ダイハツのカローラ・シャルマン

   ダイハツは日本で最も古い自動車メーカーで、明治40年、発動機製造株式会社に始まるのです。

 後に、大阪の発動機会社、ということでダイハツに変わったそうですが、昭和42年にトヨタと業務提携して以降、徐々にその関係を深めて、今ではトヨタグループの一員となっています。

 

 昭和44年第一弾として、提携という名のコンソルテを発売しますがこのクルマのことは私も数年乗っていましたので別のページで紹介しています。

 そして昭和48年のコンソルテ・クーペ(スターレットのOEM)に続いて、昭和49年、シャルマンが発売されます。

                    01 

 今日はこのクルマのお話です。

 さてトヨタでは昭和45年、その前年の東名高速全面開通を受けてカローラをモデルチェンジ、定評のトータルバランスで80点主義を確立して、初代からの累計300万台を記録しました、シャルマンはこの二代目カローラセダンKE20の生産設備を買い取って作られた車で、エンジンと車台はカローラのものにダイハツデザインのボディを載せたクルマです。

                  05                   

 

 しかしこれにはいろいろ制約があって、例えば前席ドアはKE20そのもですし、ざっくりいえば部品の多くはトヨタのものつまりトヨタの下請けから仕入れた部品を使っています。

                   02

 まあ、ハッキリ言えばこれはどこから見てもトヨタのクルマなのです、でも、カローラにない豪華なデザインと室内のしつらえは魅力的で、のちにカローラは「ひとクラス上の豪華さ」でヒットしたモデルもありましたが、まさにシャルマンはひとクラス上のクルマだったのです。

                    03

 このころいわれた言葉に「モデルチェンジのためのモデルチェンジ」というのがありましたが、これはクルマがモデルチェンジをしてもエンジンやシャシなど主要な部分は大して変わらないのに見かけだけモデルチェンジして拡販を図ろうとするメーカーの姿勢を揶揄したものですが、シャルマンに関してはトヨタ製品の安心感を背景にして思いのほかよく売れたそうです、その証左として二代目シャルマンもTE70カローラをベースに作られました。

 

 乗り味はまさにカローラそのもので静粛設計であること以外は可もなく不可もないという80点主義ですが、豪華仕様の車室内はカローラにないものを持っていると感じました。

                     04

 

 この時代はクルマの平均寿命がぐんと伸びた頃ですが、永く乗っていても大メーカーのクルマですから安心感があってよいと思いましたが、当時のダイハツ小型車のイメージは今とは少し違っていたようで、私など、ダイハツのセールスマン氏が乗っているクルマ以外にはお目にかかるコトはなかった、の印象があります・・・。

 

フロンテ・クーペ

  昭和46年秋、実に夢のあるクーペが発売されました、スズキ・フロンテ・クーペです。

          04 

  今でもそうかもしれませんが、360時代の軽自動車は実用性と経済性がより強く求められ、3m×1.2mの小さなボディに、しっかり4人が乗れてしかも荷物室も大きく更に40数万円で買える、というセオリーが求められていました。

  それはスポーツタイプでも同じで、ホンダZやMAXハードトップでも、またマツダR360クーペにも狭いながらもちゃんとリアシートがありました。

  ところがスズキはフロンテクーペでこれらの不文律をかなぐり捨てて二人乗りに徹したのです、これによって軽自動車には珍しく夢あふれるクーペが誕生したのです。
          

           07 

  そのデザインは、イタリアのデザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロの作品だといわれましたが、実際はちょっと違うようです、スズキがジウジアーロから買ったのはミニバンのようなスタイルの4ドア車のデザインだったのです。

          01 

  余談ですがキャリー・バンL40もジウジアーロのデザインだというのですからスズキ自動車は2種類のバンのデザインをジウジアーロから買ったのでしょうか。

  いずれにしろそのうち1台のバンのデザインをスズキのデザイナーがスポーティーなクーペに仕立て直した、ということのようですからスズキのデザイナーの力もすごいものです。


          05

 

   決して派手なデザインではないのですが、ゴルフや後のデロリアンにも似ていて、今のコンピュータデザインのごてごて感も無く、しかしこの時代の、夢、をこの小さなボディにギュッと詰め込んだデザインだと思います。

 

  さて、フロンテクーペは当時のフロンテのバリエーションとしての位置づけですから、シャシもリアエンジンも同じですが形式呼称がフロンテのLC10に対してクーペはLC10Wとなって2サイクル3気筒エンジンは水冷化されました。
          

          06          

   空冷式エンジンのあのバカみたいによく走るけどピーキーでぶん回すエンジンは幾分まろやかで扱いやすくなった印象ですが、39psという馬力は360㏄の軽自動車としては最大級でこれを超えるのはあの、どうしても調子が出なかったMAX・ssだけですから文字通り360時代の最高峰ということになります。

  足回りも基本的にフロンテと同じ前ウイッシュボン、後トレーリングアームですがちょっと硬められた分、旋回性能がよくなってキビキビ走る感じがします、私の記憶ではやはりフロンテと同じように中速でのピッチングが気になる印象が残っています。

       

          09 

 

 スポーツカーというのは、やたら高性能で扱いにくいものよりも心情的にスポーティーで運転して楽しいクルマがいいと思っています、その点でもフロンテクーペはバランスがとれたいいクルマだったなと思います。