2011年08月15日

走るというより飛ぶ感じ・ファミリアロータリークーペ 2

 さて、ロータリーエンジンの高性能の秘密はどこにあるのか。

          Photo


 レシプロの4ストローク1サイクルガソリンエンジンはピストンが2回往復(4ストローク)するあいだに吸入、圧縮、爆発、排気の1サイクルを完了する(なぜかこれを4サイクルエンジンという)、従ってクランクシャフトが2回転(720度)する間の2分の1回転(180度)分しか動力を得られないわけで、4気筒の場合1回転するあいだに4つの気筒のうちどれか1つが爆発して動力を発生しているわけだ、だがロータリーエンジンの場合は1つのローターが1回転するあいだに3回爆発するわけで、ただレシプロのクランクシャフトに当たるエキセントリックシャフトはローターに対して3倍の回転をするようにしてあるので、EXシャフトが1回転で1回爆発することになる、ファミリアのエンジンは2ローターなので、つまりエンジンが1回転するあいだに2回爆発することになる、だから2倍の力が得られるという説がある。

 しかしこれには異論がある、そもそもロータリーエンジンはおむすび型ともいうが3角形のローターが回転するので燃焼室が3つあることになる、であれば2ローターでは6気筒と同じだ、なので4気筒と比べるのは適当でないという、だったらレシプロの6気筒エンジンはどうかというと2回転で3回爆発することになる。
 それなら6気筒エンジンはもっと性能が良くなければならないということになる。

          01_2

 内燃機関であるガソリンエンジンは燃料を爆発させることによって動力を得る、というのが当たり前だが基本だ、これはもちろんロータリーエンジンでも同じで、つまり理想的な比率のガソリンと空気(酸素)の混合ガスを出来るだけたくさん吸い込んで、これを充分に圧縮して大きな爆発力を出来るだけ短時間に得られると性能は良くなるわけだ、そのためには充分な排気も必要だ、キーワードは、吸入、圧縮、爆発、排気。


 だがしかし限界というものがあるし機械である以上機械ロスもある、一長一短はあるが、ピストンの往復運動を回転運動に換えるレシプロエンジンより、元々回転運動であるロータリーエンジンの方がその限界が高いところにあるのだ、その証拠にロータリーエンジンは性能が高い分、大食らいだったのだ。


 そのことがあのオイルショックを境にロータリーエンジンの悲劇が始まる原因だったのだ。
 最も最近では少ない燃料でいかに効率よく高性能を得るか、という技術がレシプロもロータリーも排ガスなどの公害対策に大いに役立っている。


 とすれば、私のような素人が言うのも何なのだが、東洋工業がコスモはともかくファミリアロータリーにはびっくりするほど高性能なエンジンではなく、セダンの4気筒エンジンより少しだけ高性能で経済的なコンパクトエンジンとして売り出していたならば、ロータリーエンジンの今、はずいぶん違ったものになっていたのかもしれないと思うのだが、どうでしょうね。

          02

posted by 健太朗 at 11:51| Comment(6) | TrackBack(0) | マツダの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする