ヒノ・ブリスカとトヨタ・ブリスカ

ブリスカは昭和36年発売の小型ボンネットトラックです、ブリスカって変な名前だと思いますけれど由来はきびきびしたクルマという意味だそうです。

コンテッサのエンジンを積んでいますが、リアエンジンではなくFRで、前ダブルウイッシュボン、後リジットで、当時の小型トラックの当たり前の成り立ちです。

初代ブリスカ900はトラックの他、ライトバンやダブルピック、パネルバンもありましたが、今回は車種をトラック一本に絞った2台目ブリスカの話です。


Hブリスカ01.jpg

昭和40年にモデルチェンジした2代目はコンテッサ1300のエンジンを搭載して、積載量も750kgから1tになり、1300似のスマートなデザインのフロントグリルを採用して、車名もブリスカ1300となって、当時小型トラックと言えばダットラと言われた市場に参入しました。

Hブリスカ02.jpg

ところが翌年の41年、トヨタとの業務提携によってその運命が大きく変ってしまったのです、つまり日野自動車の販売がトラックやバスなどの大型車に専念することになり、コンテッサなどの小型車の生産を打ち切り、ブリスカだけが継続生産され、トヨタが販売、トヨタになかった小型ボンネットトラックのシェアを担うということになったわけです。

Tブリスカ01.jpg

販売権が日野からトヨタに移っても同じ車名で生き残るという事態は、おそらく国産車の歴史上他にはないことではないかと思います、昭和28年、日野はノックダウンでルノー4CVを制作販売していますが、これは外国に技術を学ぶのが目的だったもので、より技術力のある大メーカーへの販売権委譲は珍しいことではないでしょうか、現在のOEMのような形態ではクルマは同じでも車名を変えているのが普通ですね。

Tブリスカ02.jpg

トヨタはヒノ・ブリスカをピストンリングなどの主要部品から細部のネジ一本まで実に370に上る箇所をトヨタのパーツに変更し、トヨタのクルマにして販売したそうです。

私はトヨタになってからのブリスカしか知りませんが、コンテッサやコンマースに較べてずいぶんしっかりしたトラックだ、という印象が残っていますが、さもありなん、という感じです。

Hブリスカ04.jpg
ヒノ
Tブリスカ04.jpg
トヨタ
Hブリスカ03.jpg
ヒノ
Tブリスカ03.jpg
トヨタ

Hブリスカ05.jpg
ヒノ
Tブリスカ05.jpg
トヨタ
Hブリスカ06.jpg
ヒノ
Tブリスカ06.jpg
トヨタ


しかしその後の日野は、トラックメーカーとして次期ブリスカの開発を始めています、もちろんトヨタグル-プの一員としてです。

昭和48年、3代目ブリスカはトヨタ・ハイラックスの車名で発売されました。

Tブリスカ07.jpg
哀愁のブリスカ