2015年12月25日

カローラ・レビン 86じゃなく27

  トヨタ86がよく売れて、ずいぶん久しぶりにクーペタイプのスポーツカーの話題が聞かれます、オープン2シーターはマツダ・ロードスター、セダンタイプならスバルWRXで、3車そろい踏みと言うところでしょうか、スポーツカーのいいものがでると私のようなクルマ大好き老年にも、又それらのスポ-ツカーを買えなくても、なんだか楽しみな気分になれますね。

                02 

 86はカローラ・レビン、スプリンター・トレノが最後のFRとして活躍したAE86と言う型式に因んでいるそうですが、私にはもっとムカシのTE27のほうがライトウエイト・スポーツ・クーペとしてはピンときます。

01 

 カローラとスプリンターは兄弟車といいますが、初代カローラは昭和41年に2ドアセダンでデビューし後に4ドアが追加されていますが、スプリンターは昭和43年、カローラのファーストバック・クーペ、カローラ・スプリンターとしてデビューします。

                       03 

 ところが昭和45年、2代目になるとカローラ・スプリンターはノッチバック・クーペになりカローラから独立して単にスプリンターと呼ばれ、KE25型となります。

                  04 

 つまりカローラはセダン、スプリンターはクーペ、と棲み分けをするのかと思いきや、奇妙なことにカローラにも2/4ドアセダンに加えてカローラクーペとして同じKE25型が発売されました。

                  05

                    06 

 そして昭和47年、カローラクーペ/スプリンターにセリカの2T-G型DOHC1600cc115馬力エンジンを載せたクルマがTE27型カローラ・レビン/スプリンター・トレノになるのです、ちなみにLEVINは英語で「雷光」、TRUENOはスペイン語で「雷鳴」と言う意味だそうです。

                07 

 こう書いてくると印象が悪いのですが、これが「兄弟車」の事初めでグリルなどの意匠が少し変わるくらいで全く同じクルマ、以降この手法が一般的になって、今ではひとつの台車を全く違う複数の車種が共用するという、自動車の白物家電化の時代になってきました。

                    08 

 AE86は先進のハッチバックですが、ノッチバックのTE27のほうがクーペとしてのデザインは自然な感じがします、当時、角張ったサニーなどに対して丸みデザインがなかなかいいと評判のKE20系カローラから派生したクーペですからセダンやライトバンを見慣れた目にはかっこいいとは映りっませんが、手軽なスポーツクーペとして、魅力をいっぱい持っていました。

              09 

 乗り味は一言でいうと軽くて重いカローラ、てところですかね、2T-Gが載っていたセリカより185kgも軽いのですが、TE25カローラクーペよりも25kg重く、KE20セダンよりなんと105kgも重いのですからエンジン性能に対して車体は軽いので走りはいいのですがエンジンの重量が重くフロントヘビーなのです、ですから単に軽快とはいえず、カーブではアンダーステアの傾向が強かったことが印象に残っています。

 

              010 

 しかしモータースポーツでは人気があって、なにしろ団塊の世代が20代半ばですから路上サーキットのみならず、鈴鹿や富士のサーキット、国際的にはラリー世界選手権でも活躍しました。

                    011 

 私の自動車屋でもトレノを販売しましたが、違法改造をお断りすると客足は遠のいてしまいました。

                    012 

 この頃の違法改造は主に「ガッタン」後に「シャコタン」とか言ったサスペンションの改造で車高を極端に低くするものですが私は改造車があまり好きでなく、違法性のない改造も滅多にしない偏屈者で、そういうお客様には嫌われたものです。

 

014013

 

posted by 健太朗 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | トヨタの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする