2010年11月15日

SSDを試してみたかった

 自作パソコン雑誌をみればこのところ毎号SSDは速いという記事が載っている、最新のSSDならHDDの倍くらい速いという、そして音がしない、電力消費が少ないときた、ここはひとつ我が愛機Kal-El4世でSSDを試してみたく思っても不思議ではない。
 問題はSSDの最大の欠点である、値段が高いということ、でもこれはがんばって小遣いをはたくしかない。

 

 考えてみれば、Loisと名付けたASUSのネットブックEeePC S101がうちにある、これの記録装置はHDDではなくSSDだ、容量が少ないのでデータ保存はできない、ふだんはSDカードを挿して青空文庫の端末になっている。
 たった16GBのSSDと1.6GhzのAtomCPUは動作は鈍いが起動は速い、POSTが表示されないからAC接続時なら30秒あまりでWindowsXPが立ち上がる、ただその後IEを起動するのに50秒ほどもかかってしまう。

 

 Kal-El4世はPentium Dual-Core E5200と日立のシングルプラッタ500GBでWindows 7 Home Premium 32bitをだいたい45秒で立ち上げる、このうち25秒はPOST画面だからOSは20秒で立ち上がることになる。
 もしこれにSSDを組み込んだら10秒から15秒と予想した。

 

  さてそれではどのSSDを選ぶかだ、SSDはまだ歴史の浅いアイテムなので私としては信頼性を重視したい、なので定番中の定番といわれるintelを選ぶことにした。
 intel X25-M Mainstream sata SSDの80GB、これは発売されて2年になるので最新型ほど速くはないそうだが、信頼性は高く、トータルでの性能は高いとされている。

 

          Ssd1

                    3.5インチマウンタが付属していた

 

 今回の再インストールはHDD側のOSを残したまま、SSDにWindows7をインストールする、これでデータのバックアップは不要だ、HDD時代のDドライブはSSDのOSではEドライブとなってそのまま使えるからだ。


 また、必要があればBIOSで切り替えることによって元のCドライブにアクセスできる、ただこれはアクティベーション違反なので一時的なこととしてお許し願う。
 いずれ、HDD側のパーティションを削除して500GBのDドライブを作ることにする、SSDのCドライブは極力書き換えをしないようにシステム専用とする方がよいそうだ。

 

 で、Windows7のインストールはなんと、30分を切った。自動でインストールしてしまう54個もの更新プログラムを入れた時点で、12.8GB、ワード、エクセル、フォトショップなど、いくつかのアプリケーションをインストールして、現在22GBを使用している。80GBもあれば充分といえる。


 これでスタートアップは40秒、予想通りOSは15秒で立ち上がる、もちろんこの後IEを立ち上げてもその他のアプリを立ち上げても瞬時に立ち上がる。

 それでも体感的にはほんのわずか速くなったかな、という程度だ、SSDは使っているうちに性能が落ちるという、HDDとどちらがよいかはしばらく使ってみなければわからない。
 まずまず先のことは心配しないでこれでしばらく使っていくことにする。

posted by 健太朗 at 22:14| Comment(6) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする