2016年09月05日

機械遺産 その4

 7月25日、一般社団法人・日本機械学会からスバル360が機械遺産に認定されたと言うニュースが入ってきました。

 そこで歴代の機械遺産、中でも自動車関連についてちょっと調べてみようと思います。

 今回は平成21年認定のアロー号です。

 

 大正5年と言いますから今からちょうど100年前、1916年、矢野倖一と言う人が創ったクルマです。

 これがなんと福岡市博物館に動態保存されていると言うから驚きです、もちろんこれは国産乗用車として走行可能なクルマでは最古と言われています。

 矢野倖一は工業高校4年生のときに村上義太郎という資産家にド・ディオン・ブートンというクルマの修理を依頼されます、ド・ディオン・ブートンは日本でもプリンス・グロリアなどの採用されたド・ディオン・アクスルで有名ですよね。

    
          01


 それまで飛行機模型に熱中して模型用エンジンを作ったりしていた矢野は、このことをきっかけに自動車の研究・設計を始めます、まず一人乗り3輪車リアエンジンのド・ディオン・ブートンを二人乗り4輪に改造します。

 その後、イギリスのオースチンを参考にして新たにFR方式、全長2.6m、ホイールベース1.8m、水冷4サイクル2気筒、排気量1000cc、10馬力のエンジンを積んだ4人乗りの幌型のクルマを完成させます。


          Arrow


 エンジンは九州大学の岩岡教授の指導を受け、気化器はフランスのゼニス、点火プラグはボッシュのマグネト、車輪やタイヤはオートバイ用を使っていますが、それ以外はエンジン・足回りから車体・内装・布製の幌にいたるまですべてが国産品を用いて造られました。

 このクルマに矢野の矢からアロー号と名付けます、完成したのは、大正5年8月24日、矢野倖一24歳の時でした、計画から3年、製作費用は1224円75銭だったそうです。

 アロー号はしかし、1台だけ製作され、ナンバーも取得しましたが、公道での活躍はわずかに2年であったと言われています。

 現在、矢野特殊自動車という会社は矢野倖一を創業者として、冷蔵・冷凍車をはじめ、ウィング車、各種タンクローリ、車輌運搬車、航空機関連車輌等、様々な分野で活躍する特装車の総合メーカーです。

 機械学会では、後に彼が行う国産初の冷凍車開発における技術的な礎となった。その冷凍車開発がわが国の特殊自動車製造業という乗用車・トラック製造とは別の自動車産業分野の発展に繋がっていったことを考えると、アロー号はわが国の自動車産業史上、象徴的な存在であり、高度な機械の国産化とわが国の産業発展にかける当時のエンジニアの情熱を示す証しである。

 としています。

posted by 健太朗 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | くるまの雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする