2008年05月29日

駐車場のクラウン

 私の実家は京都のさびれた商店街にあり、数件隣にはマンションが建っている。
 ここも私が中学生の頃には商店であり繁盛していた、そしてその商店の裏庭、というより空き地は子供たちの遊び場にひとつだった。
 そこが4〜50台も入る大きな駐車場に変わっても私たちの遊び場であることに変わりはなかった。

 私たちはクルマが置いてない場所を選んでボール遊びをしたし、ドアキーがかかっていないクルマの中は格好の隠れ家でもあった。

                          Rs02                           クラウンRS

 その中にちょっと古い初代クラウンがあった。

 私はその車の細部まで観察した。
 リヤサスペンションのリーフスプリングはたった3枚しかないこと、フレームの床下になる部分はがらんとして大きな空間があること、燃料給油口はトランクの床面にあること、ドア内ハンドルを反対に倒すと鍵がかかること、ボンネットを開けるためのレバーはフロントグリルの内側にあること、サイドブレーキレバーは運転席とドアの間にあることなど、書き上げるときりがない。

 その湿気た匂いの漂う室内空間は自動車大好き少年のお気に入りの隠れ家で、運転席に座るとそこは限りない夢の世界が広がった、そしていつの間にか後部座席で居眠りしいてた。

                              Rs                       ビニールシートの簡素な室内

 このクラウンはRSという初期型のまだ単一グレードの時代のクルマだ。
 昭和30年、まだ日本の自動車技術は創世記にあり、外国の技術を導入した日野のルノー、日産オースチン、いすずのヒルマンなどに対し、トヨタが国産技術の総力を結集して完成させたクルマで、アメリカンスタイル、前輪独立懸架などを特徴とした、当時としては斬新なクルマであった。
 ただしノックダウンの三車と比べて技術的にあたらしいかと云えば必ずしもそうではなく、それまでのトラックのシャシーを流用した、ただ堅牢なだけの国産乗用車と比べて斬新と云えるのであったろう。
 あえて応力外皮構造(モノコック)としなかったのは当時の日本の道路事情とタクシーを意識してのことだったようだが、その後40年もの間、国産唯一のシャシー付きセダンとしてトップに君臨し続けたのは立派である。
 1450cc、4285×1680×1525は、今のカローラより小さいくらいのクルマだがこれが5ナンバーの枠いっぱいであって充分立派で大きく感じられた。

 当時の私はまだこの駐車場のクラウンを夢の中でしか運転することはなかったが、後にRS20やRS30といった初代クラウンのマイナーチェンジ版に乗る機会があった、だがもうその頃は国産乗用車の代表といった地位を築き上げていて、鈍重だが運転しやすく豪華な中型車といった印象がある。
 特に後席の肘掛けがドア側にあって、これが特に高級車の印象を強くしていた。観音開きだからこその装備なのだ。

 後期型で印象に残っているのは、トランクの中にあった燃料給油口は大きくなったテールフィンの先にある涙型のテールランプの裏に隠れていたことだ、給油のときはこの左のテールランプ全体がぼこっとはずれてその奥のキャップあけるのだ。

 駐車場の古いクラウンには、乗用車には珍しいアポロと呼ばれた腕木式の方向指示器が付いていた。どんなのかというと、左右のセンターピラーから細長い菱形の棒が飛び出してそれが光る、菱形は矢印に見えるからその方向へ曲がりますよという合図なのだ。

                              
Rs_2                           
 アポロ

 点滅しないのでウインカーでもなければフラッシャーでもない、つまり方向指示器(英語ではturn signal) なのだ。

 もちろん前にも後ろにもウインカーなど付いていない、特に後ろは赤い小さなテールランプだけなのだ、だから今のクルマにないシンプルな美しさがある。

 ある時、私の隠れ家にお客様があった、幼なじみのY子だ。私は彼女と並んで座って夢の世界へいざなった、そしてうきうきするような幸福な時間を過ごした。
 そこで私は奇妙な気持ちを味わった。それが恋心だと気がつくのはずっと後になってからだが、残念なことにY子には私の夢の世界は決して居心地の良いところではなかったようだ。

posted by 健太朗 at 22:54| Comment(1) | トヨタの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

道路特定財源を一般財源化

 JAFや日本自動車工業会などの自動車関連の団体が集まって、自動車税制改革フォーラムを作っているが、そのフォーラムは「道路特定財源を一般財源化するのであれば、課税の根拠がなくなる自動車関係諸税は廃止すべき」として、自民党自動車議員連盟との政策懇談会に特別要望書を出した。というニュースだ。

 そりゃそうだろう。自動車のために道路を造るから自動車ユーザーに金を払えと云ってびっくりするほど沢山まきあげておいて、今更他のことに使うよと云われてもそりゃ文句のひとつも云いたくなるというものだ。

 このフォーラムは以前から道路特定財源を一般財源化する余裕があるのなら暫定税率を撤廃してほしいと言っていたが、政府が一般財源化方針を閣議決定したため、自動車関係諸税そのものを廃止するように求めていくと決めたそうだ。
 そして、とくに自動車重量税と自動車取得税の「車体課税」の抜本見直しを強く求めたという。

 私が始めてクルマのユーザーになったときは一年一度の自動車税だけだった、任意保険すらまだ普及していなかった頃のことだ。

 何でも人のせいにして、ふんだくれるだけふんだくろう等という時代じゃなかったのだろう、懐かしいかぎりだ。

 

posted by 健太朗 at 22:44| Comment(0) | くるまの雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

私のパソコン その7 RAID

 06年春頃のことだ。あるアプリケーションソフトをインストールししている途中、Kal-El2世は突然フリーズした。そしてそれっきり起動不能となってしまった。


 原因は分からない、ソフトのバグかもしれないし、たまたまWindowsXPがちょっとすねただけかもしれない。
 しかしこのマザーボード、P5GDC-V DXは今までから時々不安定になってハングアップを繰り返していたので、その延長線上のことかもしれない。

 しようがないからいったんCドライブをフォーマットしての再インストール、これでやっと復活した。
 もとよりデータは全部Dドライブだしバックアップも万全なのでなんの問題もなく、である。

 そこでこの際、RAIDに挑戦しようと思い立ち、安い80GBのHDDを2台手に入れ、MatrixRAIDで20GBをRAID0(ストライプ)にしてCドライブを40GBとし、残り60GBをRAID1のDドライブにした。
 こちらはミラーリングなので60GBのままだ。このHDDは今も使っているが、さすがにデータスペース60GBでは少なかったと悔やんでいる。
 しかしバックアップ用のLANディスクに音楽や映画をしまうようにするとこれでも十分だ。

 さあ、そこでRAID0の効果であるが、たしかにソフトの立ち上がりは早くなった、特にフォトショップなどは早さが実感できるし、WindowsXPも早く立ち上がる。
 しかしスタートアップではPOSTがRAIDドライブを検索するのでその分かえって時間がかかってしまう。
 それでも以前1分ほどかかっていたものが約45秒になった。
 ちなみにこの後、Kai-Elは3世になってCore2DuoE6300は1.86GHzにもかかわらず40秒ほどでWindowsを立ち上げてしまうから驚きだ。
 もしも最新型のHDDに換えたら、あと10秒か15秒早くなるのではないだろうか。

 それにしてもこの80GBのHDDは静かだと定評であるはずの日立の製品だがシーク音がちょっと問題だ、2台が同時にがりがりやるから 実にやかましい。
 

posted by 健太朗 at 23:27| Comment(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする