2012年07月16日

ミッキーマウスプラティの恋

 水槽の中が弱肉強食なんて、まったく考えたくもないですね。
 しかし、悲劇はたくさんあります、今日のお話はミッキーマウスの悲しい恋の話です。

ミッキーマウスプラティというのはプラティというお魚のしっぽの付け根にミッキーマウスの顔のような模様があるのでそう呼ばれているが、昔はムーンプラティといったそうで、その頃は三日月のような模様があったそうな、人間が手を加えたのかな。

 我が家には赤いプラティと白いプラティが2匹ずつ居った、もちろんミッキーマウスの模様はみんなくっきりと入っていた、中でも白いプラティはカラダのほとんどが真っ白でピンクの化粧をしている、だからとくに奇麗なのだ。
 実はプラティの性別は私のような新米が見てもよくわからない、しかし赤は赤どうし白は白どうし仲が良かったのでだいたいそんなものかと思っていた。

 ところが第一の悲劇が起こった。

 針病というのは素人診断だが、どうやらそんな病気にかかったらしく、しっぽが針のようにとがってだんだん元気がなくなって行くのだ。
 針病は稚魚がかかる病気らしいが、実際たくさんいるグッピーの稚魚もかかっているのがいた、塩を入れるやら温度を上げるやらカンパラという薬も使ってみたが、このとき10匹以上☆になった、そしてプラティも例外ではなく赤白1匹ずつが☆になってしまった。

 それ以上拡がらなかったのがせめてもの、である。

 さて残された赤いプラティと白いプラティ、赤い方が少しからだが大きくて太っている、白い方は神経質であまり水の流れが強いところは嫌いなようだ。
 この2匹、いつも一緒にいるから残されたもの同士肩寄せ合ってけなげに生きている、と思っていたら、どうやら赤は白に恋しているようだ、と気がついたのは針病騒動からまもなくのことだった。


 熱帯魚の場合♂より♀のほうが大きいことが多いので、普通、求愛行動というのは小さな♂が大きな♀を追いかけることで徐々に盛り上がってくる、そしていよいよとなると♂のおなかにはっきりと交接器が見えるようになる。

 だがこのプティの場合はどうも変なのだ。
 追いかけるでなく逃げるでなく、とにかく白いプラティの行くところ行くところ何気なく赤いプラティが現れるって感じ、言葉で表すのは難しいがストーカーのようだというのがいちばんしっくり来る。
 それでも2匹は徐々にその気になっていったらしい、もちろん赤いプラティは早くから交接器を振り回していたのだが、とうとう白いプラティにも交接器が見えてきたのだ。

 そう、実にとんまなことにこの2匹は両方とも♂だったのだ。

 これが第二の悲劇だ。

 それでも、ってか本人は、つまり赤いプラティにこの事実がわかっているのかどうか、それでも白をストーカーしている。
 とうとう白いプラティがストレスだろうか体調を崩し始めた、えらをすぼめて隠れるようになったのだ、小さい白は狭いところには入れるが少し大きい赤にはついて行けない隙間もある。白がそんなところに入ると赤は狂ったように探し回っている姿をよく見かけるようになった。

 そしてとうとう白いプラティは水草の隙間で☆になった。

 第三の悲劇だ。

 その後赤いプラティは交接器を出したままだ。
 そしていまはグッピーの青いお母さんを追いかけているが相手にされない、青いお父さんがこの赤いプラティを別の場所に連れて行って攻撃しているのを見た。

 「俺の女に手を出すな」ってか!。

posted by 健太朗 at 23:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする