2017年08月16日

マーキュリー・クーガー

昭和43年、高度成長期のまっただ中、京都の呉服問屋が立ち並ぶ狭い室町通りはいま思うと異常なほどの賑わいを見せ、運送業者や悉皆屋のクルマで絶えず渋滞していました。

ついでですが私たち自動車屋も忙しく、残業は増えるばかり、月給はうなぎ登り?でしたかな。

室町でも勢いのある呉服屋さんは、一本東の大通りである烏丸通りにビルを建てつぎつぎと進出していきました、その中の一軒の呉服問屋の社長さんはそれまで乗っていたセドリックスペシャルに飽き足らず、アメ車の中級車、マーキュリー・コメットに乗り換えをされました。

コメット.jpg

マーキュリー・コメットはフォードの車ですが、リンカーン・コンチネンタルのようなフルサイズではなく、フォード・ファルコンの兄弟車です、と言っても全長5m近くありますから堂々として大きく、当時の国産車に無い大きさですから私たち新米メカニックには、狭い整備工場に入れると作業がしにくいと不人気でした。

ですからコメットの印象は、左ハンドルですのでうっかりしてると市電停留所の安全地帯にぶつかりそうになる、でした。


 そんな折、当時フォードの京都での販売店であった日光社の馴染みのセールスマンがマーキュリークーガーの新車を見せに来てくれました、その時もらったカタログはすべて英文ですから私には読めませんのでここには写真の一部分だけ掲載します。

クーガー01.jpg
クーガー04.jpg
クーガー05.jpg

クーガーはムスタングのメカを使って造られたスペシャルティー・コンパクトカーだと言いますがムスタングより3吋長いと言うことですからかなり大きなクルマでした。

クーガー03.jpg

 でも試乗すると、ぶつかりそうになる、どころか実にスポーティーで楽しいクルマだと思ったものでした、V8の大排気量エンジンがあの大きなボンネットを持ち上げるようにスタートするとそのまま、ガソリンを垂れ流すようにゴボゴボゴボッと速度を上げてゆく様は、国産車の小さいエンジンをぶん回して走行るのとは真逆の大国アメリカのクルマだと半ば悲観的にさえ思ってみたり、やがて日本にもこんなクルマが出来るのだろう、などと思ってみたり、複雑ですが楽しい気分だったのをこのカタログを見ると思い出します。

クーガー08.jpg
クーガー09.jpg

 しかし昭和45年頃スペシャルティーカーとして出現したセリカに乗って、ああこれがニッポンのスペシャルティー・コンパクトカーだとつくづく思わされてがっかりするやら逆に、これで()いいのだ、と嬉しさもこみ上げてきたり、これまた複雑な思いでした。

クーガー12.jpg
クーガー06.jpg






posted by 健太朗 at 16:12| 京都 ☔| Comment(0) | 外車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

お兄ちゃんのデリカ・スターワゴン


デルタ01.jpg

  実家の兄がデリカ・スターワゴンを買ったのは私がファミリアAPに乗っていた頃ですから、昭和56年頃だったと思います、昭和48年のオイルショックからようやく立ち直って、パソコンや携帯電話などのハイテクブームが始まる前夜とも言える時代、我が実家の商売も少しよくなった頃だったと思います。

景気はさておき、まだ今のように大きなワゴン車がファミリーカーだという時代ではなかったので、「必要もない大きなクルマ」と親戚中からブーイングが飛びました、それでも兄の家族は息子・娘それにおばあちゃんで6人家族だったのですから、そういう時代だったのでしょう。

 私もよくこの車を借りだしては郊外の野外パーティーなどに出かけたものです。

デルタ02.jpg

 さてデリカスターワゴンはデリカとしては2代目ですが、恐らく国産車で初めての豪華ワンボックスカーと言ってもいいのではないかと思います、しかし時を同じくしてトヨタから2代目ライトエースのワゴンが登場しています。


 これより以前はキャブオーバー型トラックから派生したバンに8座~10座のシートを装備したワゴン車はコーチなどの名称が多く、あくまで商業用で例えば人足を運ぶような利用のされ方でしたので豪華装備とはほど遠いものでした。

 ちなみにハイエースにはコミューターという名の12人乗りマイクロバスもありました、またニッサンはキャラバン初代からプリンスホーミーという名の15人乗れるバスがありましたが、いずれもエンジンは小さく、簡素なシートの商業用でした。

デルタ05.jpg

 さてさてデリカワゴンのカタログには、「僕たちにはタウンは狭すぎる」「タウンを出よう」などのフレーズがいくつか見られます、4mそこそこのデリカがそれほどにタウンエースを意識していたのでしょうか、でも実際タウンエースより大きく広く、安楽なシートはリラックスしながらどこまででも走行って行けるようなイメージが演出されていました。


デルタ03.jpg

 例えばとってつけたようなスライド式サンルーフは透明プラスチックのデフレクターのおかげで風きり音や巻き込みもなく快適です、ポータブルサウンドコンポというラジカセのようなデッキが付いていましたが、ポータブルとして車外に持ち出すためにはバッテリーやスピーカーはオプションで用意しなければならないので、持ち出して使ったことはありません、クーラーは後付けの吊り下げ式ですが充分よく冷えましたし、ヒーターは後部にも附いています。

       デルタ08.jpg

 一方外観のデザインは素直で簡潔な箱形で非常に好ましいのですが、エンジンは小さく1800cc100馬力、足回りはダブルウィッシュボーンとリジットリーフ、そしてパワーステアリングは無し、シフトは5速コラムMT


デルタ07.jpg

京都郊外のワインディングロードを満車で走ると両手両足が鍛えられること間違いなし、という状態ですから乗用車、高性能車、空のトラックなどを後ろにずらっと従えて追い越されるスペースを探しながら走行るのですから、気を遣います。

デルタ09.jpg

 しかし街中では楽しいクルマです、現在のミニバンと呼ばれるワゴン車はほとんど3ナンバーですね、でも日本の風土には、特に京都のような細い路地が多い町には合いません、全幅が数センチ広いだけでも走行りにくいことがあります、その点、デリカスターワゴンは全長4m・全幅1.7mの5ナンバー(アクアと同じくらい)ですから乗りやすく、だだし背が全高2mと高いので、みんなでわいわい騒ぎながら移動するにはもってこいのクルマです。


デルタ06.jpg

 しかし現在のミニバンのルーツとも言えるこの時代のワゴン車は乗用車というより「商業車の乗用タイプ」というカテゴリーになっているのが残念ですね。

デルタ10.jpg

 デリカスターワゴンは昭和61年にモデルチェンジしてわずかに大きくなりますが、ミツビシはパジェロの大ヒットに乗じて4輪駆動を前面に出したものですからアウトドア派には人気がありましたが一般には少し低迷した感がありました。

 そしてその人気は平成9年デリカスペースギアの好評で盛り返します、そして現在ではデリカD.5OEM販売のD.2D.3にデリカの名を残しています


デルタ13.jpg

posted by 健太朗 at 20:34| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ミツビシの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする