2020年03月16日

足のいいやつ・カリーナ

カリーナ1600SPDX.jpg


 1970年(昭和45年)は万国博覧会が開催された年だ。

 しかしこの年は激動の年で、「時代が一つ変わったな」と感じた年でもあった。

 三島由紀夫が市ヶ谷駐屯地で割腹自殺を図り、赤軍派による日航機「よど号」ハイジャック事件、デビ・スカルノ元インドネシア大統領夫人がパリに逃亡し、またボーイング747ジャンボジェット機が就航、トミカの国産車ミニカーがヒット、世界初の缶入りコーヒーや電子ジャーなどの画期的な家庭用電化製品が次々と発売された。

 そして昭和30年代からの高度成長期は膨らみ、鉄道の無煙化によりD51蒸気機関車が引退し、デゴイチさよなら運転では東京駅を新幹線と同時に出発する姿がカラーテレビで見られた、また世界中を熱狂させたビートルズがポールマッカートニーの脱退で解散した。

 そんな年の12月、セリカとともにカリーナが登場した。

カリーナGT02.jpg

 和製ムスタングとも揶揄されたセリカのセダン版として登場したカリーナは、カローラとコロナの間を埋める小型スポーツセダンであって、「足のいいやつ」というキャッチコピーはそのキャラクターを象徴してアクション俳優の千葉真一がコマーシャルに出演していた

カリーナ1600スーパーデラックス.jpg

 シャシはセリカと共通で前ストラット、後4リンクリジットとハンドリングに注力した先進のメカニズムを採用していた、まだコロナもカローラもクラウンでさえ後ろはリーフスプリングの時代にだ。

 エンジンもセリカと同じT型1400cc1600ccだったが、後には2T-G1600ccツインカムや3T型1700cc、それにR型2000ccツインカムのGTも用意された。

カリーナ05.jpg

 当時のトヨタ車にはなかったスポーツセダンというより「スポーツを忘れないセダン」といった立ち位置だったとおもう。

 私の印象ではRT40コロナの落ち着いた乗り心地と違って、また初代カローラの軽快なフットワークでもない、どこかばたついた未完成な仕上がりに思えたことを覚えている。

カリーナ06.jpg

 またT型エンジンも、この頃から始まっていた排気ガス対策のせいか、重苦しくかったるい印象が晴れないエンジンだったように思う。

しかしこの初代カリーナのセールスは好調で45年12月から52年8月まで7年間、モデルチェンジなく71万台あまり販売されたベストセラーなのだ、トヨタにはこういう隠れたベストセラーが多くあるから面白い。

 思えば素っ気ない長方形のグリルに丸形4灯ヘッドライトを埋め込み外側ロービームだけ四角い枠をつけて角形に見せる小細工はちょっとユニークに見えるし、縦長方形のテールランプも赤一色で個性的だし、もうなくなりつつあった2ドアセダンもスポーティーで魅力的ではあった。

カリーナバン01.jpg

 ボディタイプは後に2ドアハードトップや3ドアリフトバッククーペ、そしてバン、ワゴンも追加して、コロナ以上のバリエーションになったので、、という割には街で見かけることが少なかったかな、と思うのである。

カリーナGT03.jpg

 私の自動車屋でもマイナーチェンジ後の1600GTを一台売ったにすぎないクルマだった。

カリーナGT04.jpg

 そしてモデルチェンジして昭和50年代の2台目3代目は少し売れたが、「クルマに個性がなくなったなあ」と思わせる第一人車だ、と思っていたら4代目ではコロナと統合されてしまった。

カリーナGT01.jpg























posted by 健太朗 at 11:48| 京都 ☁| Comment(0) | トヨタの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする