2011年08月14日

走るというより飛ぶ感じ・ファミリアロータリークーペ 1

          01


 私にとってファミリアは親しいクルマである。


 初めて自動車屋に就職した頃は初代SSAの全盛期、あれ以来私の仕事の中でファミリアに出会う機会はつとに多かった。
 そして四代目ファミリアAPは中古車を買って3年半ほど乗ったし、五代目BD1051型には5年6万キロほど乗ったが、それ以降のファミリアは最後の九代目まで、もちろん自動車屋として関わることは多かったが、私を魅力することはなかった。だがファミリアは総じて日本人のファミリーカーとして最も適したクルマの中の一台ではなかったかと思う。
 これほど親しんだファミリアのなかで、どれか1台というなら新車を降ろした五代目BDだが、これはいずれお話しするとしてこれ以上に今でも印象に残っているのが二代目のボディを

使ったファミリアロータリークーペだ。

     0

 


 ファミリアセダンの後半分をクーペバージョンに換えてロータリーエンジンを載せたもの、お世辞にもかっこいいとは言い難い、ふだん飲み屋で焼き鳥なんかつついているお父さんがださいスウェットなんか着込んでマラソンに出るようなものだ、だからファミリアなのだ。


 ところが乗ってみるとこのロータリーエンジンのおかげでイメージは一変する、低速ではフレキシブルで使いやすいがちょっとトルク感が少ない、だがスロットルを開けてやると力強くモーレツに加速する。モーレツ、なんて古い言葉だ。
 とにかくよく走るというのが当時のロータリーエンジン車のイメージだ、どこかに書いたと思うが、次のカペラロータリーなどは直進でもおしりが振るほどの加速を味わえた、ファミリアはそれほどではないにしても夢のような走りを体感するのは容易だった。

 当時のファミリアのキャッチコピーが「走るというより飛ぶ感じ」、走りが良いと言いたいのだろうが、実は足回りが柔らかくふわふわで、高速になると文字通り走るというより飛ぶ感じだったのだ。

 カールベンツが三輪のガソリンエンジン車を創って以来、世界中の自動車はほぼ一貫してピストンの往復運動を回転力に換える、いわゆるレシプロエンジンを使ってきた。
 そのカールベンツから80年余を経てピストンを使わないエンジンを、日本の東洋工業が実用化するというのだからどれほど期待されたかを想像してほしい、あの文字通りのファミリーカーが流麗なクーペになって、戦闘機のようなダッシュボードを与えられている、しかもそれまでのレシプロエンジンよりはるかに性能が良いロータリーエンジンが載っているというのだから勢いアツくなる。

          001


 セダンの987cc 58ps/600rpm 7.9kg-m/3500rpmに対して491cc×2 100ps/7000rpm 13.5kg-m/3500rpmと、ほぼ同じ重さのボディを倍近い性能のエンジンで走らせるのだから、ぶっ飛んで当たり前というものだ。

 

                                           

posted by 健太朗 at 14:43| Comment(4) | TrackBack(0) | マツダの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする