2017年06月03日

常識を破るファミリーカー・ルーチェ

  マツダが世界に誇るロータリーエンジンを載せたコスモスポーツが発売されてから50年になるそうな、考えてみれば50年前には私はもうメカニックの新米として、菜っ葉服を油で汚していたのですね、昔話をするのもむべなるかな、と思ってお付き合い願います。


フロント.jpg


でも今日はロータリーエンジンの話ではなく、ちょうどその頃に発売された「ルーチェ」の話しです。


プロトタイプ.jpg


昭和38年の東京モーターショーの全身、自動車ショーに出品されたマツダ・ルーチェは3960mm1480mm1000cc1500ccの後に大衆車と呼ばれる小型サイズのクルマでした。

コロナより小型のパブリカが出て、カローラやサニーはまだ出ていなくて、このクラスではコンパーノやコンテッサ、スバル1000などがありました、そしてまだマイカー時代と言うにはまだすこし早い、という時代のことです。

このあたりから小型車10001500クラスの競争の激化出始まるのです。


このルーチェはベルトーネがデザインした5人乗りセダンでちょっと小さめ、エンジンも恐らくロンパーやB1500といった商業車から流用したものでしょうから、このまま市販されるわけはないでしょうという見方もありましたが、その通り39年第11回モーターショーにはコスモが発表されてルーチェの音沙汰なし、しかしこの直前に発売されたファミリアセダンがプロトタイプルーチェと似てるとか似てないとか、そして12回は東京モーターショーにその名が変更されて、マツダのブースにはまったく違うルーチェが展示されました。


デラックス.jpg


それはその明くる年に発売される美しいルーチェでした、後にデザインを担当したのは当時ベルトーネに在籍していたジョルジェットジウジアーロだったと報じられ、ああなるほどな、と思わせられたあの独特のラインはマツダではAライン呼んでいます3本のピラーが描くまとまりのいいデザインと、何気なくまとまったフロントグリル周りなど美しい4ドアセダンに仕上がっていました。


リヤ.jpg


ウィキペディアには「開発初期に、同じベルトーネのスタイリングながら、市販車とはまったく異なる姿のプロトタイプがあった」と書かれていますが、私は同じベルトーネでもプロトタイプはジウジアーロの担当ではなかったのではないかと思っています。


ダッシュボード.jpg


このページで紹介している画像は発売初期のカタログから抽出したものですが、ルーチェの美しさはこれらの画像で判っていただけると思います。

室内.jpg


さて表題の「常識を破るファミリーカー」というフレーズをカタログを見ながら考えてみました。

モノコックボディ.jpg

カタログの見開きには「ハイメカニズム・ハイパフォーマンス」とか「1500ccの常識を破る高速ツーリング設計」などの文字が見えます。

エンジン.jpg

エンジンは当時まだ少なかったOHCオーバーヘッドカムシャフト、クロスフリー構造です、さらにクランクシャフトが5軸受けになっていますから当時の先進のメカニズムと言えます。

1500cc78馬力 トルク11.8はハイパフォーマンスと言っても否定できません、しかし前ダブルウィッシュボーン・後リーフリジットというサスペンションは少しも常識破りとは言えませんし、ブレーキは前後ともドラムでこれも一般的です、これはやはりキャッチフレーズでしょうね。


サスペンション.jpg

でも美しいボディデザインと6人乗りのベンチシ-トや4速フルシンクロのミッション、それにボルグワーナー製の3速オートマチックは名神高速道路開通で沸く高速時代の幕開けを感じさせるクルマだったことに間違いは無いでしょう。

ドラムブレーキ.jpg


私の自動車屋ではマツダ販売店の看板も掲げていましたのでマツダ車は数多く販売しましたが、この初代ルーチェの後期に1800ccエンジンを積んだモデルが出ました、それまでメカ的に平凡だと思っていたルーチェが重厚で、反面スポーティな印象になって性格がが大きく変わったのを良く覚えています。

エンジンが大きくなっただけではなく、普通の4ドアセダンに当時まだ珍しかったディスクブレーキがアシスト付き(当時マスターバックと言った)で装備されたのです、私はこのブレーキの効き味が素晴らしかったとの印象が残っています。

スタンダード.jpg


思えばムカシのクルマは総てアナログですから、ブレーキやクラッチ・ハンドルやシフトレバーなどの操作感や微妙な味付けなどには充分気を遣って造られていた気がします、そして最近のクルマはちょっとぞんざいかな、という想いがあります。


posted by 健太朗 at 13:56| 京都 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | マツダの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする