2007年08月26日

はじめての出張修理

Tl


 
就職してほんの1ヶ月くらいのときである。工場長の言いつけではじめて出張修理に出かけることになった。

 出張修理というのは途中で故障したクルマを修理に行くことを言うのでなにも遠くに行くわけではない。

 私は先輩の指導のもと、工具などを軽三輪に積んで二人で出かけた。電車道をごとごと走って国道に出て、山科に向かった。
 国道から古い街道筋に少し入ったところで1957年型のスズライトTLが停まっていた。今、山科の旧国道はいつもクルマがあふれて渋滞しているが、昭和40年代のこの辺りはのどかな田舎町であった。

 TLはスズライトとしては二代目で、それまではセダンやデリバリーバンなどもあったようだが、昭和32年、ライトバンだけになってモデルチェンジした。足下の前後長がかなり狭く、オルガン式のペダルの向こうには垂直のベニヤ板の壁があった。
 クラッチを繋ぐとドンという車体全体をふるわせるショックがあったが走り出すと乗り心地の好いクルマだったと記憶している。
 チェンジレバーはコラムシフト、いやコラムシフトのようだがあれは確かコラムの横のダッシュボードから生えていて直角に曲げられた鉄パイプのようなもので、ミッションにダイレクトにつながっていた。
 シフトパターンそのものはコラムシフトと同じようで、押して上がロー、手前に戻して下がセカンド、その上がトップギヤだった。ただ上がトップギヤというのは珍しい。
 このころの軽自動車の性能はカタログの数字など信用できなかったようで、TLもアクセルをふんずけてせいぜい60Km/hと言うところだった、ちなみにカタログでは21馬力、80Km/hであった。

02 

 さて顧客の話を聞くと、「突然いやな音がして車が走らなくなった。ギヤが噛み合ってないみたいだ」とのこと。
 さて、クラッチか、ミッションか、それとも・・・。

 私たちは兎に角ボンネットを開けて覗いてみた。

 エンジンルームには10数リッターのガソリンタンクがどかっと載っている。今では考えられないことだ。
 2ストローク2気筒360ccのエンジンは空冷のために大きなカバーで覆われている、従って下の方はなにも見えない。もっとも今の軽ボンバンに比べたら大きなエンジンルームはかなりの隙間があると云えなくもない。

 今度は下を覗いてみた。何かおかしい。
 それもそのはず、ドライブシャフトがない!のである。

 前輪駆動(このころまだFFと言う言葉はない)だから左右にドライブシャフトがあるはずなのに、右側のシャフトがないのである。
 そんな馬鹿な。
 私たちは首をひねりながら辺りを見回した。先輩は顧客にどの辺りで音がしたのか問いつめている。
 三人で10メートルほど戻った辺りを探してみる。

  あった。

 道路脇の溝の中に全長50センチほどのドライブシャフトが落ち込んでいた。

 問題はジョイントにあった。現在の等速ジョイントは空中分解など考えられないが、等速ジョイント以前の十字ジョイント、そのまた以前は何という形式だか知らないが、私の記憶では二股の鉄板にピンを通してあるだけの継ぎ手をいくつか組み合わせたものだったのだ。
 しかもそこにはブーツもなければグリースさえない。

 即ち、ピンがすり減って空中分解してしまったのである。私は驚いたが、先輩は何事もなかったかのように工具箱から8ミリのボルトナットを取り出してものの数分で組み立ててしまった。

 私はこの先輩のカッコ良さに惚れぼれした。おそらくこのことがウン十年も私をクルマの下に潜らせている原動力、原点になっているのではないかとさえ思うほど印象的な出来事であった。

 ちなみにこのジョイントが十字ジョイントになって、そして等速ジョイントが開発された昭和五十年代まで前輪駆動は普及しなかった。
 また、FFと言う言葉は富士重工がスバル1000を発売したとき、フロントエンジンフロントドライブと言った、それをFFと縮めたのである。
 正しくはFWD、フロントホイールドライブという。

posted by 健太朗 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スズキの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

水浴びをしたマークⅡ

 全く暑い日が続いていたが、一昨日の雨ですこしはひと休みが出来た、まったくありがたい限りだ。

 しかしあれだけの豪雨になるとひと休みとも云ってられない。京都の堀川御池では、道路が川になって、ホテルの地下駐車場ではクルマが水没したとか、これが堀川の工事現場から溢れたというのだからほんとに世の中なにが起こるか解らない。

 昭和40年代後半だったと思うが、水没したクルマを再生したことがある。マークⅡグランデだった。

 鴨川の堤の脇に新築したその年の夏のことだったという、堤防から流れた水はそれほど多くなかったと云うが、まん悪く新築の半地下ガレージに流れ込んでしまったのだ。
 腰まで泥水につかったクルマのエンジンは助かったが、室内まで泥だらけ、新しいクルマなので何とかしてほしいと云うことで引き受けたが、これははっきり言って失敗だった。
エンジン、ミッション、サスペンションなどをのぞいて全て分解した。配線の一本に至るまで水洗いしてよく乾かして組み立てるわけだが、これは大変な作業だ。
 特にシートとマットは汚れは取れても臭いが抜けない、泥の臭いがこれほどきついとはほんとにまったく予想できなかった、洗っては乾かし洗っては乾かし、結局6ヶ月かかって仕上げたが、それでも少し臭いが残っていた。

 工賃もそれなりに頂いたが、採算など合うわけがない。
にもかかわらずその顧客は数ヶ月で新車に乗り換えてしまった、苦労して仕上げたクルマを下取りして水没車と云うことで安く売らなければならない。寂しいかぎりである。

 堀川のホテルではクルマの屋根まで浸かったと云うからこれはもう全損扱いだろうが、もめないで上手く話をつけてほしいものだ

posted by 健太朗 at 22:48| Comment(1) | TrackBack(0) | トヨタの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

和尚さんの涼風

 先日、お盆の棚行に来てくださった和尚さんがこんな話をされた。

 「涼しい風と書いて「すずかぜ」とか「りょうふう」と読むのやが、昔はこういう言葉を聞いただけでなにかしら涼しく感じたもんどすな、マァ言葉が持つ風情というか情緒というか、木陰に入って葉っばの間からそよっと吹いてくる風がひんやりと涼しかったな。
 クーラーがない時代、冷蔵庫にアイスクリームが入ってるなんて夢どしたな。
 そやけど、今はお寺に来たら皆さん涼しいというてくれはるけど、そら方丈の玄関を入ったとこはちょっとぐらいひんやり感じるかもしれんけど、中はみんな障子を開けといても熱風が入ってきますな。
 そう云うたら夕涼みなんて今は誰ぁれもしやへんけど、ほら昔はかどに床机出してすててこ一丁でよう涼んでましたな。
 そやけど今あんなんやったら近所からクーラーの熱風が吹いてくるし車が通ったら中が涼しい分だけ外に熱ほかしとんやさかいたまらんわな、これは。いやはや世の中変わったもんやな。
 諸行無常やな。」

 この和尚さんは私と同じ団塊の世代だ。先代老僧からのお付き合いだが老僧はよく、
 盂蘭盆とは目蓮尊者の母上が餓鬼道に落ちて云々、
と、仏教の話をされたが今の和尚の話もまた若い人に聴いてほしい話だ。

 だがこの和尚のご子息もやはり僧侶の修行中とか、次の和尚はどんな話をされるのか長生きして聴きたいものだ。
 これも諸行無常やな。

 ちなみに、昔は庭に水棚という祭壇を祀った。これは家に上がって供養を受けられない精霊の為のものだ、この水棚を拝んで回ったことからこれを『棚行』と云うそうな

posted by 健太朗 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする