2009年03月29日

国産外車・フロンテ800

 スズキのスプラッシュというクルマはハンガリー製だとか、何でもシートもスプリングも堅く、ちまたの日本車とはひと味違うらしい。


   スズキにはその発展途上でそこいらの国産車とはひと味もふた味も違うクルマがあった。

 

03_3
 フロンテ800である。


 

 

 

 

 

 

 

 当時の国産車の中にあっておよそ日本人がデザインしたとは思えないほど垢抜けしたクルマで、「国産外車」とあだ名されることもあった。
 事実、ミケロッティのデザインではないかと噂されたこともあったが、本当はスズキの社内デザインだったそうだ。

02_2

 

 

 

 

 

 

 

 当時のスズキ自動車はフロンテやキャリーの成功で高度成長のまっただ中にあり、それらの軽自動車の技術を小型車に生かして設計されたのがフロンテ800だ、水冷2サイクル3気筒785ccエンジンを前、先端に積んで前輪を駆動するつまりFF方式であった。

04_3 

 

 

(写真左が前)

 

 

 

 先端といったのは、通常ラジエターがエンジンルームの一番前に位置するのが普通だが、フロンテ800のラジエターはエンジンの後ろに位置していたのだ、これは重量バランスと空間利用の為にそうしたのだろうが、ドイツのDKWやサーブなどの2サイクルエンジンの先駆者もこのようなレイアウトだったからそれにならったというのが本当のところだろう。

   
 サスペンションも、前ウィッシュボーン、後トレーリングアームといった当時としてはユニークなものだった。

 

01_2

 私自身、数回お目にかかることがあったが、軽自動車のそれと違い、2サイクル特有のばらついた「たたん、たたん」という音が気にならないほど静かで軽快なエンジンで、なかなかの走りだったし、のり味も現代のクルマに似た堅めのものだった。
05_2 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そして室内のデザインもヨーロッパ車の雰囲気を持ったシンプルなデザインだったが、他の国産車に慣れた目にはちょっと変わったものに映った。

 

 それを端的に表すように、フロンテにはもう一つのあだ名があってそれは「げてもの」と言われた。
 昭和42年頃の標準はコロナやブルーバードに代表されるFR車、つまり前に4気筒エンジンを積んで長いプロペラシャフトを介してリジットリーフの後輪を駆動する、という堅牢にして無骨なメカを持ったものだった。
 このような無骨なメカを持ったクルマたちでさえ、今とは比べられないくらい故障が多かったのだ、軽自動車はともかく、小型車に前輪駆動や2サイクルエンジンやヨーロッパ風のデザインなど当時のユーザーには受け入れられない要素だった。

 

 更にこのクルマの寿命を縮めたのは燃費の悪さだった。
 当時の街中で私が乗っていたコロナで10Km/l前後だったし、所長のヒルマンも同じくらいだったが、フロンテはそれらよりもまだ悪かったようだ。

   ちなみに三菱の日本初のファーストバック大衆車であるコルト800も2サイクル3気筒を載せていたが、ほとんど発売後すぐに4サイクル4気筒に載せ替えられたが、これも燃費と白い煙が小型車として受け入れられなかったことが原因だったのだと思う。

 

   しかし今見ても美しいこのフロンテ800が大して多く作られず、たった3年あまりで姿を消したのは残念で仕方がない。
   現在では博物館でしかお目にかかれないだろう。

posted by 健太朗 at 13:20| Comment(2) | TrackBack(0) | スズキの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

ネットブック・Lois

Cimg1935 

 

 前からほしかったので衝動買いだとは思いたくないが、 ジョーシンで少し安かったのでつい買ってしまった 。

 

Lois 

  ASUSのネットブック、EeePC S101だ。      
  Loisと名付けた。

 

   本当は懐が寂しいのでEeePCでも安価なS901にしようと思ったが、お店で見ているとEeePC S101は、数あるネットブックの中でも最も薄くて美しく、私の目に魅力的に映ってしまった。 

 

 

でもやっぱりこの小さくてまっ黒なキーボードは万年初心者にはちとつらい。 

 

Lois_2 

     キーボードは白がよい。 
    
   画面の小さいのは覚悟の上だが、これはまあ弱い老眼鏡をかければどうということはない、しかしモニターはやっぱり大きいに越したことはないようだ。
    
まあ、不満は私の勝手でASUSのせいではないし、901よりずっと良かったと思っている。元々これは持ち運び用と割り切って作られているものなのだ。

 

Loisbag 

 

 ちょっとしゃれたバッグとマウス用の袋も

着いているので持ち運びには便利だ。

      

 

 

 

 

  EeePCはHDDではなくSSDをつかっているので、立ち上がりが早いのがうれしい。      
      
  だがたった16GBの容量しかないのでデータの保存に工夫が必要だ。      
新品を下ろして最初のセットアップ直後のCドライブの使用領域は3.68GB、Windows Updateを実行して4.53GBになる。      
      
Loisc 

 

  特にアプリケーションソフトを追加しなくてもWindowsは使用領域を増やしてゆく、だから追加ソフトは最小限にしなければならない。 だが、Star SuiteやWindows Liveなどフリーか又は安いソフトが結構沢山インストールされているので、これらをうまく使っていけば何とかやっていけると思う。 

 

  そしてデータの保存は一時的なもの以外はSDカードかUSBのデバイスを使う必要がある。

 

 もうひとつの方法にEee StorageがあEeeる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはASUSのサービスでWeb上のストレージを60GB分使えるのだ、しかも他のパソコンからもこの領域にアクセスできるというから一見便利なようだが、これが非常に使いにくくわかりにくい、マニュアルにもWebにも十分な説明がなく、不必要なホルダーが沢山あってどこにデータを保存したらよいのか、これがなかなかわかりにくいのである。    
      
    試しにS101でEee Storageにデジカメ画像を数枚保存して他のパソコンで開けようとしたら、丁度フリーソフトをダウンロードするのと同じような要領でブラウザからダウンロードすることになる。

 

05_2 

 

 これなら外付けのHDDを使うほうがよほど便利だ。 

  付属のマウスは非常に使いやすい、だがせっかくBluetoothが着いているのだからもう少しおごってほしかった。

 

Lois_3 

 

 まぁ使い勝手はぼちぼち慣れるだろう、今のところこの小さくて美しいパソコン「Lois」は、私の新しい恋人としていつも手元でやさしく微笑んでいる。

posted by 健太朗 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットブックの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

Windows7 その6

 Photshopが起動しない。

 

Er01

 

 私に自作パソコンを教えてくれたOさんからアドバイスのメールが届いた。
 「仮装メモリーは、HDDに余裕が有れば、1つのパーテェーションに4069MBまで増やせると思いますので、試されたらいかがですか?。通常よりもPCの速度は速くなりました。」
 で、早速やってみた。

 

 しかしここでトラブル発生だ、パフォーマンスオプションで仮想メモリーのサイズを変更するたびにハングアップ、応答なしとなる。タスクマネージャでも終了できないし、システムの再起動もだめ、リセットボタンで再起動してやっと変更できるという状態だ。
これはWindows7のバグなのかもしれない。

 

 それはそれとして、これは確かに正解だ。

 

 確かにPhotshopの立ち上がりも動作も幾分速くなった気がする。

 しかし、クルマのエンジンをチューンナップする際、究極は排気量を大きくすることだ。といわれている。
 たとえば2000ccのエンジンにターボチャージャーをつけるより、3000ccのエンジンの方が同じ馬力でも性能が良いというのである。

 この理をパソコンのメモリーに当てはめると、つまり物理メモリーを多くするのが一番善いと言うことになる。

 

 パソコン用メモリーは今非常に安くなっているので私としてはこちらを選ぶことにしたい、今ちょうどジョーシンでセールをやっているのでKingBoxのDDR2-800.2GBが2枚セットで3000円ほどで買えた。

 

 で、これを装着してみると、仮想メモリーは自動で3306MBとなった、だがおかしな事にPhotshopはやっぱり立ち上がらない、仮想メモリーの推奨は4509MBとなっている。

 

 ちなみにWindowsVistaでは物理メモリー2GB、仮想メモリーは2336MB、推奨は3054MBとなっている、WindowsXPは今Windows7に母屋を乗っ取られているので判らないが、仮想メモリーのサイズを変えなくてもPhotshopが立ち上がらないなんて言うことは今までになかったことだ。

 結果、仮想メモリーを推奨の4509MBにしたらPhotshopが正常に立ち上がったことは言うまでもない。

 

14

 

 従って私の考えよりOさんのアドバイスが正しかったと言うことになる、だが、私としてはちょっと納得できないおもいだ。


 当然このことは「フィードバックの送信」でマイクロソフトに報告した。

posted by 健太朗 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows7の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする