2009年10月23日

クラシックカーラリー


 火曜日、我が家の近くにクラシックカーがやってくるというので、御室仁和寺へカメラ一台って出かけた。

 

05

 

 これはクラシックカーで各地の文化遺産を巡りながら保護を訴える「ラリーニッポン」という催しで、4日前に東京を60台でスタートしたというのだが、仁和寺にゴールしたのは53台という事だった。

 それでも古くはブガッティのタイプ22か35だと思うが1920年代の名車から私の好きなMG はMタイプ、TDミジェット、TFそれにMG A、フィアットは600アバルト、ジャガーXKやタイプEなど、国産ではトヨタ2000GT・フェアレディにホンダS800と、とてもここには書ききれない素晴らしいものを見せてもらった。

 

08

(御室の東門をくぐるMG TDミジェット)

 これほど多くのクラシックカーをいつもの見慣れた景色の中で見られるのは滅多にないこと、クルマ好きには夢の世界だ。

 

07

          (アルファロメオ)

 

09

          (BMW)

 

02

     (ACエース ドライバーは東儀秀樹さん)

 

03

         ( MG A)

 

06
         ( トヨタ2000GT)

 

04

         (本来、車が走る場所ではない)

 

 ただ、参加者の一人は   「クラシックカーや、世界遺産という歴史あるものを大切にすることの素晴らしさを多くの人に感じてもらえたのでは」  などと話された、とニュースサイトで読んだ。

 だが、それは確かにそうだろう、クラシックカーを守る文化意識は日本ではまだまだ低く、一部のお金持ちの道楽なのだ。 しかし、

 

01_3

  ( ここに自動車が入るのは、今上天皇行幸以来のこと)

 しかし御室境内の参道は普段、じゃりを踏む足音と少し前ならまだ虫の声が聞こえる静かな場所、参道の脇にはいろいろ珍しい種類のサクラの木が植わっているところだ、サクラは土壌が硬くなるのを嫌う植物だ、滅多にその苔むしたサクラの根元に踏みいる人はいないはずなのだ。

 だが、この日ばかりは砂利道をすっかりクラシックカーに占領されて、見物の人はこれらのサクラの木に登らんばかりに寄りかかってカメラを構えている。

 あぁあ、とため息が漏れた。いったいなにが大切なのだろう。

posted by 健太朗 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | くるまの雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

ネットブックの画面が小さいので・・・

 出かける時にでも使ってみようと55,000円で衝動買いしたASUSのネットブック、いつも使っている自作のディスクトップパソコンに比べると、薄くて、ちっちゃくて、綺麗で、かっこいい、と気に入ってLoisと名付けたのだが、実に小さくて見にくくて使いにくい。

 ホントを言うと公衆無線LANの契約をしているわけでもないので、出先で使うことなんてほとんどない。
 結局はリビングでテレビでも見ながら使うか、ベッドで使うか、くらいのことだ。

 およそネットブックの性能というのは必要にして最小限のものだ、AtomというCPUはわずか4Wで動くというのだから65Wで動くCore2Duoと比べたら非力で当たり前なのだ。
 それでも家内が使っている5年前のアスロンを乗せた、10数万円もしたノートパソコンより格段に早い。

 でもでもやっぱり使いにくいと思うのはi945チップセットに内蔵されたグラフィックに  1,024 x 600(WSVGA)という解像度は荷が重いのか、それともそれだけの解像度の10.2型ワイドという小さい液晶画面を見る私の少し老眼が進んだ目が力不足なのか。どうなんだろう。

 とにかくこの小さいワイド画面は、特に上下が狭い。
  IE8の上部のツールバーなどの領域が、いつも使っている17インチの古いモニターでは何ともないのにこのネットブックの画面では非常に分厚く感じる。
 Safari等のブラウザを使えば少しはましだが、それでもなしな程度だ。

 そこで、PCオンラインというサイトの記事で見つけたのが、ChgDispRes、これ、どう読めばよいか判らないが、change、display、resolutionを組み合わせだろう。

 ネットブック用画面解像度変更ツールだ。

 実行してタスクバーにおくと1,024 x 600を1,024 x768に変更してくれるのでこんな風になる。

02
 1024×600








03
 1024×768をダウンスケールして表示








  上下を圧縮するので少し平べったくなる、たぶんグラフィックスチップに負担がかかっているのだろうちょっとぼけたような描写になるし、スクロール時にはかくかくとこま落ちのようになる、目に優しいとは言えないが、それでも全体が広くなって見やすくなる。
 これならIE8のズームアップも生きてくるのではないだろうか、だが決して使いやすいものではない、常駐させないのならシャットダウンする前に元に戻しておいた方がよい。

 興味のある方は試してみてはいかがだろうか、だめならファイルごとゴミ箱に捨てれば削除できる。

posted by 健太朗 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットブックの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

Windows7 その13・無料セキュリティ対策ソフト

 2009年9月30日、マイクロソフトから無料のウイルス対策ソフト、Security Essentials(セキュリティ・エッセンシャルズ)、がリリースされた。

 そこで早速Windows7RC版とWindows Vistaにインストールしてみた。

 ダウンロードは、http://www.microsoft.com/security_essentials/?mkt=ja-jp  、からできる。

01 ここからダウンロード。












02 ウイザードがスタート。










03 ライセンスの検証。










04 インストールが完了すると最新の定義をインストール。











05 続いてコンピュータ内をスキャンする。












06 次のスキャンのスケジュールを確認または変更して完了








 

 

 

 

 

 

 

Photo セキュリティセンターでウイルス対策の項目を確認。

Vistaの場合はマルウェア対策の項目だ。




 

 

 

 

 

 

 

 で、使い勝手はどうかというと、これはなかなかいいのではないかと思う。

セキュリティソフトの中にはよくトラブルを起こしたりじゃまをしたりするものもあるが、さすがにマイクロソフトだけあって、今のところそういうことはないようだ。

Webサイトの表示が若干遅いようにも思うが気にするほどではない。

ただし、まだインストールして数日なので、断定はできない。



posted by 健太朗 at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows7の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする