2010年06月26日

カタログコレクションより・ベレットGT

01


 いすゞの乗用車と云えばヒルマンを思い浮かべるのだが、べレルやベレット、それに117クーペなど美しくすばらしい車たちがあった事を思い出して欲しいものだ。
 今回は私のほんの少しのカタログコレクションの中から、ベレット・スポーツクーペグループを選んでみた。

G02

           1600GT

 ベレットは昭和38年、ヒルマンの後継車として売り出された1300・1500㏄4ドアセダンで寸法から見るとラウムより短く、全幅は今の軽自動車よりほんの2Cmほど広いだけの小さな車だが当時は結構大きく感じたもので、当時のコロナやブルーバードともほぼ同じ大きさだった。

 そして翌る昭和39年、東京モーターショーに展示されたプロトタイプがベレット1600GTとして発売された。

G03
        1500GT

 このカタログは発売当初のもので、1500GTや1500クーペもラインにある。
 エンジンはヒルマンのものを流用、GTにはSUツインキャブを採用しているがヒルマン同様かなりフレキシブルなエンジンだ。

G05 

 サスペションはフロントダブルウィッシュボーン、リヤは横置きリーフのスイングアームで、ステアリングギヤに当時はまだ珍しかったラックピニオンを採用していた。
 この組み合わせは今では考えられないくらいユニークなもので、事実べレGの操縦性は 「ひとくせある」 と表現される事が多かった、私の記憶ではかなりのオーバーステアでそのくせロールが大きく後ろが流れるという印象だ。
 またこのラックピニオンのブッシュが弱く、フロントタイヤの動きに合わせてガタゴトと異音が聞こえるというのがベレットというくるまの思い出についてくる。

G04

   ハンドルが歪んで見えるのは写真のせいではない、ギヤボックスが中央寄りになっているのだ。

 なんだか最近のクーペモデルは美しいという形容が出来ないくらい機能的なデザインになっている、まさにコンピューターの申し子になってしまっているような気がする。
 この時代は人間の感性でデザインされていたのだろうか、ハード面での制約が今より多かっただろうから今より難しかったと想像するのだが、それにしてもこのベレットGTやホンダ1300クーペなど美しいクーペがたくさんあったと思う。だからといってこのデザインを現代によみがえらせようとしてもとても想像だに出来ないが、私はクーペという言葉に「美しい」とか「華麗」「流麗」というイメージがくっついているのだが、このベレットクーペと例えば今のニッサンGT-Rと比べてどうだろうか。

G06
       1500クーペ

 ベレットGTはその後、マイナーチェンジを繰り返しツインカムエンジンの1600GT-Rや1800GT、さらにはあまり美しくないファーストバッククーペなどを次々と発売した。


 そして鈴鹿12時間耐久レースでの優勝をはじめとして数々の戦績を残し、昭和46年の東京モーターショーにスポーツワゴンを展示、これを最後に、日本のGTグランツーリスモの草分けとしてスポーツカーシーンの座を117クーペに譲っていった。

G07

G08

 このカタログの一文に「〈無理〉、こんな言葉は知りません。」と題してこうある、
  「ベレットGTのシートにかけてみてください。ギヤシフトレバー、ステアリング、さまざまなスイッチノブ‥‥全く無理を感じさせないポジションに配置されています。視覚をもたないパノラミックウインドウはドライブに疲労を覚えさせません。 メーターパネルはシャープで、スピードメーター、タコメーターはステアリングホイールの中央に並び、オイルメーターはじめ計器、スイッチ類はコンソールにデザインされております。ベレットスポーツクーペ・グループの運転席に是非一度おかけください。」。

 当時のスポーツカーはやっぱり 「心情的スポーツカー」 だったのだろうか、最後のページには 「とばしてください。きっと満足していただけます。ディスクブレーキも用意しました。」。

 名神高速が日本で初めて栗東・西宮間で開通し、マイカーブームが始まった、しかしまだ自動車という機械が充分成熟していなかった、ややこしい時代の美しいクーペだった。

posted by 健太朗 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | いすゞの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

マップオンデマンド ・ 大失敗

 日曜日に岡山まで走るので、久しぶりにマップオンデマンドによる地図更新を行った、先週の金曜日の話である。

 ところがこれが大失敗。

 

 いつも地図更新には4時間近くかかるので、エンジンをかけずに1時間くらいガレージに放っておいて、30分ほどエンジンをかけるか、ちょっとドライブして充電するようにしているのだが、その1時間をうっかり2時間近く放っておいてしまった。

 

 なんと、画面は真っ暗、メーター内の赤いランプは薄暗く、セルモーターは「ぐいぃっ」と一声発して終わりだった、バッテリー上がりだ。
 これは一時的に電圧が下がったものと、しばらくおいてみたが回復のきざしなし、仕方なく隣のおじさんに頭を下げて一件落着と相成った。

 

 それにしても、約2年前の新車の頃には、2時間ドラマを車でみても何ともなかったのだが、やはりバッテリーは確実に老化しているのだ。

 今後、地図更新の際には注意が必要だ。

 

 それにしても、今回大阪、兵庫、岡山の三府県を更新したのだが、合計6時間もかかってしまった、途中トラブルがあったとはいえ、これは時間がかかりすぎる。
 原因はわからないが強いて考えられるのは、セットでダウンロードされる全国配信情報というのが21項目もあった、これは初めて更新するときよりも多いに違いない。

 

 今回の更新ではこんなことがあった、岡山県内の一般道路で、ちょっとした渋滞があって10分近くのろのろと走っていると急に再探索が始まって渋滞を避けるコースを案内してくれたのだ。
 もっとも今回の場合はそのときすでに渋滞は解消されつつあったのでそちらのコースは無視したのだが、ありがたい機能だと思う。

 高速道路では決まって立ち寄るサービスエリヤを音声案内してくれることもあるのだが、ちょっとお節介に思っていた。


 だがうちの嫁ナビはうるさいほど次のサービスエリヤまでの距離と時間を案内してくれるので、賢いカーナビとうるさい嫁ナビがあって、僕はしあわせであります。

posted by 健太朗 at 14:05| Comment(4) | TrackBack(0) | カーナビの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

Windows7 RCから製品版へ

 Windows7RC(製品候補版)は去年の2月から一年以上もただで使わせてもらった、ありがたいことだがしかし、この新しくて軽快なOSにすっかり馴染んでしまって、期限切れでVistaに戻ったときにはもう古くさいというか、かったるいというか。

 不思議なものでこれがXPだとそんな感じはしない、なんだか全く違うもののように感じてしまうのだ、まぁ予備のパソコンだからそんなものかもしれない。

 それで衝動買いでWindows 7 Home Premiumに移行してしまった。

 まずこのWindows7製品版を使い始めるとRC版よりさらに軽快になっていることがわかる、だいいちインストールが25分くらいで完了するしドライバーなどは一切気にしなくてよいから非常に楽だ。

 起動は約50秒、これはVistaともRCとも同じくらいだ、ただし、Vistaはちょっと古い120GBの日立のHDDでRAID1を組んだもの、RCはSeagateの2プラッタ320GB1台、そして今回は日立の1プラッタ500GBを使っている。

 まぁ一概には言えないが、Vistaより速く、RC版より遅いと言うことになる、だが体感的にはより軽快な感じがする。

 製品版になって一番に気になったのが、あの変な金魚のデスクトップがない、その代わりWindoes7マークが誇らしげに光っている。
 ガジェットがない、これは自分で設定しなければお節介はしてくれないのだ。
 アイコンが小さい、これもデフォルトでは小さいアイコンになっているだけだ。
 スクリーンセーバーもデフォルトではなしに設定されている。
 シャットダウンが標準になっている。

 とりあえず気がついたところを書いてみた。
 バックアップも新しくなっているようだがまだよくわからないので次の機会にする。

posted by 健太朗 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows7の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする