2011年10月15日

完成されたスバルの360・・・スバルR2

                    36006jpg
                      カタログより 

 スバル360は日本を代表する名車だ。


 リヤシートの後のホンの小さな隙間にコンパクトなエンジンを載せて、たった3メートルの車体に大人4人をゆったり座らせてしまう、昭和30年代の日本車のデザインとしては画期的なものだった。
 このすばらしいクルマは実に12年間に渡り、約39万2,000台が生産されたという。


 国産自動車の黎明期から、それこそ日進月歩で発達改良されていく時代に12年ものあいだ基本設計を変えずに生産されたことは快挙に値すると思う、どうだろう12年もモデルチェンジしなかった日本車は360のほかに多くはないだろう、この時代のクルマなら三菱デボネアがある。
 外国車ならフォルクスワーゲン・タイプ1(初代ビートル)、こちらは桁外れで65年間に2千万台を越えているが、これは国民性もあるから比べないほうがよい。

 富士重工がビートルを真似したかどうかはわからないが、12年もの間には、改良してもしきれない部分が出てくるのは仕方がない、例えばトランクスペースがない。ボンネット下の空間に大きく足を伸ばす着座姿勢。重量配分によるふわふわサスペンション。同じ理由で軽すぎるステアリング。最高速度は最終型で90km/h。
 これらを改良するには根本的に見直すしかなかったのだ。

          206
                  当時の愛車

 そこで登場したのがスバルR2だ。ホンダN360やフロンテに対抗せねばならない。
 小さいながらボンネット下にトランクルームが出来た。燃料タンクをリヤシート下にしてリヤシェルフも大きくなった。着座姿勢は普通になり、室内はより広くなった。サスペンションはリヤもトレーリングアームになってしっかりした乗り心地になった。そしてエンジンはシリンダにアルミをおごって、リードバルブも採用され飛躍的に良く廻るようになった、最高速度も115km/hとなって、まるで小型車に乗っているよう、と評されるようになった。

          204


 スバルR2は完成されたスバルの360なのだ。
 しかしそれでもやがてN360に追い越される結果となった。生まれるのが少しだけ遅かったのか、時代は前輪駆動全盛時代に流れて行くのだ。

          205


 昭和44年、私はR2発表展示会で試乗している、まだ全面開通していなかった葛野大路を時速60キロで走ってみて、これなら使える、と感じたことを覚えている。
 何しろ私が時以前乗っていた360は16馬力の横エッチ、時速60キロはほとんど最高速度だったのだ。

          201
                 カタログより

 そして46年から4年近く、この初期のR2のオーナーとなった。
 当時の軽乗用車としては、N360のようにせわしなくはなく、フロンテのように大食らいでもなく、フェローより力強く、何となくカローラの80点主義のごとく可もなく不可もない、移動の道具としてホントに使いやすい車だったから、友人に是非にと請われて譲るまで何の不満も感じないまま4年も乗ってしまったのだ。

          202


 以後私はファミリアやカローラなど、道具として使いやすい車ばかり乗っている、私だけではない、日本の乗用車はやがて白物家電化して行くのだ。心の奥深くにマニアックなエンスー魂を仕舞い込んでいることを忘れているわけではなかろうに。

         203

 

posted by 健太朗 at 20:13| Comment(14) | TrackBack(0) | スバルの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする