2016年04月08日

イタリアンなブルーバード

          No2


   BC戦争のBでも触れた、二代目ブルーバードのお話です。


                          No3  

       
   ようやくマイカーというフレーズが聞かれるようになった昭和38年、ブルーバードはイタリヤのカロッツェリア、ピニンファリーナ・デザインのスタイリングで二代目410型にモデルチェンジします、ところが、ヨーロッパ調の雰囲気は好評だったのですが、お尻を下げたようなキャラクター・ラインが当時の日産ユーザーには不評で、BC戦争ではコロナに惨敗という結果になりました、しかし生産台数を比べてみればブルーバード52万台、コロナ57万台と今にして思えば大した差ではなかったのです。


        1969


 ちなみにこの後のブルーバード510型とコロナRT80との差はコロナ38万台、に対してブルーバードはなんと155万台という文字通り、ケタはずれの大差をつけたのですからBC戦争はCの勝利という定説はちょっと疑問ですよね。

 それはともかく、二代目ブルーバードの特徴は全長4mの小型セダンであり、先代310から受け継がれた信頼性のあるエンジンやサスペンションにあります。


         No9


 この頃までの国産車はおしなべてそうでしたが、丈夫で長持ち、信頼性いのち、からマイカーを意識した仕様が多くなって、他にはない女性向けのファンシー・デラックスというグレードは専用のクリーム色は車体色だけでなく室内はシートダッシュボードからハンドルに至るまで統一されていてヨーロッパデザインによく似合っていました、その室内にはハイヒール立て、カーテン、傘立て、方向指示器を出すとオルゴールが鳴り、何やかやで36点もの専用装備がありました、今では当たり前のサンバイザーについているバニティーミラーはこのクルマが最初です。


       No4


 またスポーツセダンSSやSSSが生まれたのもこクルマが最初で、昭和38年5月、前年に完成した鈴鹿サーキットで開かれた第1回日本グランプリなど、モータースポーツが盛んになってきたことがきっかけでこれ以降、国産車にもスポーツカーやスポーツタイプと呼ばれる車が増えてきました、ブルーバードは第2回グランプリのツーリングカーレースでSSが優勝を飾っています。


                        No11


 ライバルのコロナと同様に非常にバリエーションが多く、スポーツタイプやファンシーデラックスの他にもスタンダード、デラックス、タクシー用LPG 仕様など、ボディ形状も4ドア、2ドアセダン、エステートワゴン、ピックアップ、ダブルピックアップ、それに同じデザインのダットサントラックと多種多様です。


                       No12
        No10


 エンジンはJ型1300cc、R型1600cc、それにSUツインキャブスポーツエンジン、変速器も3速コラムシフト、4速フルシンクロ・フロアシフト、それにオートクラッチにボルグワーナー製フルオートマチックとあらゆるニーズに応えるようになっています。


      No7_4


 シートはまだベンチシートが主流ですが、デラックスやスポーツタイプにリクライニング付きセパレートシートが用意されていました。


         No5_3


 このクルマの写真を見て、もう今では見られないもののひとつにホワイトリボンタイヤがあります、昭和30年頃にはホワイトウォールと言ってかなり太いリボンでしたが、もうこのブルーバードでは細くなっています。


       No1


 昭和40年代には乗用車のほとんどに採用されていましたが、昭和48年の石油ショック以来なくなってしまいました、最近また復活の兆しがあるようですが、美しいものは是非復活してほしいですね。

 私の自動車屋でもちょうど高度成長期の始まりの頃ですからRT40コロナと並んでよく売れたクルマのひとつです、夜遅くまで残業した思い出と310~510やRT20・40の思い出が重なります。

 乗り味はRT20のしなやかなイメージに対して410はがっちりとしていて堅いイメージです、3速コラムのシフト感はしっかりその場所にはまり込む感じで安心感があります、クラッチやハンドルは軽くよく伸びるエンジンと相まって乗りやすさが光るクルマでした、しかしコーナリングや高速でどう、と言うクルマではなかったように思います。


                        No6


 私たちにとってはプラスアースで戸惑ったことも大きな思い出です。

posted by 健太朗 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニッサンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする