2013年11月03日

VAIOのHDDをSSDに換装

   今日もまたパソコンのはなしだ。

   この春買ったノートパソコンSONY VAIO、今ではすっかり私のお友達になっている。

   だがトラブルや不満も少しはある。

   6月にはVAIO・メモリ増設のページでレディブーストを設定するとUSBメモリが壊れる、というはなしを書いたが、その後も全く解決していない、エレコムのサポートに相談したら不良品だということで交換してくれた、2度目は相性問題だということで返品に応じてくれた。

   3度目、SONYにも相談してキングストンのメモリを使ってこれはうまくいったと思っていたら3か月もたってまったく同じように壊れてしまったのだ。

   私はエレコムに対して全くクレーマーになってしまった、申し訳ないことである。


   このVAIOで不満は起動やアプリの立ち上がりが遅いこと、メモリを8GBに増設して少しは早くなったが、それでもPentium Dual-core E5200よりCore i5-3230Mのほうが遅いというのは納得がいかない、べつに大した実害もないし不便もないがこだわりとはそういうものだ。

   で、この際、SSD換装を決意した、というわけだ。

Ssd03

   SSDはいろいろ考えた結果、前回のIntelはやめてコストパフォーマンスでサムスン850EVO250GBを選んだ、価格.comによると1GB/円が最新のSSDとしては最も安いということだった。

Ssd04

 

  TLCという方式は書き換え可能な回数がMLCより少なく、耐久性にかけるという定説になっているが、それでも計算上はパソコンを普通に使う限りパソコン本体より長持ちする、というサムスンの宣伝に乗ることにしたわけだ。

   換装はいとも簡単だった、SSDにはデータ・マジシャンというアプリが同梱されていて、これをインストールすると、HDDのプログラムとデータを丸ごとSSDにコピーできる、Windowsを一からクリーンインストールする必要がないのでこれは楽だ、それでも50GB足らずをコピーするのに50分ほどかかった、先日Windows 8.1をアップデートするのに2時間もかかったことを思えばこれは短時間だといえる。

   あとはVAIOの裏面のカバーを開ければ差し替えるだけだ、この点はVAIOの長所だ。
 はずしたHDDはWindows やリカバリーパーティションを残したまま安いケースに入れておけばデータ用外付けHDDになる。   

Ssd02                  HDDをはずして・・・

Ssd01_2                    これで完了

  それで、速くなったのか?、そう、はやくなった。

Hdd                     HDD

Ssd                                                            SSD

 マジシャンにはベンチマークソフトも付いていて、写真の通りだが、この数字が表わすほどの体感はない、だが、30秒から40秒かかっていたスタートアップがロック画面まで11秒、パスワードを入れてわずか3秒と驚くほどの速さだ、シャットダウンが20秒から5秒に、スリープからの復帰が1.5秒にになった、更にワード、エクセルなどが1秒以内で立ち上がり、アウトルックも1秒余りで同時に10通ほどのメールをダウンロードする、インターネットエキスプレスは0.5秒で2つのタブを表示する、さすがにフォトショップは5秒ほどかかるが、これで少なくとも何かを始めるのに、待つ、ということはなくなった、当初の目的は達成したというわけだ、目出度し×2.。。。

 

posted by 健太朗 at 13:38| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする