2020年10月15日

こんなクルマ知ってるかい? マツダMK600

 私はいつも昭和時代のクルマの話をしますが、昨日仕事中の街角で、恐らく昭和40年代前半のブルーバード510vanを見かけました。

 そのクルマの小ささにおどろきましたね、博物館や展示車を見てもそのようの感じたことはないのですが、町中で見かけるとこんなに小さく見えるものなんですね、最近のクルマが無駄に大きくなった証拠だな、なんて思ってしまいました。

MK600 01.JPG

 今回のお話はそれよりもっと小さいクルマです、そしてそのクルマは見たことも乗ったこともない、そして販売されたこともないクルマです。

MK600 02.JPG

 実は、今回マツダのトラック、B1500やD1100ロンパーを紹介しようといろいろ資料など、調べていたら工業デザイナーの小杉二郎さんを扱った記事に突き当たりました。

 小杉二郎さんは日本初の工業デザイナーだと言われる人で、蛇の目ミシンや三菱のスクーター、シルバーピジョンのデザインで有名ですが、マツダの初期のクルマのデザインが殊に知られています。

 三輪車やトラックだけではなくR360クーペやキャロル、コスモスポーツもそうですね、メーカーのシャシにデザイナーのボディを載せる、という意味では日本のカロッツェリアだとも言われています。

 その小杉二郎さんが文字通りカロッツェリアとして試作したのがMK600です。昭和40年に発表されました。そして正式にはマツダの名はつきません、小杉デザイン研究所の作品です。

 小杉さん自身がおっしゃっているように、まだ改良の余地がある試作車でマツダの製品に採用されることもなかったクルマですが、複数のメーカーがイタリア・カロッツェリアのデザインを採用する中で、何事も自国のものをけなす日本人にも、カロッツェリアの文化を広めようと試作された歴史的な一台だと、私は思いましてどうしても避けて通ることが出来ませんでした。

MK600 05.JPG

 MK600はキャロルの600ccエンジンとR360クーペのサスペンションを使って、シャシはパイプフレーム、ボディはFRPの上下2分割で構築しています。

MK600 04.JPG

 FRPでモノコックボディにする手もありますが、当時のプラスチックの成形技術を考えて敢えてシャシとボディを別物にして、強度を考えて2分割にし、さらにドアを上半分の下ヒンジにしています。

MK600 06.JPG

 無用な、いわゆるデザインと称するものをしない、というのが信念だと仰るデザインですから全体としてあまり特徴のない造形ですが、ドアの上の窓の部分は屋根と一体のキャノピーになっています、後ろにスライドするとタルガトップ風になって開放感があるようです、しかし閉めると屋根の部分もプラスチックでしょうが、ガラストップ様ですので日が当たると熱いでしょうね。

MK600 09.JPG

 3200×1400×1150という寸法は360ccのキャロルより大きく、5ナンバーですが、今なら立派に軽自動車のナンバーがつけられる寸法です、そしてホイールベースは1860とクーペより長く、重量は一回り小さいキャロルより25kgも軽く造られていますから、想像ですがクーペより幾分ふわふわした、しかしクーペのようなピッチングは少ない乗り心地だったのではないかと思います。

MK600 015.JPG
ヘッドライトはリトラクティブルといって良いのでしょうか、風圧で飛びそうですね。

MK600 07.JPG
キャノピーのレールがテールフィンになっています。

MK600 08.JPG
キャノピ-をスライドしてからドアを開けます。

MK600 014.JPG
ナンバーが違うものがありますから複数台制作されたようです。
























posted by 健太朗 at 14:05| 京都 ☀| Comment(0) | マツダの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする