2011年05月27日

SSD ・ 半年

久しぶりに自作パソコンの話題。

 昨年11月、我が愛機にSSDを導入してWindowsの立ち上がりが速くなったと書いたが、あれから約半年がたって、さてさて今の感想を書いてみようと思い立ったわけである。

 いったいあれから我が愛機に何が起こっているかといえば、とにかくOSやアプリケーションの立ち上がりが速く、さくさくと動作する何をやってもスムーズなマシーンになったのだ。

 と、実は書きたかったのだが、事実は少し違う。

 確かにその通り、さくさく動くことがほとんどなのだが、時々とんでもなく辛気くさい「プチフリーズ」なるものが起こるのだ。
 例えば、私は毎日Webブラウザの画面の一部を個人的な記録として、Windows7に付属のスニッピングツールを使ってキャプチャするのだが、このスニッピングツールを続けて使った際に起こるプチフリーズ、通常はタスクバーにあるアイコンをプチッとすると瞬時に立ち上がるのだが、2回目か3回目には必ず10数秒も待たされる、はじめはわからないから何回もプチプチとクリックしてくちゃくちゃになってIEを再起動する羽目になったりしたが、ちょっと待てば良いということがわかると何でもないことなのだった。

 何でもなくないのが原因不明の完全な「フリーズ」である。

 これはWindowsそのものがフリーズしてしまうので強制終了するしかない、これが最近では数日から数週間に一度は起こっている、ただ、多くはIEで起こっているので大切なデータを失うような事態にはまだ至っていない。


 試しにDVDから修正インストールを実行したら、しばらくは直っていたのだが、最近またぞろフリーズするようになった。

 以前、43のおじさんから「 フリーズしたときの強制終了した時などに起こりそうな、電気的ショックとかでデータが壊れないのかが不安」との指摘があったが、強制終了したからデータが壊れたのか、データが壊れたからフリーズするのか、ここのところがよくわからない。

 更に悪いことにはつい先ほど、突然画面が消えるというトラブルに見舞われた。

 これはリセットボタンで再起動した後は何事もなかったかのようにさくさくと動いているので今この文章を書いているという次第だ。
 いずれにしてもちょっと爆弾を抱えてしまった我が愛機、Kal-El 4世、いずれ再インストールを実行する羽目になるかもしれないと戦々恐々の今日この頃である。

posted by 健太朗 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする