2013年06月28日

VAIO・メモリ増設

  Windows32bit版では、メモリは3GBしか認識しないので、4GBメモリを装着しても1GBの余りが出る、だからその部分をキャッシュにするなどして、性能アップの方法と無駄の有効利用を考えたものだ。
 
今回は、メモリが潤沢にあるという根本的な余裕を初めて体験することができた。

 

Rois2と名付けた私にとって初めてのノートパソコンであるVAIO E15を約3か月使って感じるのは、それまで使っていたKalEl4世という自作デスクトップパソコンより遅いということ。 

Pentium Dual-core E5200よりCore i5-3230Mのほうが進化しているはずだし、チップセットやグラフィックもまたしかりだ、なのに64bitWindowsVAIOのほうが遅く感じるのはなぜだろう。

 

答えはそんなに難しいことではない、KalEl4世にはインテルのSSDを使っているのに対し、VAIOHDDWDWD10JPVTという5400rpmの省エネタイプを使っているのだ、それにグラフィックスの性能もあるだろう。

 

いずれはSSDに換装しようと思ってシステムバックアップは取ってあるしリカバリDVDも作っておいたが、とりあえず簡単に安上がりで出来るものからと思ってまずエレコムの非常に小さいUSBメモリを使ってReadyBoostを実行してみた。 

これは確かにソフトの起動が少し早くなったと感じたので、満足していたのだがいつのまにかUSBメモリが壊れてしまって無効になっていた。 

エクスプローラではデバイスとして認識しているのにドライブにディスクが挿入されていないというなんとも不思議な現象になっているのだ。
 

サポートに電話して聞いてみたら、これは故障だから無償交換します、ということだった、しかし代替品が送られてくるのは一週間後だという。


 

それはさておき、次の手段はやはり64bitの特徴を生かしたメモリ増設だろう。 

VAIOのメモリはデフォルトで4GB搭載しているが最大8GBとなっている、しかしデュアルチャンネルだとはどこにも書いてないので、2枚組で交換するか1枚増設するか迷ったのだが、電子マニュアルを見ると1枚増設の方法が書いてあるので、こちらを選んだ。

 

  SONYで動作確認しているBUFFALOD3N1600というモデルがamazon3680円であったのでこれに決定、注文して2日目には配送されてきた。


          Vaio1

 

 ノートパソコンのメモリ増設はいとも簡単だ、裏蓋を開けて、増設メモリを差し込んでぱちんとロック、あとはふたを閉めてシステムの、「コンピューターの基本的な表示」で確認すればよい。

          Vaio02

          Vaio03   

 

 早速いろいろと試してみると、まず起動は10秒ほど早くなって30秒余り、ただしこれは最初の画面が出るまでの時間で、Windows8の場合、最初の画面はスタート画面だとよく言われるがそうではなく、ロック画面という山と海とタワーのなんだか変な絵が表示される、これはタッチパネルを使っている人には必要なのだそうだ、そしてそのあとパスワードを入れるとあのタイルというスタート画面が表示されるのだ。 

 だから30秒余りというのはこのロック画面が表示されるまでの時間で、実際にはもう少しかかるのだ。

 

 余談になったがほかのアプリケーションも幾分早くなったように感じる。 

 Windowsエキスペリエンス・インデックスの「メモリ(RAM)」は5.9から7.5になり、タスクマネージャーのメモリ使用量はアイドリングで40%から20%前後になった(当たり前だ)。そしてPhotoshopで画像のサイズを換えるシーンでも幾分動作が速くなったように感じるし、数十枚の写真を開けても遅くなることはない。

 

 ことほど左様にメモリ増設で余裕ができるということは何となく快適になるということを体験した、ということ、だろう。

 

posted by 健太朗 at 22:47| Comment(3) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

ラウムのタイヤ

   愛車、ラウムに新車からついてきたタイヤはまだ2.1mmほど溝が残っていたが、新車から5年、10年乗るつもりなので今が折り返し点、タイヤを換えるのは、「いまでしょ、」というわけで交換することにした。

  すると、娘の彼氏が「僕の車と2台同時に交換して安くしてもらいましょう」と言って交渉してくれたのが、ブリジストンのエコタイヤECOPIA PZ-XCECOPIAのなかでもコンパクトカー向きのものだという。

  特徴は、ナノプロ・テック™微粒径シリカ配合ゴムを配合し、左右非対称のパターンを採用して転がり抵抗を減らし、ウエットグリップを良くし、さらにタイヤの持ちも良くしているなどとカタログには書いてある。

 

 

 
          01

 さて実際にはどうなのか、早速ドライブ旅行に出かけてみた。

 まず第一印象だが、走り出してすぐに「おっと、これはよく転がる」と思った、アクセルOFF、惰性でころころと転がっていく感じだ、早い話タイヤの表面が固いだけかもしれないが、そういう感じをドライバーに与えることがエコタイヤとしては大事なことかな、と思った次第だ。

 

 これは走行中のタイヤのしっかり感とイコールする、グリップのしっかり感ではなく、タイヤそのもののしっかり感だ、高速道路でのグリップには残念ながら少し不満が残る、大きなカーブの途中での道路の凹凸によっては、わずかに進路を乱される印象がある、しかし雨の中ではなんだかいい感じだ、ウエットグリップというのか、むしろ乾いた時より安心感がある、なんだか不思議だ。

 

 このころころ転がり感が燃費に影響があればいいと思ったのだが、タイヤを交換する前と後でまったく同じコースを走ってみたがまったく同じ燃費だった、京都から富士宮までのほとんどが高速道路というコースで、17.8km/L、まったく同じコースと言っても季節も気象条件も違うのだからまったく同じ数字というのも実は信用できないのかもしれないのだが、実際に走行しての数字だから、もう少し使っていくうちに少し違う結果が出るのかもしれない。

 エコノミーたる証のお値段は、10年前旧型ラウムに静かなレグノをおごった時と全く同じ価格だ。

 レグノより少しうるさいだけだが、数段格下のタイヤだからその分値上がりしたのだな、と思っているが、当時は私もまだ現役の自動車屋だったからかなりお安く買っているが、今回も前回ほどではないが彼氏のおかげで安い買い物をしたと思っている。

 そして、120kmくらいでシミー現象が出るからとクレームを持ち込んだタイヤ館のメカニック氏が気持ちよくホイールバランスのとり直しをしてくれて、販売店にも気を良くしているところである。

 

posted by 健太朗 at 17:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ラウムの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする