2014年04月12日

いすゞ117スポーツ

   いすゞ117クーペというクルマはご存知でしょうが、このクルマが初めて登場したのは昭和41年春のジュネーブショーで、その名をギア・ベレット・クーペといいました。

                     11701

  いすゞがイタリアのカロッツェリア、ギアにベレットのスポーツタイプのデザインを発注したのが事の始まりのようです。

  この時、ギアのデザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロがこの美しいクーペのデザインを担当しましたがギアの別のチームは同じ117のコード名で4ドアセダンを設計していました、これはフローリアンの名前で販売された6ライト(サイドウインドが6つに分かれている)の端正なデザインのセダンです。

                      11703 

   さて、ギア・ベレット・クーペはその年の第13回東京モーターショーでいすゞ117スポーツという名で国内デビューを果しましたが、一般の目には、これはあくまでショーカーであり現実には発売されないもの、と思われていました、およそショーカーやコンセプトカーというのはデザインなどを優先して見せているもので、実際に生産モデルになった時にはショーカーの美しいデザインが生産コストや居住性のために少なからず失われてしまうことが多いのですが、そこはいすゞの技術の素晴らしいところで、というよりコストを無視して手造りで作ってしまったものですから注目を浴びるのも当然というところでしょう。

 

   昭和43年12月にいすゞ117クーペに改名して発売された時には172万円の値札が付けられていました、当時のクラウン・スーパーデラックスが112万、トヨタ1600GTが100万円、同じ2ドアクーペのシルビアも119万1千円ですからいかに高価なクルマであったかわかって頂けるでしょう。

 

 ちょっと横道にそれますが、ジョルジェット・ジウジアーロというデザイナーですが、美術学生の時にベルトーネに見いだされ、のちにギアに移籍、そしてイタルデザインを設立してクルマ以外にもデザインの幅を広げる、という生粋のイタリアンデザイナーですが、日本でも有名で、例えばマツダの初代ルーチェに始まって、117クーペの他にピアッツァやジェミニ、フロンテ・クーペ、アルシオーネ、スターレット、アリスト、80系カローラや初代ギャランなど数えればきりがない程の日本車を手掛けていますし、ムーブ、キャリー、ハイゼットなどの商業車にもかかわっています。

 また、外国車で有名なものにはマセラティやVWゴルフ、そしてあのバック・ツー、ザ、フィーチャーのデロリアンもそうですし、アルファ・スッドはあのボクサーエンジンを載せてスバル1000をベースにデザインされたことは私のようなくたびれたカーマニアの間ではよくささやかれた話です。

 

   さて、117クーペは先に発売されたフローリアンのダブルウイッシュボーンとリジットアクスルのベーシックな車台に125mmも低い全高1320mmのボディを載せ、ベレットの1600ccエンジンをDOHCにして積んだもので、ソレックスツインチョーク・ツインキャブレターによって120馬力を発揮したものですがのちに130馬力の電子制御燃料噴射も追加されています。

   そしてその後、1800ccや2リッターディーゼルも追加して、生産効率を上げるため、プレスを開発して機械生産に移行しましたが、ハンドメイドのイメージを落として酷評されました。

    

                   11704

 

  私の自動車屋でも販売しました、当時勢いがあった室町の呉服問屋の重役で、現金で決済されたことを覚えています。

   私の印象では、いすゞのそれまでのヒルマンに始まるイギリス風の味付け、つまりふんわりと柔らかな乗り心地からドイツ風の硬くてしっかりした、乗り心地に限らずすべてがそんな味付けだと感じました。

   ある時、エンジンの調子が悪いというので診せてもらったらエンジンルームを掃除するためのウエスがエアークリーナに吸い込んで詰まった状態になっていました、ムカシはこんな高級車に限らずエンジンルームまで丁寧に磨いていた人も多かったですね。

続きを読む
posted by 健太朗 at 17:20| Comment(2) | TrackBack(0) | いすゞの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする