2007年12月22日

幼なじみのてんとう虫・その後

Gud_rhj9



 
スバル360というクルマは私の自動車大好き人生の中でもっとも印象に残る一台である。

 幼なじみのてんとう虫以後もいろいろと360には関わりを持つことになった。
 コンテッサの父ちゃんの車もそうだが、他の遊び仲間の360ではよく夜のドライブに出かけた、お互いの彼女と4人でだ。


 1962年のマイナーチェンジ後の360は性能も上がって格段に丈夫になっていたのだ。当然だが、それはあの逢坂山の上り坂も苦もなく登っていった。
 それから自動車屋の先輩のクルマはエンジンを450ccに改造していた。スバル450は6速ミッションだがこれは3速のまま、びっくりするほどよく走るクルマであった。もちろん違法なのでよい子はまねをしないように。

 「ハービー」という映画ではVWカブトムシのハービーが人間のような性格があって、幾度もマギーのところに戻ってきて、ついにレースに優勝する。

 現実はそんなドラマのようではないが、あのてんとう虫を売っぱらってから数ヶ月たったある日曜日、例の遊び仲間の360でぶらぶらと京都市内を流していた。
 東山泉涌寺の辺りで、横着な二重駐車をしているクルマをぶつぶつ言いながら追い越しざま、ふとその白いクルマを見ると何か懐かしさを覚えた。
 それは間違いなくあの幼なじみのてんとう虫だったのだ。白く塗り替えられてはいたが私にはわかるのだ。ナンバーが変わっていなかったので間違いない。
 と思いながらその360を眺めているうち、私はどうやら3重駐車をしていたらしい。悪いことに後ろにはパトカーが・・・。

 更にそれから数ヶ月たったとき、高校の先輩のガンさんが、ふらりとクルマに乗って立ち寄ったそのクルマを見て驚いた。 


 なんとあの幼なじみのてんとう虫だったのだ。


 そのときはナンバーは変わっていたが、私にはわかるのだ。同じ種類の犬を見ても飼い主にはわかるのと同じだ。

 どや、さすがのおまえもこれはよお運転せんやろ。

 と言う言葉を尻目に、あの横エッチのチェンジレバーを膝でこつこつやりながらすたすた運転したものだから、クルマ通のガンさんも目を白黒させていた。


 そしてそのとき、あのリヤシャフトのことことという音を私は確かに聞いた。

posted by 健太朗 at 20:47| Comment(4) | TrackBack(0) | スバルの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

私のパソコン

 

 

Pcr71   最近、GyaOでドラマのLOIS&CLARK/新スーパーマン を楽しんで見ていたが、シーズン1が終わってしまった。

  団塊の世代の子供の頃のヒーローは月光仮面、鉄腕アトム、そしてスーパーマンである。

 テレビがまだ白黒の時代、鉄腕アトムもビニールで作った衣装を着た瀬川雅人という子役が活躍する実写版があったし、スーパーマンもジョージリーヴス主演のドラマを毎週放送していた。
なにしろ窓から飛び出すシーンと悪者の前に飛び降りるシーンをつないだだけでスーパーマンが空を飛ぶのを表現していた。途中高層ビルなどが移り込んだ風景を流すシーンもあったかな。そんな稚拙なことで夢見る少年は大空に羽ばたいたのであった。

 それに比べれば今の映像技術は実に素晴らしいものである。クリストファーリーヴの映画一作目では街路樹に上って降りられなくなった猫を助けるためにスーパーマンがふわりと飛び上がるシーンをみて全く驚いたものだ。


 自作パソコンをこんなところで紹介するなんざ誠に恥ずかしい限りだが、今この文章を書いているパソコンに、Kal-El3という名前をつけている。
 カルエル三世と読む。Kal-Elというのはスーパーマンのクラークケントがクリプトン星にいたときの名前である。
 

自作パソコンは作ってからもいろいろとパーツを換えたりして育てていくようなイメージがあるのでこんな名前をつけたのであるが牛若丸でも良かったのかもしれない。
 自作はマザーボードが変わると一台と数えるので今使っているメインマシーンは三世というわけである。
 初代のKal-Elはケースが違うので今もサブとして出番は少ないながら立派に活躍している。
 ではKal-El3のスペックを紹介する。

 ケース  Owltech OWL-PCR7II(SW)
 電源  Owltech SS400
 マザーボード  ASUS P5B Deluxe
 CPU  Intel Core2Duo E6300
 メモリー  Transcend DDR2 PC2 6400 1GB x 2本
 ビデオボード  ASUS EN7600GS SILENT/HTD/256M
 HDD  HDS728080PLA38 2台
 DVDD  IOデータDVR-ABH16A
 FDD  Oultec カードスロット付き


 ファンは前後に12Cmとビデオボード冷却用に夏の一時期だけ小さいファンを回しているがいずれもゆるゆると回っているのでうるさくはない。CPUファンも静かだ。
 概ねこのようである。ローエンドだが私の使い方ならこれでもオーバースペック

 

posted by 健太朗 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

ハンドル

  Kenさんから、ハンドルって何、と聞かれましたのでこんな写真を載せてみます。

                  Brog 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは1886年、ベンツ一号車です。

 

  つまりこれがハンドルです。ハンドルとは取っ手ですから今の丸いハンドルは、実はステアリングホイールというのが正しいのです。

  日本にも次の写真のような、明治37年、山羽式蒸気自動車というのがあって、このモノクロ写真ではわかりにくいのですがベンツと同じようにハンドルがついていたそうです。

 
Photo


 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこれが国産乗用車第1号といわれています。

  欧米でも日本でもハンドルはその後すぐに丸いものつまりステアリングホイールになっていったのですが、なぜか日本ではいつまでもハンドルといわれ続けてきました。

  でも最近ではステアリングホイールのホイールを取ってしまってステアリングという人が増えてきました。

  私たちはステアリングというと操舵装置全体を指すのでちょっとおかしいですね。

 

posted by 健太朗 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | くるまの雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする