2016年02月15日

久しぶりにワックスかけをしました。

 

  先日この暖冬のおかげでちょっとやる気を出しまして、固形ワックスをかけてみました、それで、やっぱりこれが一番と思ったのです。

 2年前に病気をして以降、右手の力が充分でなかったこともあってか、クルマの掃除が億劫で洗車もワックスかけもさぼっていて、ラウムも最後は薄汚れたままでした。

 アクアになったら、少し濃いブルーですから汚したままと掃除をした時の差が大きく見えます。

 そこで、楽してきれいにしたい、なんて考えて、おそうじ楽々グッズをいろいろ試してみました。

 

 以前、DYIショップで買ったウエットシートが使いやすかったので、ソフト99のフクピカを使ってみました、これは△です。以前使ったものはぞうきんの代わりのようなものでしたのでざっと汚れを落とすだけでしたので、しかも前のラウムは薄色でしたので使いやすかったのですが、濃いブルーのアクアに洗車せず拭くだけでワックスの効果を期待するようなウエットシートはちょっと無理ですね、汚れと反応して白いワックスむらが出来ます、でも洗車してからフクピカを使うと空拭きをしないワックスのように使えます。

 次にシーシーアイのスマートミスト、という液体コート剤を使ってみました、これは洗車した後、ぞうきんにしみこまして拭きあげるというものですが、結構ツヤもでるし、持ちも良いのでこれは○です、雑に使ってもむらが出ないのが良いのですが汚れた塗装面にコート剤を使うのは良くありません、そしてお値段がちと高いのが庶民向きではないのです。

 

 今回は思い切って時間をかけ、ソフト99のハンネリでさっと汚れを落とし、クリンビューのイオンコート・ナビワックス・超ツヤ耐久という固形ワックスで仕上げました、これはもう何年も前から使っているもので、少し硬くなっていましたがムカシの固形ほどではなく拭きとりやすくてスカッときれいになりましたし、雨の後もサッと拭けばきれいになります。

 やっぱりずぼらせずに昔ながらのやり方が一番良いと思った次第です。

 

 ついでに窓のおそうじグッズも。

 ガラコ・ウエットシート、これは×です、ウエットシートですからガラスはピカピカになりますが、撥水が十分ではありません。

 この手のガラスコート剤は、以前から元祖レインXの液体ボトルタイプを使っていますが、やっぱり研磨剤入りのガラスクリーナーで汚れ落としをしてからレインXをティッシュにつけて丁寧に塗りこむのがいいようです。

 

 プロスタッフの窓ふき上手、これもウエットシートですがこれは○です。窓の内側を拭くのに適しています、弱い界面活性剤が入っているようですので曇り止め効果もあります、ぞうきんで水拭きするように窓を拭いて余ったら内装にも使うといいでしょう。

 曇り止めにはトヨタ純正のガラスクリーナーリキッドを使っています、これも古いものですが重宝してます。

 

 かなり以前にこのblogでやる気があったらどんなワックスでもいいよ、とにかくやってみなはれ、てなことを書いてますが、今の時代いろいろ使ってみて自分に合うものを探し出すのがいいようですね。

posted by 健太朗 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | くるまの雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする