいものだと感じます。

フェアレディ09.jpg

コンコルソデレガンツァ京都 2018 その拾壱

 アルファ ロメオは2012年、ジュネーブ・モーターショーにコーチビルダー、トゥーリング・スーパーレッジェーラの作品として、ディスコ・ヴォランテ 2012、を出展しました。

 その名の通りこれは1952年に数台しか作られなかった、あの1900C52クーペ・ディスコ・ヴォランテをオマージュする作品です。

DV8C.jpg

 スーパーレッジェーラというのはカロッツェリア・トゥーリングが編み出した車体構造のことで、極細い鋼管で骨格を造り、薄い金属で覆って強いボディを作り上げるという方法です。

 トゥーリングは1930年代から1960年代にかけて、この工法を用いた優れた名車を沢山生み出しました、その中には1952年アルファ ロメオ6C1900を土台にしたアルファ ロメオ 1900 C52ディスコ・ヴォランテがあったわけです。

 スーパーレッジェーラ構造は、任意のデザインのボディを軽量に造れるというのが特長でありましたが、大量生産には対応できませんでした。

 1960年代には多くの自動車メーカーがモノコック構造のフレームを採用するようになると、もちろんメーカー自社工場で製造する事になりますから、カロッツェリア・トゥーリングは1966年操業停止を余儀なくされます。

 しかしトゥーリングの職人達はミラノ郊外のカロッツェリア・マラッツィに移りこの工法を守って名車を作り続けます。

 マラッツィとしてはトゥーリングとスーパーレッジェーラの商標をうけついで守り続けていたのでしたが2006年、ゼータ・ヨーロッパ・グループに継承され、トゥーリング・スーパーレッジェーラ社として復活します、新たに発表されたディスコ・ヴォランテ 2012は、この新生トゥーリング・スーパーレッジェーラ社による作品です。

DV8C03.jpg

 ベースは2006年500台の限定で販売された、アルファ ロメオ8C コンペティツィオーネです、4,691ccV型8気筒マセラティ用のエンジンで、スペースフレーム・シャシーに、ミラノの職人達が手作業手叩きのアルミニウム製ボディを架装していますが、フロント・スポイラーやディフューザーには、部分的にカーボンファイバーも使用されているそうです。

DV8C04.jpg

 ここでタイム! アルファロメオでは4Cまたは6Cや8Cといった名称が使われますが、このCはシリンダーのことで、つまり4気筒や8気筒というような意味です。

DV8C02.jpg

 さて8Cディスコヴォランテはたった8台しか生産されなかったスペシャルカーで、そのうち3台が今回のコンコルソデレガンツァ京都 2018に展示されました、写真の手前、赤いクルマは8台に内最後に造られた1台で、ラスト・オブ・ライン C52 ヴィンテージエディション、の称号が与えられています。

 これらの名車を見ていて気がつくのはフロントフェンダーに描かれている四つ葉のクローバーマークです、これはクアッドリフォリオといってアルファロメオの高性能車にはこのマークをエンブレムとして付けていますが、C52と8Cの3台には直接描かれていました。

DVクアドリフォリオ03.jpg

 1923年タルガフローリオに出場したウーゴ・シボッチというドライバーが幸運を呼ぶシンボルとして付けていたもので、、あまりの強さに「四葉のクローバーの恐怖」と呼ばれたことが由来だそうです。

 ちなみにアルファロメオの新車、クアドリフォリオというクルマも展示してありました。


 そしてC52ディスコヴォランテをお手本にしてミッレミリアに参戦する為に開発したレース専用モデルがあります。

DVパナール01.jpg

 それがパナール・ジルコ・ディスコ・ヴォランテ・バイ・コッリ"ミッレミリア"です。

DVパナール02.jpg

 このクルマのプレートには「ミッレミリアなどのレースの勝つために車を開発していたパナールが、1952年に発表されたアルファロメオ ディスコ ヴォランテのデザインに惚れ込んで、カロッツェリア コッリ依頼しこのボディが完成された。」とあります。

DVパナール03.jpg

 あるサイトには、「アルファ ロメオの販売店、クレパルディ社がパナールのコンポーネンツを使用してカロッツェリア・コッリが製作させたワンオフレーサーである。」という記事がありました。

 この記事によると、ベースはパナールディナxと言うクルマ、戦後パナールの第一号モデルでアルミを多用したセミモノコックのユニークなデザインのボディに空冷水平対向2気筒エンジンを搭載したクルマです、ですからC52ディスコボランテの6気筒1900ccと2気筒760cc50馬力とは較べられませんし、デザインもちょっとフランス的なダサさがありますが、こちらは1952年から3年間、実際にミッレミリアに出場してクラス優勝を飾っています。

Panhard_Dyna_X_86_4-Door_Sedan_1951.jpg

 私たち現代のクルマを見慣れたものには、C52やパナールはともすれば異様なデザインに見えることもありますが、それをオマージュした現代のディスコボランテは、遊び心がある見とれるほど美しいクルマでした、これら新旧の名車はもしかしたらもう二度とこの目で見ることは出来ないかもしれないクルマたちです、それを柵さえない間近でみられ、さわることも出来たのですから本当に幸せでした。


posted by 健太朗 at 15:36京都 ☔Comment(0)外車の話

コンコルソ・デレガンツァ京都 2018 その拾

 今回の審査委員長はランボルギーニ博物館学芸員アントニオ・ギーニ氏、彼が主催者である木村英智氏について、日本のとても素晴らしいアーティストだ、彼はビジネスマンであり 情熱を持っている人でもあり、まさにイタリアのルネッサンス時の芸術家を支えた貴族のような人だ、と仰ったそうです。

 そして、そういった彼が行うイベントに我々は何を持っていくことが出来るのかを考えた結果、奥様のアイディアで我々が誇るイタリアの建築家、ジオ・ポンティがデザインしたプレートをプレゼントすることにした。過去の歴史を現代に受け継がれた素晴らしい作品で、日本が誇る京都の素晴らしい伝統を表すコンクールに敬意を表したものでもある、といってサプライズでプレゼントされたそうです。

 木村英智氏はそれに対し、好きなものに囲まれて幸せではあるが、いろいろな人を巻き込んだり、お金がかかったりすることで辛いことがあったが、このサプライズとコメントで報われた気がした、と感動し目には涙さえ見せられた。

 そして素晴らしいのは、FCAヘリテージから1900C52クーペと、そのC52をオマージュしたディスコヴォランテ2012、それに最新型のジュリア・クアドリフォリオの新旧の名車を展示されたことです。
 ジュリア・クアドリフォリオの名称はC52のフェンダーにも付いている四つ葉のクローバーのエンブレムから来ています。
 1920年代、レーシングドライバーのウーゴ・シボッチが幸運の印として車両に描いて優勝したのが始まりで以降、アルファロメオの高性能車にはクアドリフォリオマークが付いています。

C52ディスコボランテ01.jpg

 FCA(フィアット・クライスラー・オールズモビルズ)はフィアット・アバルト・ランチャ・アルファロメオ・クライスラー・ジープの他、マセラティ・フェラーリ・イヴェコなどのブランドを持つイタリア最大の企業です、そのヘリテージ部門もそれぞれのブランドの傑作車と博物館を持つ部署で、ディスコ・ヴォランテ(空飛ぶ円盤)と呼ばれる1900C52クーぺはミラノのアルファロメオ歴史博物館に保管されている、現存するただ1台の貴重なクルマです。

C52ディスコボランテ02.jpg

 このクルマは先述の1900CSSと同じシャシにトゥーリング社のジョアッキーノ・コロンボが手がけたボディを架装したクルマで、ディスコ・ヴォランテの由来となったデザインは空力研究の成果と航空機からのアイデアを取り入れたデザインでホイールの上に突き出た翼のようなデザインが空飛ぶ円盤の名の通り宇宙船を思い浮かべさせます、排気量1997ccのDOHC6気筒エンジンは軽合金のクランクケース、シリンダーヘッド、ダブルカムシャフト、シングルインジェクターが採用され158馬力僅か735kgの車体を220km/hで走らせました。

C52ディスコボランテ04.jpg

 そして1900C52はクーペが1台、スパイダーが1台、ボディをを全体にスリムにしたスパイダーが1台、さらにスパイダーに6C3000の機構を搭載したモデルが2台の、合計5台のみが製造されました。

C52ディスコボランテ03.jpg

 最初に造られたのは文字通りUFOを思わせるスパイダーでしたが、これはテスト走行中、高速では車体がリフトしてしまうという欠陥がありました、空力上の問題です。

C52ディスコボランテ05.jpg

 そこでトゥーリングはこの問題を解決するため急遽クーペボディを製作しました、それが今回コンソルソ・デレガンツァ京都で展示された1900C52クーぺです、イギリスのジャガーEタイプクーペにも似ていますが、やはりスパイダーがオリジナルデザインですのでよく見るとどこか違和感を感じますがそれはそれでスポーツカーらしい美しさがあります、一時期のスーパーカーと呼ばれた宇宙的なデザインのスポーツカーと相通ずるところがあるように感じます。

C52ディスコボランテ06.jpg

 しかし残念ながらレース用に設計されたC52でしたが、結局レースに出場することはなかったと言うことです。

posted by 健太朗 at 19:53京都 ☁Comment(0)外車の話