コンソルソ・デレガンツァ京都2018 その拾弐

 我ながら夢中になってコンソルソ・デレガンツァ京都2018のことを話していたら、もう12回目になってしまいました。

 いいかげん、イタリアから日本に戻ってきてこの展示会にたった2台だけ展示されていた国産車の話をして最終回にしたいと思います。

 その2台とは外国でもその名が通っているダットサンです。

datsun-poster-2.jpg
 ダットサンのルーツ、快進社自動車工場は1911年(明治44)九州の崎戸炭鉱所長だった橋本増治郎によって吉田茂の所有地だった東京広尾で創業されます。
改新社脱兎号1916.jpg

 そしてその3年後の大正3年、東京大正博覧会に脱兎号が出品されます、V型2気筒10馬力3人乗りというクルマで、我が国初の純国産自動車として表彰を受けます。
 脱兎とは快進社の支援者であった田健治郎、青山禄郎、竹内明太郎の頭文字D、A、Tを採ったもので、非常に速いことの例えで「脱兎のごとく」にかけて名付けられました。

ダットソン広告.jpg

 快進社はダット自動車製造を創立します、さらに昭和5年、脱兎号の車名をダットソンとします、しかしダットソンの生産・販売には多くの資金が必要なため、ダット自動車製造では耐えきれず、親会社である改新社は手放すことを決意。昭和6年、鮎川義介の戸畑鋳物が買収というかたちで合併、戸畑鋳物は東京での販売拠点として昭和7年、銀座にダット自動車商会を開きます、ところがその開店準備中に店舗が洪水に見舞われます、そのとき、ちまたでは「ダットソンのソンは損に通じる」といううわさが立ち、日の出の勢いを意味して太陽の サンに変え、ここにダットサンの名前が生まれたという逸話があります。

 そしてこの時から社名を日産自動車へ変更、ダットサンは主にニッサンの小型車のブランド名となりました。

 ダットサンはこうして誕生しましたが、現在、動態で保存されているものはニッサン・ヘリテージにあるダットサン14型フェートンだと公式には言われています、でもネットにはもっと古い11型の、更には脱兎号1号車の写真も見られます。

DC3-01.jpg

 今回コンソルソ・デレガンツァ京都2018で展示されていたダットサン・スポーツ DC-3ですが、スポーツカーと位置づけされたダットサンの最初の作品だと思われます、つまりこれがフェアレディのルーツです。

DC3-02.jpg

 DC-3は昭和27年から29年まで50台程度生産され、はしご形フレームに太田祐一デザインのボディを載せ、バルクヘッドより後はセダンにもトラックにもなる構造です、そこに水冷直列4気筒サイドバルブ860ccエンジンを搭載して4人乗りスポーツカーに仕立てたクルマです、馬力などは判りませんが全長3510mmですから今の軽自動車くらいで、750kgの車体を80km/hで走らせる性能を持っていました。

DC3-04.jpg

 展示車のクリームとグリーンというボディの洒落た色使いは大方の古いクルマに対するイメージを好転させるものではないでしょうか、こんなクルマが自分のガレージの隅っこにあったらいいな、なんて夢のようなことを考えてしまいました。

DC3-03.jpg

フェアレディ01.jpg

 さてDC-3 の後継車はS210型ダットサン・スポーツ1000で昭和32年に発表された4人乗りのオープンカーです、シャシはダットサンセダン211型から流用したラダーフレームで4輪リーフリジットに4輪ドラムブレーキ、エンジンはトラックやセダンと同じC型OHV988 cc にツーバレルキャブレターを装着、34馬力を発生して最高速度は115 km/hと発表されています。

フェアレディ03.jpg

 実はこれはDC-3の隣に展示してあったダットサンフェアレデー1200SPL212とは同じクルマなのです、そしてこれこそが初代フェアレディなのです。ただし当時の表記はフェアレデーでした。

フェアレディ04.jpg

 S211はボディにFRPを使っていましたがSPL212はスチールに換わっています、シャシは同じですが、前輪はダブルウィッシュボンの独立懸架、エンジンはE型OHV1,189cc換装され、48馬力最高速度は132km/hとなっています。

フェアレディ05.jpg

 SPLのLが示すとおりこのクルマは輸出用ですべて左ハンドルでしたが数台はそのまま国内でも販売されたようです。

フェアレディ06.jpg

 恐らくMGなどの欧州製スポーツカーがモデルになったのでしょうが、それほど洗練されたものではなかったのでしょう、昭和35年37年までの生産台数は500台ほどに留まりました。

フェアレディ02.jpg

 ちなみにフェアレディの名はミュージカル映画「マイ・フェア・レディ」から、当時の川又克二社長が命名したものといわれています。

フェアレディ07.jpg

 このような国産クラシックカーは貴重な文化財、工業製品技術遺産ですから、国を挙げて末永く守っていってほしいものだと感じます。

フェアレディ09.jpg