2014年05月14日

ミラ・クオーレ

  私の自動車屋で最も売れたのは、トヨタ車の他にダイハツの軽自動車があります。

  ダイハツの軽自動車は名前が面白いですね。

  3輪のミゼットが4輪になるとハイゼットになり、ボンネットバンのハイゼットにキャブオーバーが出来てハイゼットキャブとなりました。

  セダン型のフェローが出来るとボンネットバンのハイゼットはフェローバンにモデルチェンジ、フェローがフェローMAXにモデルチェンジするとボンネットバンはなくなってしまったのです。

  で、軽自動車の規格が変わって寸法が大きくなるとデザインを変えずに幅広になってフェローMAXはMAXクオーレとなり、更にボンネットバンの物品税がなくなるとモデルチェンジして超格安49万3千円のボンネットバンが復活して、ミラ・クオーレになり、セダンのMAXクオーレは単にクオーレとなった、そして翌年にはクオーレの名が消えてミラとミラバンになったという、まるでしりとりかあたまとりゲームをやっているような話です。

       01

 

  そこで昭和55年に発売された初代のミラクオーレの話になりますが、なんと言ってもこの時代の軽自動車は42年から大ベストセラーとなったホンダN360の影響を無視することはできません、日本版ミニなどと言われたあの四角いボディにゆったりした広い室内は、フェローMAXではまだそれほど重要視されませんでしたが、ミラやクオーレではN360以上に広くなっていて、軽自動車の大きさを再認識したほどでした、しかし現在の軽自動車と比べるとまだ小さくて狭いですね。

 そしてフェローMAXのコツコツするスポーティーなサスペンションはN360のようですがミラ・クオーレでは、N360がライフに変わって180度転換、マイルドなセダンになったように、フェローMAXに較べると軽くてヤワな感じさえするほど大きくイメージが変わってソフトなクッションと水冷4サイクル2気筒の静かでまろやかなエンジンになりました。

       02 

 特に面白いと思ったのは、イージードライブと呼ばれた2ペダルのセミオートマチックです、これはごく普通の乾式単板クラッチをペダルで操作するのではなく、自動的に負圧で制御するもので、当時のまだ発達途上にあったトルクコンバーターより、クラッチそのものは変わりがないので下手なクラッチ操作をするより長持ちするのです、しかしシフトレバーから手を離さないとクラッチがつながらなかったり、アクセルペダルの踏み初めに少しショックがあったり、いささかのコツが必要だったのですが、その辺りが古き良き時代の面白いところだったのでしょう、でも残念ながらそのわずか2年後、ミラクオーレがミラに変わった時にこのイージードライブは2速ATに変わってしまいました。

      Photo

 また、こんなのもありました。
 ミラ・クオーレの車台とエンジンルームをそのままに、高さ2m近くもある荷台にバスのような折り畳み式ドアを片側だけに付けたウォークスルーバン、乗用には向かないけれど、おしゃれに顔を改造するのが流行したり、人気者でした。

続きを読む
posted by 健太朗 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイハツの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする