2017年12月21日

カタログコレクションから・プリンス スカイウエイ

スカイウエイ01.jpg

プリンススカイウエイは初代スカイラインのバン、ピックアップトラックでトヨタのマスターラインやコロナラインと同じような感覚で付けられた名前で、航空路線と言うような意味でしょうか、当時の夢やあこがれをを象徴したような名前ですね。

当時のプリンスの商業車には、クリッパー、マイラーなどがありましたがどちらも準トラックでスカイウエイだけが乗用車をベースにしたもので6人乗りでした。

スカイウエイ03.jpg
ビジネスは・・・・500kg積のコマーシャルカー

今回紹介するカタログは昭和37年のマイナーチェンジ版で1900ccエンジンとヘッドライトが4灯になったものです。

スカイウエイ11.jpg
スカイウエイ1900ピックアップ

この時代の乗用車ベースの商用車はできる限り乗用車のデザインを生かしたままにバンやピックアップに仕上げていることで、スカイウエイの場合、ライトバンやピックアップであること以外にはスカイラインと変りはありませんが、テールフィンはむしろセダンより大きく、その先端にはストップランプやフラッシャー兼用のテールランプがあり、内容積よりデザインを優先していることが判ります。

スカイウエイ08.jpg
レジャーには・・・・楽しい六人乗りの乗用車として

今ではもう乗用車と同じデザインのライトバンはほとんど見られなくなりましたが、この頃は商用車でも低く長くの時代です、と言っても全高は1570mmは決して低くはないですよね。

スカイウエイ02.jpg
スカイウエイ1900ライトバン

今の時代から見ればその存在意義が判りませんが、2ドアライトバンもありました。

スカイウエイ05.jpgスカイウエイ06.jpg
安全に沢山積める

そしてテールドアは上下に開く2枚ドアで、ガス封入式のダンパーが出来るまではこのような2枚ドアが普通でした。

スカイウエイ04.jpg

私の印象ではやたらハンドルが重くトラック並みの打ち掛けハンドルも当たり前でした、そしてクラッチも重くブレーキは思い切り踏まなければききませんので足は疲れますが、ギヤは2速発進で充分ですし上手く回転をあわせばクラッチを踏まずにギヤシフトも可能でした、まあこの時代はこんな運転法がまかり通っていたのです。

スカイウエイ07.jpg
スカイウエイライトバンは《トランクの大きい乗用車》です。

ベンチシートの六人乗り、標準ではカーゴルームにはマットも敷いてありません。

スカイウエイ12.jpg
ダッシュが強く、併も実用燃費が優秀なプリンスエンジンの秘密

スカイラインとまったく同じエンジンは水冷4気筒筒上弁式1862cc91馬力、最大トルクは15kg/mですが3500回転で発揮しますので扱いやすいエンジンです。

スカイウエイ13.jpg
乗り心地がよく、しかも悪路に強い ド・ディオン・アクスル

立派でいかにも重たそうな梯子形のフレームの後ろはドデオンアクスルは商用車と言えども乗り心地に貢献しています。

スカイウエイ14.jpg
高い安全性・軽い踏力で素晴らしい制動力、“複動倍力ブレーキ”を採用
複動倍力ブレーキとはデュオサーボのことです。
スカイウエイ09.jpg
美しく、しかも活動的なコマーシャルカー、スカイウエイ・ピックアップは
諸官庁、会社、工場のサービスカー、連絡用車として広い用途が重宝されています。
スカイウエイ10.jpg

 初代スカイウエイは昭和389月にモデルチェンジして2代目スカイラインのライトバン仕様となり、その名もスカイウェイとェの字が小さくなります、ピックアップはなくなり、1枚跳ね上げ式のリアドアを初めて採用し、あのスカイラインGTと同じ顔を持つ近代的なクルマになります、しかしその後なぜか、スカイラインのマイナーチェンジと共にスカイライン・バンと名前を変えました。

スカイウエイ15.jpg

posted by 健太朗 at 21:24| 京都 ☁| Comment(0) | カタログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

くるまマイスター検定、受験!

11月はblogの更新をお休みしました。

SSO-8674_480.jpg

実は先月26日、くるまマイスターという検定試験を受けてみました、そこで、なんと40数年ぶりに受験勉強をしまして、なんだか勝手が分からずあたふたした期間を過ごしていました。


想えば2級整備士の国家試験を受けたのは24歳の年、確かあのときは京都大学の教室をお借りしての受験でして、あのすり鉢みたいな大きな教室で、筆箱に鉛筆と消しゴム、それに鉛筆を削るための小刀を前に置いて答案用紙と格闘していました。

40数年後の今はパソコンの画面とマウスだけで100問の4択問題に回答するという、時代の隔たりを感じながらの受験でした。

もちろんくるまマイスター検定は国家試験ではありませんので、もっと気楽に受けたらよいのですが、「くるま文化の醸成に貢献することを目的としている」、のですからしっかり取り組まなければ、これからクルマ社会で活躍する若い人たちに顔向けが出来ない、と思えば力が入るというものです。


実は私、自動車屋現役時代、マイスターという言葉が好きで、あこがれのようなものがありました。

ドイツではマイスターという制度があって、徒弟制度で実習しながら職業訓練学校にかよい、熟練工になってからさらに上級の学校で勉強してマイスター試験を受けるという難しいもので、それはもう学士レベルだと言われています。

日本では2級ガソリン自動車整備技能検定、略して2級整備士と言いますが一般的には修理工です、メカニックと言うこともありますが、社会的地位は高くありませんし収入も高くありません。


くるまマイスター検定を始めて知ったのは、もう4年前になります、脳梗塞で入院したときに新聞だったか雑誌だったか、もしかしたら家内が持ってきてくれた自動車雑誌だったかもしれません、あの頃はアタマの回路がぐちゃぐちゃでしたからテレビを見ても文章を読んでも理解できませんでしたが、くるまマイスターのことだけは印象に残っていました、しかしそれっきり忘れていたのです。

で、今年の夏、WEBサイトでくるまマイスター検定の記事を読んで、脳梗塞が治ったことを自分に証明するためにも、と決心したわけです。


だがしかし、いざ受験勉強をはじめると「くるまの歴史やモータースポーツその他、具体的な車種名や型式」などが問われ「クルマに関するすべてのジャンルから」出題されるのですから新しいことがなかなか覚えられないこの歳になって、しかし自動車屋の現役を離れて10年近くたって、いまさらムカシの名前で出るのもちょっとナア、と悩みながら、それでも、果敢に挑戦してみました。


まずまず自信を持って回答できたのは半数、悩みながら回答したのがあとの半数、「こんなの知らない」、もいくつかありました。

さて合格できるかどうか、合否の判定は郵送で来るそうです。


posted by 健太朗 at 17:56| 京都 ☀| Comment(0) | 自動車屋のかどで立ち話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする