2015年01月02日

あれから1年たちました

  大晦日の夜、紅白歌合戦が終わるころ、近くの氏神神社にお参りしました。

 

  午前零時から始まる「歳旦祭」今年もよろしくと祈願し、鏡樽から御神酒をいただき、境内で搗かれたつきたての紅白のお餅をいただき、そして奉納太鼓の腹に響く音がやんだら近くのお寺から聞こえる除夜の鐘の音に惹かれるようにその鐘楼をめざします、そしてこの一年の四苦八苦を忘れよとばかりに力いっぱい梵鐘を撞くのです。

 

  毎年迎える年越しの我が年中行事ですが、今年は格別な気がします。

 

  去年の今頃、まだ病院暮らしでリハビリを頑張ってたんや。

 

  そんなことを想いながら鐘を撞くと、まるであの頃が遠い昔のような、懐かしい思い出のような気さえします、でもあのカーテンに囲まれた狭いベッドから見る天井やリハビリ室でのやるせない想いをまだ忘れ得ない自分がいるのです。

 

  そんなことを、この一年の四苦八苦として、鐘の音が忘れさせてくれたらいいな、と思った瞬間でした。

 

  しかし殊勝なことを言うようですが、病気になってからこの一年で学んだこと、それは「感謝」です、当たり前の言葉ですがこれが当たり前に思えないのです。

 

  この一年、何度も想ったのは病院から勤め先のデイサービスへ電話をした時のこと、「みんなで待ってるから」と施設長が言って下さった、そのひとことがすべての始まりだった気がします。

  その頃まだ手足が動かないどころか頭がちゃんと働かなくて、毎日使っていた携帯電話でさえ使い方がわからない、何度も失敗しながらやっとかけた電話、まわらないロレツと泪声で私が何を言ってるのかわからなかったと思うのですが、私には施設長のその一言がうれしくて、もったいなくて、それが励みになって、早く帰りたいと思う一心でリハビリを頑張る気になりました。

 

  あとはもう、一つひとつあげればきりがありません、友人知人への感謝、医師の先生、看護師、療法士、ほか病院スタッフへの感謝、それに家族への感謝、そして神仏や運命といった目に見えないものへの感謝です。

 

 この「感謝」を胸に今年一年もまた たくさん笑える一年 にしたいと思っています。

posted by 健太朗 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

新年祝賀

 

201507

 

posted by 健太朗 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車屋のかどで立ち話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする